上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 タイに行ったらあると圧倒的に便利なのが「携帯電話」。最近は「スマートフォン」の発達でインターネット環境を介して通話やチャット等をする人が増えていますが、とりあえずここではまず「一般的な旅行者が、タイ国内での一時的な通信手段として携帯電話を利用する」という設定を基本にお話をしたいと思います。

 タイにおける携帯電話の入手方法としては「借りる」「購入する」という大きな二つが考えられます。それぞれ説明しましょう。
 まず「借りる」ですが、一番手っ取り早いのは空港の到着ロビーです。うかつにもいい画像がありませんが、入国審査→カバン受取→税関を抜けて外に出るとすぐ、携帯のレンタルサービスをしている店がいくつか見つかるでしょう。

12-12-24-3.jpg
税関を抜けて表に出たあたり。この辺にレンタルショップが幾つかあります。

 私は携帯電話を空港でレンタルしたことがありませんので価格は定かではありません・・タイへ行き始めた頃は知り合いのお店で一日100バーツだったかな?位で借りていました。たしか四回目の訪タイから滞在日数が長くなったこともあって端末を買って、以来ずっと自分のを使っています。

 次に「購入する」ですが、2012年現在のタイの携帯電話は丁度昔の日本と同じような状況で、電波が二種類ある状態です。「GSM」「3G]というのがそれで、日本の昔でいう「アナログ回線」「デジタル回線」という感覚で押さえればいいと思います。携帯端末も「GSM対応のみ」というのと「GSM&3G双方対応(デュアルモード)」という二種類があって、「GSM対応のみであれば1000バーツ台前半くらい」から、「デュアルモード対応であれば2000バーツ台後半くらい」から新品が購入できます。電話番号については「SIMカード」を購入することで手に入れることが出来ます。よって、「携帯端末+SIMカード」、そして「回線をアクティベート(操作は簡単です)すればすぐに使用可能」です。

12-12-24-2.jpg
管理人が買った3台目の携帯とSIMカード、3G対応で日本でもタイにいるのと同じ感覚で使えます

 「3G対応」端末を購入すると、基本的には日本に持って帰っても「日本の3G電波」を拾ってタイにいるのと同様に使えます。タイにいる友人に通話やSMS等で連絡を取ることも出来ますから(勿論「ローミングサービス」に関わる料金は発生しますが)、自分のニーズにあわせて適宜選びましょう。通信系の話、まだまだ続きます・・

<今日の一枚>
自分がタイで初めて買った携帯
12-12-24-1.jpg
これは確か端末が1200バーツ(GSMのみ)くらいで、SIMカードはプロモーション品を買ったはず。この携帯、ふと置き忘れたうちに盗まれてしまいました・・今時こんな携帯ないよなぁ、モニター白黒ですよ!!あえて今欲しいかも・・

  最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンククリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 今回は「電気」カテゴリー、元記事の「電気1:タイの電気に関する基本情報」や「電気2:ありがちな電気のトラブル」に少し具体的な補足を加えたいと思います。タイに遊びに行かれる方はおよそホテルやサービスアパート、ゲストハウスといったような宿泊施設に泊まることでしょう。特に始めていかれる方にとっては「自分がなにかの電化製品を持っていった場合、果たして使えるのか」ということがひとつ気がかりでしょう。そこで「実際のコンセント形状を見ればより具体的に判断出来るのではないか」という考えのもと、今日は私が泊まったホテルを実例に、画像をあわせて紹介・解説したいと思います。基本的には「電気1:タイの電気に関する基本情報」の補足として読むと、よりタイの電気事情がわかりやすいかと思います。

 よく見かけるのは下の画像のような差込口。この画像のような場合、日本のプラグは差込口に対して丁度「縦向き」にして差し込む形になります。
12-04-14-1.jpg

 タイの電化製品はプラグ形状も様々で、日本のもののように二極で平型のもの、同じ二極でもプラグ形状が円柱状のもの、さらに同じく円柱で3極状のものがあります。
12-04-14-6.jpg

 洗面部のドライヤーのところには電圧別に二箇所の差込口があります。一方は110Vで日本と同じ形状、もう一方は220Vで二極で円柱状のものに対応する形をしています。
12-04-14-2.jpg

 こちらはデスク部。タイ仕様のソニーバイオ(3極)と日本使用の東芝ダイナブックを差し込んでみると・・
12-04-14-3.jpg
 こんな感じになります(向かって奥が3極バイオ、手前が二極平型ダイナブック)。
12-04-14-4.jpg

 なんでこんなに色々あるかといいますと、ホテルですから色々な国の人が泊まるわけで、各々が自分の国から自前のものを持ってくると、こんな形が対応しやすいがゆえではないか、と個人的に推測しています。少なくとも日本のものは何処でも挿せますが、問題は「電圧」。今時のパソコン、携帯やスマートフォンの充電器は対応電圧幅が広いものが多く、およそ100V~240Vくらいまでカバーしているでしょうが、理美容品で特に熱を発するもの(ドライヤーやアイロン等)は日本国内向けのものも沢山あるので、自分のものが使えるかどうか事前にきちんと確認しましょう(日本100Vに対してタイは220Vです)。パソコンや携帯なら電源ケーブル(充電用ケーブル)の「黒い箱(トランス)」の部分に詳細が書かれている場合が殆ど、デジカメやムービーも同じくです。ドライヤーやアイロンなら本体部(スペックシールに記載されていることもある)に記載されている場合が殆どです。
  それから、「『トランス(変圧器)』を使って日本国内向けの製品を使おう」と考える人もいるかもしれませんが、個人的にはあまりお勧めはしません。精密機器(パソコンやプリンター等)を中心に、「トランスを使っているのに壊れた」というケースを多く目にしているからです。これは「トランス自体が壊れる」ということにも起因しているようです。出来れば「電圧対応しているものを友達から借りる」とか「ホテルで借りる(ドライヤー等は無償レンタルのものを準備しているホテルが多い)」とかでまかなうほうが無難と思われます。

 なお、タイは「停電」と「水周りトラブル」の達人です(笑)。ホテルでそんな目にあっても決してびっくりしないように。しょっしゅうのことなので本家タイ人は平然としています。あまりに平然としているので、かえってそのことにびっくりさせられます。さすがタイ♪

<今日の一枚>
「タイの電気事情」を静かに物語る一枚
12-04-14-5.jpg
 何か変だと思いませんか?これはこのホテルの部屋のスイッチ群。入り口や浴室の電気、エアコン、さらにカードキー挿入口。「横並びのはずなのにまっすぐ並んでいない」ですね。定規を当ててみれば分かりますが、まるで階段のようにでこぼこしています。日本では考えにくい状況ですが、タイというのはこんな国です。でもそこがまたタイらしくて、不思議に憎めません。和ませてくれますねぇ、タイ王国様♪

 次回はこの国際的なコンセント?にちなんで、遂にカテゴリー初トピ♪♪♪「「世界とタイ1:「様々な国との国交を持つ『国際交流国』、タイ」」をお送りします。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今回は前回の「電気1:基本情報」に引き続き「私がタイで遭遇した電気のトラブル」について、特にホテルでの出来事を中心にお話していこうと思います。対処も含め、これから行かれる方の参考になれば幸いです。

 一番数多く経験したのは、なんといっても「冷蔵庫の故障」でした。タイは暑いので、飲料やチョコなどの暑さに弱いお菓子、果物等を保管するのに冷蔵庫は重宝しますし、重要でもあります。ホテルのグレードにもよりますが、私が泊まるところは大体一泊1200~1500バーツくらい、そのレベルだと冷蔵庫のレベルも殆ど横並びといえるのではないでしょうか。この価格帯の場合は下の画像のような可愛らしいサイズのものが殆どです。トラブルの内容は「あまりに冷えないので交換してもらった」という経験が二度ほどあります。換えてもらったものは調子よく冷えるので、やっぱり両方とも故障だったのだと思います。

12-01-17-1.jpg
こんなんとか

12-01-17-2.jpg
こんなん、基本的にはほぼドリンクが入っているだけ

 他には「インターネット設備の不良」というのがあって「ワイヤレス機器を交換してもらった」ことが一度、さらに「LANのジャックを交換してもらった」ことがそれぞれ一度ずつあります。これも交換後につながるようになったので、やっぱり故障だったのだと思います。ちなみに「私が壊した」ことも一度あります(恥

12-01-17-3.jpg
ホテルでよく見かける無線LAN

 あと、注意したいのが「セーフティボックス」。電源が入らなかったことが一度あって、その時は部屋を変わりました。これは貴重品保管のために本当に重要です。気をつけましょう。

12-01-17-4.jpg
旅行者ご用達ですね

 最後に出てくるのが「エアコン」です。これは「服装1:基本的な服装」でも書きましたが、温度調整が効きにくかったり、やたらとやかましかったりというのは結構あります。一度配管が割れたか何かで、「部屋にかなり水が漏った」ことがあります。下の画像がそのときの記念写真(?)で、とりあえず下にタオルをひいて時をしのいでいます。この時は修理してもらいました。

12-01-17-5.jpg
上から雨漏りのようにぽたぽたと漏ってくる

 電球が切れたりするようなことはちょくちょくあって、このように書くと「えらく運の悪いヤツ」のように思われるかもしれませんが(実際そうだったりして・・)、私の場合は短くても2週間、長いと一ヶ月ぐらいホテルに滞在しているのでこのような状況に遭遇する率も高いのだと思います。実際にホテルに限らずタイの電気配線は見てからに「危ない」と思うことが沢山あります。さらにタイはとにかく停電が多い!!今まで何回経験したかわからない。ホテルは電圧が不安定になりがちでしょうからなおさらで、このような状況が電化製品に負担をかけている、ということもあるのかもしれません。

 で、どうしたらいいかということですが、「ホテルにチェックインして、部屋に案内されたらまず各設備をしっかりチェックする」ことです。せめて ①電気スイッチの作動 ②冷蔵庫の冷え具合 ③エアコンの音(うるさい場合は壊れる可能性を疑う) ④シャワーのお湯や水の出方 ⑤セーフティボックスの作動 ⑥ドライヤーの作動 ⑦(必要な人は)ネット環境のチェック ぐらいのことはしましょう。私の場合は①~⑥くらいまではベルボーイを待たせておいてチェックします。ベルボーイを帰した後、カバンを広げる前にネット環境もすぐに使ってみて可否をチェックします。
それで問題が無ければOK、あれば部屋を代えてもらえるかどうかフロントに確認します。荷物を解いてから不具合がわかっても後の対応が大変だし面倒なので、これらのことは事前にしっかりチェック!不満や不具合はその場できちんと伝えて相応に対処してもらいましょう。
 「このような傾向」のことについてはまた別カテゴリーで改めて書きますが、不具合や不満があっても言葉の壁やなんとなくのバツの悪さから言い出さずに済ませてしまう人も結構いるようですが、だんまりを決め込んではいけません。お金を払った以上、正当な権利と思うことを主張することは大事なことだと思います。楽しい旅行にするためにも、問題はその場ですっきりさせましょう。

<今日の一枚>
これは電話には電話ですが・・
12-01-17-6.jpg
とあるホテルの廊下にある、主に従業員の業務連絡用に使われている電話です。普通床に直か置きするかっつーの。頻繁に鳴ってるから思わず笑ってしまいました。これだからタイは好きです(笑

 次回は上記のようなトラブル時にどう対応したらよいかを再び「宿泊」カテゴリー、「宿泊4:ホテルでのトラブル」にてご紹介したいと思います。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 前回の「宿泊3:ホテルを探すポイント③設備とサービス」に関連して今回は「タイの電気事情」についてお話したいと思います。パソコンをはじめ、携帯電話やデジカメ、さらに理美容品等、自分のものを携えていく人も多いかと思います。今日はまず基本情報をお伝えしようと思います。

 私お得意の「タイ国政府官公庁」曰く、

 「電圧は交流220V(50Hz)で、プラグはBF、Cタイプ。中級以上のホテルでは、日本と同じプラグもありますが、電圧にはくれぐれも注意してください。日本の電化製品をご利用の場合はプラグ・アダプター・キットを携帯されることをおすすめいたします。」

 とありますが、今まで15回以上渡航してアダプターを使ったことは一度もありません。タイでのコンセント形状で一番多く見かけるのが下の画像のようなものです。日本のプラグも縦向きにすればそのまま差し込めます。また、日本とまるきり同じ形状のものも見たことがあります。

12-01-15-1.jpg
こんな感じの差込口

 電圧は日本100Vに対してタイは220Vですが、近年の日本の電化製品、特に旅行時に携行しそうなものは殆どが対応しています。不安な人は自分が持っていこうとしている製品本体やアダプター、トランス等をチェックすれば対応電圧がわかるので、調べてみましょう。ちなみに、私はパソコン、デジカメ、ムービー、ポータブルプレーヤー、シェーバー、電動ハブラシは必ず持って行きますが、今までトランスを使ったことは一度もありません。さらに、過去の経験からいくと「日本仕様(100V仕様)」のものはもっていかないほうが無難です。トランスやアダプターを使っても壊れることがあるようです(私の知人の経験談から)
 一方、タイには色々と面白い電化製品を売っていて、なかには思わず買ってしまいたくなるようなものもあるのですが、残念ながらコンセント形状が違う場合が殆どでそのままでは日本では使えません。但し、一部日本と同じタイプのコンセントを採用しているものもあるようです。
12-01-15-2.jpg
左がタイ製品、右が日本製品のコンセント(違う形状のものもある)

 旅行時に「ドライヤー」を持っていくかどうか迷う人もいるかもしれませんが、あらかじめホテルに据え付けてある場合が多いです。また、据付が無くてもレンタル(無料)でおいてあるところが殆どで、ハウスキーパーやフロントにお願いして借りれなかったことは一度もありませんし、お金を取られたことも一度もありません。結構かさばるので「何でもいい」というのであればホテルで借りる、という手もありだと思います。
 さらに、少し専門的になりますが、日本とタイではテレビの映像方式が違います(日本はNTSC、タイはPAL方式)ので、ムービー等をつないでも基本的には映らないです。ただし、一部のホテルにはNTSC対応のテレビがあったりするので、そんなときは使えます。

 持っていくかいかないかで便不便が大きく分かれるところですが、あえて持たずに行って現地で色々使えそうなものを探してみるのもいいかもしれません。私はパソコン関係のものを中心にちょくちょくタイで購入しています。購入するには事前知識が少し必要かもしれませんが、タイには結構面白いものが沢山ありますから、もしかするとお宝に出会えるかもしれませんよ。

<今日の一枚>
12-01-15-3.jpg
タイではこんな「移動式のバー」もあります。ちなみに電源は迎えのビルから引いてます。ええんかいな・・

 次回は「電気2:電気のトラブル」と題して、私が主にホテルで経験した電気のトラブルについてお話します。私は結構ありますよ、現地のホテルでの電気トラブル。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
148位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。