上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 ここでは「タイ・バンコク旅行ガイド」、の趣旨について説明致します。この「タイ・バンコク旅行ガイド」では「タイ、バンコクを旅行にあたって事前に知っておいたほうがよさそうなこと」を項目別にまとめています。一見すると「『ガイドブック』的な項目」に感じられる方もいるかもしれませんがそれこそがこのカテゴリーの狙いで、「私がガイドブック片手に訪タイした際に、ガイドブックの情報や説明だけでは不十分だった」という経験があります。よって当ブログにおいては「現地での実際の体験をに基づいた『もう少しつっこんだ実践的な内容』『さらに役立つ内容』を得られる内容にしたい」と考えております。
 例えば「タイのお金は『バーツ』で、1000、500・・・という種類があります。」だけではなくて、「こんな買い物をする場合は事前に少額紙幣を用意しておかないと結構困る」とか、「タイは南国だけど、お店のなかに冷房を強くかけているとことがあるので注意」だけではなくて、「タイ人は冷房が大好き、意外に気を付けるべきところは『マッサージ店』、店によってはリラックスどころか風邪をひく(実際に日本人がタイ旅行時に冷房のせいで風邪をひいているところを何度となく見ている)ほど寒い店もある、そういう場合は遠慮なく毛布を借りるとか部屋や場所を変えてもらおう」という感じで、どの項目においてもなんというか「『痒いところに手が届く』的な内容」に仕上げていくつもりです。

 項目別に簡単に説明しますと、

「渡航」・・渡航の計画(個人かツアーか、その違いとは?)、からエアチケットやホテルの予約、「中部セントレア空港」と「スワンナプーム国際空港」を例にした空港からの出発・帰国の具体的な流れ、さらにそこから宿泊地への移動の仕方等を解説しています。

「服装」・・南国タイへの旅行者にとって適切と思われる服装や足元等に関わる情報を提供しています。

「お金」・・タイの通貨である「バーツ」の基本情報、さらに両替やお金に関わる意識、さらにチップや安全な持ち歩き方等を解説しています。

「飲食」・・タイ料理の美味しい食べ方や作法、さらには果物の剥き方などを伝えています。今後美味しいローカルのお店なども紹介する可能性ありです。

「移動&交通」・・「バンコク」の大まかなレイアウトと立地に関わる便・不便、さらに旅行者が移動の際に使用する交通手段の紹介と利用の仕方を解説しています。

「宿泊」・・「バンコク」のエリア別の特性とさらに立地による便・不便、さらにホテル内でのトラブルとその対処等について解説しています。

「電気&通信」・・タイの電気事情、基本から日本製品を持ち込む際の注意、さらに電話等の通信手段について解説しています。

「買い物&観光&遊びetc.」・・ここは実体験に基づいた書各情報を提供しようと考えていますが、2012年12月現在手がついていません・・すみません・・勿論書いていきます。

「タイマッサージ」・・タイといえばおなじみ「古式マッサージ」を代表とするマッサージ処、上手なマッサージの受け方や注意点等をこと細かく解説しています。

「夜系の話題」・・ここは特に対象が男性中心になるでしょうが、歓楽街情報を提供するつもりです。2012年現在、まだろくに書けていません・・結構得意分野になるのですが・・すみません・・

「タイの人々」・・タイ人の生活習慣や性質などを概念的にまとめています。旅先でタイ人と触れ合うときにあるいは役立つかもしれません。

「タイの習慣」・・タイの年中行事を中心に、タイで行われる様々なイベントを紹介しています。

「タイ語」・・日本人にとってはなかなかハードルが高い「タイ語」習得。タイ語を話すタイ人が、これまでの経験から思いついた学習法やそのポイントなどをお伝えします。

「トラブル回避の為に」・・タイは日本に比べて治安が悪いといえます。せっかくの旅行でいやな思いをしないよう、自衛策としての方法を紹介しています。

「お役立ちグッズ&情報」・・ちょっとしたことで旅行が快適になるグッズや知恵を紹介しています。

「タイ旅行心得」・・タイは日本とは全然文化が違います。よって考え方も習慣も異なります。そんなタイで楽しく過ごすための心構えについてアドバイスしています。

長くなりましたが、こんな感じの構成となっています。

 「まえがき」ついでにひとつばかりネタアップを・・初めて見たときは結構な衝撃を受けるとともに、どうしていいのか少し戸惑ってしまいました。それは「トイレ♪」です・・

11-12-14-1
タイの街中で結構見かけるこのスタイルのトイレ

 どうですか?私は思わず写真に撮りたくなるほど興味深かったです。左側にある「洗面器」と「汲み水」は「手を洗うため」ではありません。「用を足した後、これで水を汲んで流す」という、いうなれば「人力水洗トイレ♪」なのです。
 日本では今時どこでもほぼ水洗トイレで、用を足した後は水を流すレバーやボタンを探すのが普通といえるでしょう。しかしタイでは、バンコクの中心部においてもこのようなトイレに度々遭遇します。もっとも、ホテルやデパート等の近代施設ではお目にかかることはほぼないでしょうが、公共公園内のトイレや、ちょっと古めの施設だとまだまだこのスタイルはあります(ちなみにここは「バンコク市内のガソリンスタンドのトイレ」)。
 一番最初戸惑ったのは「いったいどれくらいの量の水を流せば『ブツ(き、汚い話でいささか失礼・・)』は流れるのか?」ということですが、これは残念ながらご自身でやって頂くほかありません。もし改装されてなければ「BTSプロンポン駅」からすぐ、「エンポリアム」デパート横にある「ベンチャシリ公園内のトイレ」がまだこのスタイルのはずです。是非チャレンジして?みてください。「トイレ」ネタ♪、まだありますが、とりあえず今回はこの辺で・・

 ちなみにこの「ベンチャシリ公園」、都会の中に悠然と構えるとても大きな公園で、私の大好きなスポットの一つです。トイレに興味がなくとも、時間のある方には是非一度行かれることをお勧めします。

11-12-14-2

11-12-14-3

11-12-14-4

11-12-14-5

 「タイ」に限らず何処に行くにしても、「せっかく行くなら思う存分に満喫してほしい」というのが私の信条。こんな感じで色々気の赴くままに書いていきます。ここでの内容が少しでも役立つなら幸いです。もし「こんな時はどうですか?」みたいなことがあれば聞いてください、わかる範囲でお答えしようと思います。

<今日の一枚>
「ロイクラトン(タイの灯篭流し)」の日の「ベンチャシリ公園」
11-12-14-6
「ロイクラトン祭り」とは「川の女神へ感謝をささげるため、バナナの葉で蓮の花をかたどった灯篭(クラトン)をつくり川に流す(ロイ)タイ伝統のお祭り」です。

  次回は「渡航」カテゴリー、予約に始まり出発から現地到着、そしてそこからの移動についてまとめてみようと思います。
まずは「『ツアー』で行く?それとも『個人』で行く?」からです。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
155位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。