上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は前回までの「バイクタクシー」に付随して、「ソイ(タノン)内の移動に便利な乗り物」について書きます。ここら辺を使い始めると、もうあなたはもう「ハーフブリード=半タイ人化」状態ですね。では早速話を進めます。

 「移動・交通11:便利なバイクタクシーとその掟」「移動・交通12:バイクタクシーの乗り方」あたりで書いたように、バイタクは「ソイ内の移動」の中心的存在ですが、少し大きなソイになったり「『ソイ』名称と『タノン』名称を併せ持つくらいの通り」になると、バイタク以外に「シーロー(主に後部荷台を座席に改造した軽トラック)」「ソンテウ(後部荷台を座席に改造した普通トラック)」、さらに小型バスが「移動の足」になる場合もあります。

 「シーロー」は利用パターンは色々ですが、感覚的に「バイタク」に近いです。バイタクのように「乗り場」があって、そこから乗ります。特に大きな荷物を持っている場合には重宝します。各々ペイントや改造に凝っているものが多く、色・デザインともにとりどりです。コンドミニアムやサービスアパート、ホテルが送迎用のものを持っている場合もあります。
11-03-01-1.jpg
ホント凝りまくりの一台、ベースは日本車ばっかりです
11-03-01-2.jpg
客待ちのシーローたち

 多いときは乗り場に5~6台連なって並んでいて、なかなか壮観です。場所によりますが「~まで〇〇バーツ」というような乗車賃の看板が出ている乗り場もあります。ちなみに、改造しまくりのシーローの場合、乗り心地はあまりいいものではありません・・ある意味「トゥクトゥクより乗るチャンスが少ない」といえるかもしれません。試しに乗ってみるのも面白いかも。。

 「ソンテウ」は少し郊外の広めの道路でよく見られます。大通りをルートで往復していて、あらかじめ道路端にある停留所で待っていて、もしソンテウが走ってきたらタクシーやバスを止めるように合図すると停まってくれます(「移動・交通3:上手なタクシーの乗り方その1」参照のこと)。
11-03-01-3.jpg
これはバンコク市郊外で撮った一枚
11-03-01-4.jpg
一番後ろに乗ってみましたが、思ったほど危険は感じませんでした

 降りるときは天井や側面にあるブザーを押すと停まってくれます。降りたら運転手にお金を払って終了。基本的には5~8バーツくらい。あまりの安さにびっくりしたらまだまだ脳みそは「日本人価格」。タイではこれくらいの価格が「庶民の足」なのです。ちなみに、人の多いところでは「ソンテウ」のようなトラックではなく、バスの場合もあります。この手の乗り物のいいところは、「停留所があってないようなもの」ということです。何処まで乗っても料金は同じ。止めるときには適当に手を振って「停まってくれ~」とやれば、停留所近辺であれば停まってくれることが多いです。降りるときも結構適当。なんとも「サバイサバイ♪(タイ語で「気持ちいい、くるしゅうない」という感じの意味)」な乗り物です。あーサバイサバイ♪

 このあたりのレベルになってくると、やっぱりある程度「タイ語が必要」になってくると思います。でも、ガイドブックや地図なんかで指し示したり、というのも可能ですから、興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。これをきっかけにタイ語勉強始めたりして・・

<今日の一枚>
思わず一枚撮りました♪
11-03-01-5.jpg
車大好きなオイラは思わず一枚撮ってしまいました。けっこうこだわりを感じます。それにしてもハデです。ちなみに「シーロー」とは「四輪車」を意味していて、「サムロー」がいわゆる「三輪車」、タイで言う「トゥクトゥク」とはいわゆる「サムロー」の代名詞みたいなもんですね。

 次回は冒頭に出てきた「ハーフブリード(=半タイ人化)」について、独自のめちゃめちゃ勝手な意見を上げてみようと思います。「日本とタイ」カテの第二弾、「ハーフブリード(=半タイ人化)現象?」です。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通13:チョイ乗りの強い味方達」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 今回は前回の「移動・交通」カテゴリー、「便利なバイクタクシーとその掟」に引き続きまして「バイクタクシーの乗り方」についてのお話です。ここでは、バイクタクシーを何度か利用するうちに分かった「上手に使うちょっとしたコツ」も合わせてご紹介します。

 早速乗り方からですが、バイタクに乗るからには前回説明したとおりに、まずは「バイタク乗り場」を探さなければいけません。そこらへんに停まっているヤツをつかまえてもいいですが、中にはふっかける人もいますのでご注意を・・頻出しております下の地図をご覧下さい。
12-02-26-1.gif
 「移動・交通1:市内移動の基本的な考え方」でもお伝えしましたが、タイの道路は基本的に「『タノン』と呼ばれる大通り」と「『ソイ』と呼ばれる脇道」とで構成されています。大通りには名前が、ソイには番号(一部『ソイ』でも『タノン』ほどの太さのものがあり、『タノン』として通りの名称と『ソイ』として番号の両方を併せ持つものがある。例「スクムビットソイ77」=「タノンオンヌット」)が振られています。ざっくりとした言い方ですが、公共交通機関を基本に考えた場合、大通り間の移動はバスや電車で、ソイ内は小型バスやソンテウ(荷台部分が乗車スペースに改造された小型トラック)、バイクタクシーを利用するのが一般的です。このような事情から、通常バイタク乗り場は比較的人通りの多いタノンとソイの丁度コーナーあたりや、BTS等の鉄道の出入り付近にある場合が多いです。バイクが何台か並んでおり、オレンジやピンクのベストを着た人がいますから、それを目印に探してください。
12-02-26-2.jpg
スクムビットソイ19のバイタク乗り場(正面上がアソーク駅)
12-02-26-3.jpg
スクムビットソイ24のバイタク乗り場(左上にチラッと見えるのがプロンポン駅)

 乗り場を見つけたら手を上げるなり話しかけるなりすればドライバーが応じてくれます。このとき、

 ①ドライバーは順番制を敷いているようで、「お客がドライバーが選ぶ」ということは基本的にありません。どのバイクに乗ればいいか、ドライバー達の指示に従ってください。
 ②朝や夕方の通勤通学時間帯や深夜の時間帯等、ドライバーが全て出払っている場合がありますがそのうち戻ってきますので、そのまま乗り場で待っていれば基本的に乗れないようなことはありません。他の場所まで出向いてみるもよし、そこで待つもよし、自分次第です。
 ③まれにこちらが二人、でもバイタクは一台きり、ということがあります。その場合はその一台に3人乗り(いわゆる「3ケツ」ですな、し、失礼・・)というのもありです。私も何度か経験しました。上手く交渉すると二人で1.5人分の値段でいけます。

というようなポイントがあるので、知っておくと便利でしょう。ちなみに普通は後部席に乗りますが、バイクに乗ったことの無い人は、「自転車の二人乗り(おまわりさんごめんなさい)の激しいヤツ」をイメージするといいでしょう。シート後ろにハンドルがある場合が多いのでそこにつかまりつつしっかり身体を支えてください。バイタクドライバーに掴る人も見ます。現地タイ人においては、OL系の女性などツッカケ履きにタイトスカート、さらに横座りで平然としている人もいますが、経験の無い人はとりあえず「達人」の域に達するまで、そこら辺のマネはしないほうが身のためです、あしからず・・

 さらに、「バイタクを上手に利用するコツ」として、

 ①行き先を告げるときは「ホテル名」等の具体的な行き先ではなく、「通りの名前とソイ番号」を伝えましょう。具体的な行き先はその後につけ加えたり、実際に乗車してソイまで来てから、改めて追加で説明すればOKです。ソイの番号が分かっていれば、ドライバーは基本的にソイの中に入っていってくれますから、近づいたらドライバーの肩をぽんぽんと叩きながら「OKOK」というだけで停まってくれると思います。
 ②料金がわからない場合は乗車前に確認しましょう。実際のところ、バイタクは距離に応じておおざっぱに料金が決まっている場合が殆どです。同じソイであればおくまで入ろうが、ソイの入り口近くであろうが基本的に同額です。お金を払うのは勿論降車時ですが、相手が旅行者の場合、たまにふっかけてくるドライバーもいます。料金を確認しておけば余計な心配がいりません。ちなみに参考程度ですが、乗車賃はタイ人しかいない郊外に出ると大体15バーツ前後、市街地中心部で20バーツ位です。ちょっと長く走って30バーツ。なぜこうなるかというと「タクシー初乗りが35バーツ」だからです。日本人は日本の物価と比較しがちですが、そこは盲点。「郷に入らば郷に従え」で、「タイ物価」を頭に入れておくことをお勧めします。
 ③バイタクは基本的に「チョイ乗り用」です。ですから基本的にはソイ内の移動がメインで、電車の駅を二つも三つもまたぐような距離を走ることを嫌います。深夜、電車が終わってからの時間帯ならそのようなケースもありますが、ある程度の距離を乗る場合は基本的にドライバーとの運賃交渉になるでしょう。日中なら断られるケースが多いと思います。通常、日中であれば電車、深夜であればメータータクシーのほうが結局安く付くことが多いです。上手に使い分けましょう。
12-02-26-4.jpg
今までそんな悪いドライバーに当たったことはない、気のいい人が多い

 バンコクには面白くて便利な乗り物が沢山ありますが、いずれにせよ明朗会計で上手に付き合いたいものですね。バイタクが上手に使えるようになると、あちこち行くのが楽しくなるかもしれません♪

<今日の一枚>
街で見かけたカッコいいバイク
12-02-26-5.jpg
カラフルなバイクが目立つタイで、シブい一台。私の昔の仲間内ではこのような黒一色のを「イボイノシシ」と読んでいました。タイはナンバーも確か買えるんですけど、コイツは「1」をつけてます。タイでナンバーを買う場合、よい番号ほど高い。これはいったい幾らだったんだろう?ちなみにこれはオーナーが白人だったと思います。

 次回はこのバイタクのドライバーなんかと話をして驚かされた裏話を少しご紹介したいと思います。題しまして「こりゃ参ったタイ!(最近カテゴリー改名しました)」カテゴリーその2、「バイクタクシー裏話」です。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通12:バイクタクシーの乗り方」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 諸事情により更新が遅れておりましたが、久々に時間が取れたので更新いたします。前回の「おわび」にてお伝えしましたとおり、記事内容をどうするか検討しておりましたが、「マッサージ」を主題としますと結構な回数に渡ると感じましたので、とりあえず先に「移動・交通」カテゴリーのなかでも比較的旅行者に便利な「バイクタクシー」や「シーロー」、トゥクトゥク」あたりをやっつけながら、マッサージ関連の記事は織り込んでいこうという結論に至りました。よりまして、今回は「バイクタクシー」について書いていきます。

 何を隠そう、私は「バイクタクシーびいき」です。理由は色々ありますが、何といっても「渋滞知らず、何しろ早い」「(ドライバーと交渉が成立すれば)ある程度何処でも行ける」といった利便性の高さです。さらに、私事ですが、以前バイクに乗っていたこともあって、その「独特な開放感が好き」である、というのもあります。ですから、タイに住むようになったら絶対にバイクは買おうと決めております。
 いかんいかん、本筋からそれてしまいました。とりあえず「バイクタクシー(以降は「バイタク」と書きます)」について説明していきます。一つ肝心なことは、私もバイタクを利用するようになってから分かったのですが、「バイタクにはある『掟』があり、それを知らずに利用することは非常に難しい」ということです。
追って説明しますので、事前に知識を持っておきましょう。上手に使えばほんとに快適!です。
12-02-24-1.jpg
渋滞で有名なラチャダムリ通りもこの通り♪スイスイなのさ♪危ないけど・・

 その掟の説明をする前に、私のアホなエピソードを恥を忍んでご紹介しましょう。
 タイに行き始めて間もない頃、バイタクの利用についてはタイの金持ちの友人からは「危ないから」と止められていました。しかし、ある日その彼とは別の貧乏な友人と遊びに行くことになり、そのとき「その彼ご自慢」のバイクの後ろに乗せて貰いました。するとあろうことか、「めちゃめちゃ気持ちいい」のです。ご存知タイは暑い国、そんななか、渋滞も気にせずスイスイと風を受けて走るのがこんなに気持ちいいとは(しかもバンコクは大気汚染のメッカなのに)!昔、自分が「バイク乗り」だったときのことを思い出し、それからバイタクに対しての興味が一気に昂じました。
12-02-24-2.jpg
友人と私、「ボカシ」のせいか、なんかイケナイ人達みたいな・・

 そんなある日、やはりとても暑い日でテクテクと大通りを歩いていたのですが、疲れと暑さで我慢できなくなり、ついにバイタクに乗ろうと決断!丁度一台こちらに向かって走ってくるので、思わず手を上げました。しかしソイツは程なく通過・・むむ?と思いながら次に走ってくるヤツにも同じように手を上げましたが、やはり通過・・むむむ?と思いながらめげずに三人目、しかし結果は同じ・・どうやら何か間違っているらしい・・さらにテクテクと歩いていくと、「バイタク乗り」がたむろっている!!そこで声を掛けて、やっと乗ることが出来ました。か、カッコ悪かった・・
 ある程度察しのいい方はご理解されたかもしれませんが、「その掟」とは「バイタクは乗り場が(基本的には)あらかじめ決められている」ということです。日本で「タクシー」というと、手を上げて捕まえることが出来れば基本的にはどこからでも乗れますね。これはタイのタクシーも同じなのですが、同じタクシーでも「バイタク」は違う(厳密には「乗れる」が、個人的にはあまりお勧めしない)のです。基地みたく「乗り場」が設けられていて、そこから乗るのが基本なのです。手で止めようとしていた私はただのアホだった、ということですね。
 後に分かったのですが、実際には止めることも出来ますし乗ることも出来ますが、ぼったくられる可能性も高くなります。ですから基本的には「『乗り場』から乗る」ことをお勧めします。
12-02-24-3.jpg
これが乗り場、規模にも非常に差がある

 こんな感じで、その国に行けばその国の掟がある(ちょ、ちょっとオーバーだな・・)わけで、40歳を越してもまだまだ知らないことは沢山あります。いい勉強をさせて頂きました。バイタクに感謝です。

<今日の一枚>
先日の「タイ大洪水」の最中に、チャトチャック周辺にて
12-02-24-4.jpg
どうですか、このバイタク。洪水をものともせず走っております。このへんでも深いところでは50~60cmはありました。といっても、タイの道路はその整備の悪さからもともと水捌けが悪く、ちょっと大雨が降るといたるところで冠水します。なので、バイタクドライバーに限らず、タイ人は水と付き合うのが上手です。

 次回は「この掟」を踏まえて、「移動・交通12:バイクタクシーの乗り方」をお送りします。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通11:便利なバイクタクシーとその掟」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今回は前回の「移動・交通9:MRTの便利な使い方」に引き続き、その「乗り方」について説明します。BTSと同様、利用の仕方が非常に簡単ですので上手に使いたい交通手段です。

 「MRT」の特徴的なのは、「(場所によっては)一応手荷物検査がある」という点でしょうか。検査官のような人間がいて、カバンの中身を見せるというようなことをします(といっても、殆どスルーに近いですが・・)。私は基本的にカバンを持たないので、そういった人は基本的にノーチェックです。怪しそうな人が止められていたのを見たことがありますが、日本人が止められているのは見たことないなぁ・・いかにも観光客っぽいのはスルーが多いような気がします。
12-02-16-1.jpg
構内の入り口に設けられた検査所

 地下に入って歩いていくとやがて改札が見えてきます。窓口と改札、さらに下の画像では見えませんが、券売機もあります。券売機の数は駅の大きさにもよりますが、少ないと一改札2~3機、多いと4~5機といったところでしょうか。
12-02-16-2.jpg
すみません、これは改札を抜けた後から撮った写真です

 券売機は下の画像のようなもので、タッチパネル方式です。買い方も非常に簡単、行き先押して、お金払って、おつりを受け取っておしまいです。最初の画面で「ENGLISH」を選ばないと、全てタイ語になってしまいますから気をつけて。BTSと違ってお札も20、50、100バーツの3種類が使えます。
12-02-16-3.jpg
初めてでもきっと買えます、簡単簡単♪

 ただ、私は必ず「窓口」で買います。というのは、「買うときにお札が使えるのだけれどおつりは全て硬貨で返ってくる」というのと、「おつりの硬貨は注意していないと外に飛び出てしまう(もろ経験しました)」、さらに「買うのにすごく時間がかかる人がたまにいて、窓口のほうがかえって早い」ということもしばしばあるからです。でも、逆に日本とは大きく違っていて面白いので、とりあえず一回は券売機を使うことをオススメします。私は結構笑ってしまいました。

 ちなみに、MRTの場合は「券」ではなく「トーケン(トークン)」と呼ばれる、一見するとプラスチックで出来たような感じの「コイン」です。
 12-02-16-4.jpg
とても軽くて小さいので紛失には注意!

 これを改札の液晶モニタ下側にある「電車マーク(二枚目画像の赤矢印のところ)」にあてがいます。すると改札が開きます。
12-02-16-5.jpg
改札機はこんな感じ
12-02-16-6.jpg
電車とコインのマークのところにコインをあてがう

 あとはホームで電車を待って、乗り込みましょう。
12-02-16-7.jpg
MRTのホーム
12-02-16-8.jpg
二重扉になっている

 ちなみに電車内はこんな感じ。BTSと少し似ています。イスが硬そうでしょ。でも結構疲れないんですよ。
12-02-16-9.jpg


 降りる際は先ほどのコインを投入口に入れると改札が開いて、外に出て行けます。めでたしめでたし♪
12-02-16-10.jpg


 個人的にはとにかく一度券売機を使ってみて頂きたい!結構話のネタになると思いますよ。

<今日の一枚>
MRT内の広告
12-02-16-11.jpg
以前広告業界にいたせいもあって、タイの広告はよくチェックしますが、このように「ワクを超えた」発想が結構多くて楽しませてくれます。

 次回は、タイがらみで自分に起こった「ちょっとしたハプニング」を書きます。全然大したことではないんですが、一応書いておきたいので・・

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通10:MRTの乗り方」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日から二回にわたって「移動・交通」カテゴリーにて「MRT(Mass Rapid Transit、バンコク地下鉄)」についてお話していきます。今回は私が考える「便利な使い方」についてのお話です。
12-02-14-1.jpg
「BTS」と並んで頼れる足となる「MRT」(写真はスクムビット駅)

 MRTは、BTSと比較して乗りやすさや快適度合等はなんら遜色ありませんが、決定的な違いは路線経路です。「移動・交通6:BTSを上手に利用するには」でもお話した通り、旅行者にとってはおよそBTSのほうが利便性が高いものになるでしょう。もちろんMRT沿線にも「タイ・カルチャーセンター」や「ルンピニスタジアム(タイ式キックボクシングの開催スタジアム)」「サンデーマーケット(MRTのチャトチャック駅とBTSのモーチット駅双方が最寄)」等のイベントがありますが、どちらかというと少し「現地の人向け」の色が強いことは否めません。ですから、率直に言ってMRTは「観光スポットや買い物スポット等に最寄で便利」というよりも、「単なる快適な移動手段」と割り切って使うほうが合っていると思います。BTSとの乗り継ぎも比較的容易なので、上手に使えば「渋滞知らず」「短い時間で長距離動ける」等の快適な移動が望めます。BTSとの連結は「MRT:チャトチャック駅⇔BTS:モーチット駅」「MRT:スクンビット駅⇔BTS:アソーク駅」「MRT:シーロム駅⇔BTS:サラデーン駅」となっています。
12-02-14-3.jpg
12-02-14-2.jpg
頻出するな、この路線図と地図・・・ありがたやありがたや
※2012年12月末現在「BTS」は伸張されています。詳しくは「ウィキ」「BTSホームページ(英語及びタイ語)」をご覧下さい。

 このような点を考慮すると、「MRTの駅近くにホテルを取る」ということもひとつ考えられると思います。BTSとの乗り継ぎのしやすい場所を考慮に入れて、MRT沿線も範囲に加えれば選択の幅がぐっと広がります。BTS沿線の僻地に行くよりも、MRT沿線の都心部よりのほうが、結局移動にかかる時間も少なくて済む場合も考えられます。また、MRT沿線のほうが観光客が少ないということもあって、「タイらしさ」をより強く感じることでしょう。旅行の目的や予算によっては、MRTのほうが条件が合ってくるということもあるかもしれません。
12-02-14-4.jpg
これがMRTの乗り場です

 さらにMRTのもうひとつのポイントは「『フアランポーン駅』に通じている」ということです。「MRT:フアランポーン駅⇔タイ国鉄:フアランポーン駅」と乗り継ぎが出来るので、バンコクから地方へ電車で向かうような場合は非常に便利です。また、「ヤワラート(中華街)」はフアランポーン駅からとても近いですし、旧市街地であるお寺エリアへも近いですから、行き易いと思います。
12-02-14-5.jpg
写真手前がMRT、向こうがタイ国鉄の「フアランポーン駅」

 なお、MRT沿線は私もそれほど詳しくありませんので、色々と説明してくれている他のサイトをリンクしておきます。
 「MRTバンコク地下鉄事情」・・・タイの地下鉄「MRT」のレポートをするブログ

「低予算で出来るだけいいホテルに泊まりたい」とか、「タイ人が沢山いて、日本語も英語も通じないようなところのほうがいい」なんていう人は、頑張ってMRTエリアを探ってみてはいかがでしょうか。

<今日の一枚>
中華街といえばチャイナドレス?
12-02-14-6.jpg
これは昨年の旧暦元旦のヤワラート(中華街)で撮った一枚です。とにかくどこもかしこもやたらと「赤い」!結構面白かったですよ。

 次回は「移動・交通10:MRTの乗り方」についてのお話です。これもBTSと並んで非常に簡単ですから、初めてでもきっと迷うことなく乗れますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通9:MRTの便利な使い方」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今回は前回の「移動・交通7:BTSの乗り方」につづき、BTSに関連した便利な施設についてお話します。バンコク旅行をすればきっと乗る機会もあるであろうBTS、どうせだったら電車だけではなく周囲もひっくるめ丸ごと使ってしまいましょう。
12-02-10-1.jpg
徒歩での移動に便利な「スカイウォーク」

 なんといっても一番便利なのは上の写真のような「『スカイウォーク』と呼ばれる高架歩道」です。BTSは「スクムビットライン(サイアムから東方面)」「シーロムライン(サイアムから南北方面)」の2路線を持っており、これらの乗り換えはBTSの起点である「サイアム駅」で行われますが、この「サイアム」というエリアはバンコク市街地の中心部ともいえる場所で、ショッピングやフード、カルチャー等の様々な分野の施設が沢山あります。交通拠点でもあり市街地中心でもあることから、この「サイアム」は非常に多くの人が訪れる場所となっており、地元タイ人に限らず観光客にとっても外せないポイントになっています。観光ガイドを見ると「MBK(マーブンクロンセンター)」「東急」「サイアムパラゴン」「サイアムスクエア」「セントラルワールドプラザ」「伊勢丹」等が出てくるものと思いますが、これらはみなこの「サイアム及びその周辺」に点在しています。「スカイウォーク」はBTSの駅とこれらの施設に連結する役目を果たしており、歩いていけてしまうという優れモノの高架歩道です。BTSの駅としてはシーロムラインの「ナショナルスタジアム駅」から、スクムビットラインの「チットロム駅」からそれぞれ「サイアム駅」へと連結しており、その道々に各施設へつながる歩道が枝分かれしている、という感じのつくりになっています。サイアム周辺に遊びに行ったらきっとあちこち廻るかと思いますが、その際は是非利用しましょう。高架から見下ろすとタイの街はより見やすいですよ。
12-02-10-6.jpg
こんな感じで枝分かれしながらあちこちの施設へと連結している

 さらに「スカイウォーク」に限らず、BTSの各駅の高架には多少の差こそあれ色々な店があります。衣類、雑貨、食品、音楽、携帯電話、美容室・・なかでも利用しやすいのが「両替所」でしょうか。「お金3:上手にお金を使うための知恵①最初の両替」でも少し案内しましたが、タイには高価両替をしてくれる有名どころが幾つかあります。しかし、宿泊場所や旅行の行程上でそのあたりまでわざわざ行けなかったり、そこに行くほうが足代など考えるとかえって損、ということもあるでしょう。確かにホテルでの両替はレートがバカ安いので全然お勧めしませんが、一般銀行等の両替所でしたらそこそこのレートで両替出来ますし、なぜかBTSの駅構内にはそういった両替所がポツポツあるので、買い物ついでやお出かけついでに利用する、という手もあります。市街地中心部や有名観光地付近の駅なら何しろ人が多いので、泥棒などの危険もあまり感じずに両替できるのがメリットのひとつでもあります。
12-02-10-2.jpg
12-02-10-3.jpg
BTSの構内やスカイウォークには色々な店が出ている

 あと、日本人向けの話ですが、BTSの駅で日本人エリアともいわれる「プロンポン駅」「トンロー駅」あたりだと、日本人向けのものが手に入りやすいので、例えば「ガイドブック」のような観光関連の本や日本時向けの情報等も収集しやすいといえます。また、日本食の店もこのあたりには沢山あるので、タイ料理が口に合わないとか日本食が食べたいときなどは重宝するでしょう。
12-02-10-5.jpg
「プロンポン駅」の高架内にある日本人向けの本屋

 しかしなんといっても私が一番重宝しているのは「歩道橋」としての機能です。タイの大通りは反対側に渡るのが結構大変(横断歩道がそれほど多くない)なので、BTSの駅を歩道橋として使っています。BTSの運行は夜12時まででその後構内は閉鎖されますが、歩道橋にあたるところは常に開いています。これが実はいいエクササイズになるので(?)よく歩いています。皆さんも皆さんなりに色々活用してみてはいかがでしょうか。

<今日の一枚>
日本語の文章にご注目
12-02-10-4.jpg
タイ人の中には今後の仕事に活かそうと日本語を学ぶ人も結構います。一生懸命書いた姿が目に浮かぶようです。

 次回からの「移動・交通」カテゴリーは「MRT(地下鉄)」について書こうと思いますが、その前にタイ人に関わるちょっとした小話を挟もうと思います。題しまして「タイの人々2:本当に『微笑みの国』?そう、『微笑みの国』! 」です。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今回は前回の「移動・交通6:BTSを上手に利用するには」に引き続き、そのBTSの具体的な乗り方について説明します。順を追ってバーチャルっぽく説明していきますので、分かりやすいかと思います。この機に乗り方を是非知っておきましょう。

 BTSは高架なので目に付きやすく、駅もすぐに分かります。とりあえず階段を上って駅へと入っていきます。全ての駅かどうかは定かではありませんが、一部階段の代わりにエスカレーターを採用しているところもあります。
12-02-06-1.jpg
BTSの「アソーク駅」、向かって左に階段が見える

 上り切ると改札や窓口が見えるかと思います。細かくは駅によりますが、大体下の画像のような感じ。
12-02-06-2.jpg
ここは「日本人エリア」ともいわれる「プロンポン駅」、窓口と改札が見える

 改札付近に券売機があるので、その券売機を探します。下の画像のような機械です。
12-02-06-4.jpg
路線図と券売機がセットになっている、大体一改札に3~4機

 この機械にて乗車券を購入するのですが、買い方は簡単。

①まず路線図(下の画像では左側が路線図)を見ます。すると自分のいる駅が黄色の丸になっていて、そこを起点に各駅に1とか2とかの番号がふってありますので、自分がこれから行きたい駅の番号を確認します。
②番号を確認したら隣の券売機に移って、機械に描かれている「青い大きな番号1から4」の手順にそって購入手続きをします。
③まずは「番号1」のところで、自分の行きたい駅の番号を押します
④すると隣の「番号2」の上の液晶パネルに金額が表示されるので、液晶の下の硬貨投入口にお金を入れます
⑤お金が充足すると「番号3」のところから乗車券が出てきます
⑥おつりがある場合は「番号4」のところからつり銭が出てくるので、それを取って終了です。

 ここで注意しなければならないのは、「乗車券は10バーツないし5バーツ硬貨でしか購入できない」ということで「紙幣の場合は事前に窓口で両替をする必要がある」ということです。なので窓口にて両替してください。
12-02-06-5.jpg
窓口のお姉さん

 なお、一回の乗車賃は高くてもせいぜい50~60バーツ程、近いと15バーツほどですので、両替の際に500バーツ札や1000バーツ札を出すと、たまに「幾ら両替する?(もちろん基本的には英語で)」と訊いてくる係員がいます。必要に応じて返答しましょう(例えば50とか100とか。返事にもたもたしているときっと100バーツ分両替してくると思いますが・・)。

 乗車券は下の画像のようなカードの形状をしています。ちなみに上が乗車カード、下は提携店のクーポン券なので、上のカードしか必要ありません。カードにある「白い矢印」の向きが改札機への挿入方向なので、自動改札を通る際に注意をしてください。
12-02-06-6.jpg
BTSの乗車券

 下の画像にある、自動改札機上部のカード挿入口(画像だと「緑色の電光矢印」の少し上の「カードスロット」のようなところ)に、向きに注意ながらカードを挿入します。
12-02-06-3.jpg

 あとは日本の定期券のような感じで、乗るときは改札機の天井部分からカードが出てきますのでそれを持って電車に乗り、降りるときは同じ要領で改札機にいれると自動的に回収される、というしくみになっています。

 ホームは非常に簡素で、綺麗にされています。ちなみに、「ホームでの『ごみ捨て』『喫煙』『飲食』は禁止」です。私はこれを知らずにスタバのコーヒーを飲んでいて、怒られたことがあります。
12-02-06-9.jpg
係員がいて、この辺はチェックされます

あとは電車が来たら乗るだけ、お疲れ様でした。
12-02-06-7.jpg

このBTS、外塗りの広告が色々あって、見ているだけで面白いです。中にはモニターがあって、CMが流れっぱなし、これも結構日本とはセンスが違ってなかなか楽しいです。乗る機会があったら是非見てみてください。なお、イスはプラスチックぽくて硬く、冷房効きすぎはいつものことなので、「寒さ対策(「服装1:基本的な服装」参照のこと)」は忘れずに!

<今日の一枚>
「BTSを撮る外人」を撮る
12-02-06-8.jpg
このBTS、旅行者にとっては「バンコク名物」のひとつのようです。

 次回は「移動・交通8:便利に使えるBTS周辺施設」と題して、BTS乗車時に関連したトピックをあげようと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通7:BTSの乗り方」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日からは再び「移動・交通」カテゴリーに戻り、前回迄の「タクシー」に続いて、バンコク旅行者の移動の強い味方、「BTS(バンコクスカイトレイン)」についてお話をしていきます。
12-02-04-1.jpg
タイ人にも旅行者にも重宝なBTS

 BTSのよさは「バンコク市内の主要な場所に駅があるため機動性が高いということ」「何といっても「渋滞知らず」ということ」「さらに乗り方が簡単なので利用しやすいということ」という3点が大きな特徴だと考えています。「宿泊1:ホテルを探すポイント①立地」の少しおさらいになりますが、下記の地図と路線図を再びご覧ください。

12-02-04-2.jpg
バンコク市中心部の地図

12-02-04-3.jpg
バンコク市内の鉄道網
※2012年12月末現在「BTS」は伸張されています。詳しくは「ウィキ」「BTSホームページ(英語及びタイ語)」をご覧下さい。

 「E、S、N」と「番号」が丸で囲まれているところがBTSの駅です。旅行者にとって嬉しいのは「BTS一本で行ける人気スポットが沢山ある」という点で、「パラゴン」「サイアムスクエア」等メジャーなショッピング・アミューズメント・フードエリアがある「サイアム駅」を起点として、例えば「N8:モーチット駅」は「サンデーマーケット」で有名なチャトチャック公園へ、「N2:パヤータイ駅」は空港へ通じる「エアポートリンク鉄道」への乗り換えへ、「E3:ナナ駅」「E4:アソーク駅」はクラブやバー等のナイトスポットへ、「S2:サラデーン駅」は夜の歓楽街で有名な「タニヤ・パッポン」へ、「S6:サパーンタクシン駅」はチャオプラヤ川のボート乗り場へ、そしてそこから船でワットポーやワットプラケオ、ワットアルンといった寺院へと、本当に沢山のところへ簡単に行ける利便性を持っています。さらに、この地図は少し古いので載っていませんが、「E」は既に「E14:ベーリング駅」まで開通していて、「E11:プナウィティ駅」には、少し前に閉館となった「ルンピニ(スワンルム)・ナイトバザール」に取って代わって先日オープンした新しいナイトバザール「サイアム・パラダイス・ナイトバザール」があります。
12-02-04-4.jpg
まだオープンしたばかりの「サイアム・パラダイス・ナイトバザール」

 この便利なBTS、運行頻度は路線や時間帯によって変わりますが、ラッシュ時でおよそ3分弱、早朝・深夜で8分間隔、朝6:00から深夜12:00迄の運行という機動力の高さで、丁度「日本の地下鉄」のような印象です。バンコクは特に夕方の道路渋滞がひどいのでタクシーやバス等の道路機関だとものすごい時間のロスにつながる場合があります。BTSの機動力の高さを生かして上手に時間を活用しましょう。

<今日の一枚>
BTSの窓口のお姉さん
12-02-04-5.jpg
しかしホントに何でも撮ってしまう私・・

 乗り方も簡単なこのBTS、次回は「移動・交通7:BTSの乗り方」についてお話をします。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動・交通6:BTSを上手に利用するには」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今回は前回の「移動:交通4:上手なタクシーの乗り方その2」に引き続き、タクシーを降りる際の注意や高速道路利用時の話、効果的な使い方等についてお話しようと思います。前回からのプロセスとして、降りる際には①料金の精算をする ②車内への忘れ物のチェックをする という二点が大きく残っています。さらに、③目的地に正しく着いたかどうかを確認する ということもあってもいいでしょう。
12-01-29-1.jpg
電車のないエリアにはタクシーがなにかと便利(写真は寺院エリア周辺)

 ①「料金の精算をする」・・降りるときは当然お金を払いますが、最初の両替タクシーの清算は割にザル勘定の場合が多い(「チップの意味合いを含めてキリのいいところで支払う」というのと「1バーツ単位までのお釣り銭をしっかり用意していない運転手が多い」)ので、この点には留意して清算しましょう。参考までに、私の場合タクシーチップは乗車賃が50バーツ位までなら最大10バーツ位までを目処に、100バーツ位までなら最大20バーツ位を目処にキリのいいところで払います。さらに、マナーがよければ多めに、悪ければチップなしです。チップについては「お金5:チップのこと」で色々書いていますので、よければ参考になさってください。ところで、いくらキリがいいといっても細かいお金を持ち合わせていないのも問題です。タクシーは初乗り35バーツからですが、例えば「ちょっと長めに乗って120バーツそこそこの料金だった、でも100バーツ札しか持ちあわせていない」なんて場合、もしかしたら計200バーツのお支払い、なんてことにもなりかねません。「お金3:上手にお金を使うための知恵①」でも書いたように、事前にある程度細かいお金を持っているようにしましょう。
 さらに「絶対に忘れてはいけないのは!!」「車内への忘れ物のチェックをする」・・これは絶対に忘れないでください。私は以前、「降りる際に財布を忘れそうになった」ことがあります。幸いにも運転手がとてもいい人で、「財布を忘れていますよ」とわざわざ教えてくれました。もし運転手が悪い人でそのまま盗られていたら、この時のタイ訪問は真っ暗な思い出になっていたでしょう。特に男性の方で、お尻のポケットに財布を入れる人は気をつけてください。タイのタクシーはレザー調やビニール調のシートで、非常に滑りやすく、なんだかんだと動いているうちにポケットから財布が出てしまうことがあるのです。このときは私も運がよかったのですが、「タイで物をなくしたらほぼ出てこない」と思っていいでしょう。たとえタクシーに置き忘れたとして、その後で会社や警察に通報しても、特に金品は帰ってこないと思ったほうがいいです。私は携帯をトイレでなくしたことがあります。30秒後ぐらいに気付いてすかさず取りに行ったのですが、「あとの祭り」でした。
12-01-29-2.jpg
慌てて降りて忘れ物をするとほんとに痛手ですよ

 ③「目的地に正しく着いたかどうかを確認する」・・これは必要に応じての話ですが、地図やガイドブック等を持ち合わせていて、場所の判断できるのであれば降りる前に一度正しく着いたかどうかを確認するのいいでしょう。もし言葉が分からなくても、運転手に地図を見せれば、きっと指差し等で答えてくれると思います。降りたはいいが、気付けばぜんぜん違った場所に、というのもシャレになりませんので、必要であればチェックしましょう。
12-01-29-3.jpg
場所がいまいち分からないときは遠慮せず運転手に訊こう

 さらに空港とホテルの行き来であれば「高速を使う」こともあるでしょう。高速を使う場合は、その旨を運転手に告げるか、場合によっては運転手のほうから訊いてくることもあります。人によってはここで「タイ語」で答えようとするかもしれませんが、タイ語についてある程度知識がない人はむしろ「英語=ハイウェイもしくはトールウェイ」といったほうが運転手もきっと理解するでしょう。これには「『こちら側のタイ語の発音のうまい下手』も関係していますが、それ以上に「タクシーの運転手は『外人のお客は英語で話しかけてくるだろう』と予測をしているのが普通」だからです。私たちもきっとそうだと思いますが、もし日本で外人が話しかけてきた場合、「『きっと英語だろう』という予測の元」で話を聴いているのが殆どだと思います。これがタクシー運転手とのやり取りにも当てはまる、ということです。
 さらに、高速道路を使う場合は運転手はその料金の立替は基本的にはしません。料金所に来た時点で代金をお客が運転手に渡すというのが普通です。細かいお金がない場合は、この時点で大きめのお金を渡して、そのお釣りを利用して小額紙幣を得る、という手もあります。この辺のことも「お金3:上手にお金を使うための知恵①」で触れています。
12-01-29-5.jpg
大体一箇所20バーツから50バーツ、場合によっては二箇所通過することも

 ちなみにまれに後部席が嫌いで、助手席に座る人もいますが、助手席はシートベルト装着義務があります。つかまると罰金なのであしからず・・
12-01-29-6.jpg
これはきちんとしましょうね

  最後に、タクシーを効果的に利用する時に私がいつも心がけていることは「渋滞につかまらないようにする」ということです。ですから特に夕方から夜早い時間にかけては極力タクシーに乗りません。移動するなら鉄道を使うとか、時間帯をずらすとかして対応します。お金と時間をかけて動けないのはさすがにもったいない。その辺を考えて旅行プランや移動プランを建てましょう。楽しく過ごすひとつのポイントだと思います。
12-01-29-4.jpg
上がBTSの駅、下が大通り、上手に乗り継いで渋滞知らず

 大体ここまで、全四回にわたってタクシーについて色々説明してきましたが、いかがだったでしょうか。きっと避けては通れないタクシー、上手に活用して楽しい旅行につなげましょう。

<今日の一枚>
「タイの高速道路を夜走る」の図
12-01-29-7.jpg
タイ人の友人の車で空港からホテルに向かっているところです。夜ともなればタイの首都高速もスイスイ。けっこういいドライブです。タイの空港にも色々店があるので、時間のある人はご飯でも食べがてら遊びにいってはいかがでしょうか?「空港で遊ぶ」っていうのもなかなかないですからね。

 次回は続いて「BTS」を、と思ったのですが、少し横道にそれて違う話をしてみようと思います。よって次回は新カテゴリー「日本とタイ」、第一回目は「『チップ』に支えられているタイ人」です。 
最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

[「移動:交通5:上手なタクシーの乗り方その3」]の続きを読む

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
137位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。