上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 いよいよタイへ戻る日が近づいてきました。ここまで続けた「日本で手配!」、あと少しあるのでここで残りのものを少し紹介しましょう。

 結構時間がかかったのは「クレジットカードの選定し直しと発行手続き」、結局下の画像のようになりました。向かって左が「旧体制」、右が「新体制」です。また「渡航」カテゴリーに「独断と偏見のカード選び」くらいのタイトルで詳細は書きますが、何しろ一番大きかったのが「タイ国際航空がVISA提携カードを発行した」というのが大きいです。これで全体のバランスが大きく変わってきました。「ロイヤルオーキッドカード(「タイ国際航空」のカード名称):JCB→VISA」、「ANAカード:VISA→JCB」、そして「JALカード:VISA→Master」へとそれぞれ移行しました。「JALカード」は発行が間に合わなかったので今のところ申請用紙を入れていた封筒に化けています。

12-11-10-1.jpg
これでとりあえず自分的には万全のつもり♪

 「ロイヤルオーキッド」は実に2~3日の超特急でOK、「ANAカード」もほぼ一週間のスピード発行(但し双方とも「オンライン契約&オンライン引き落とし口座申請手続き」が必要)でした。対し「JALカード」は発行に時間がかかるというのが常、一枚目を作る時も多少時間がかかりました。但し「JALカードの場合は電話でスピード発行を依頼することが可能」、その場合は恐らく2週間強でなんとかなるものと思います(通常では発行までに4週間程必要とのこと)。

12-11-10-2.jpg
電話でスピード発行を申し込むと「EXP」のスタンプが入ります

 私の場合は電話でスピード発行を依頼したのが帰国二週間前で「申し込み書類送付の日数を含めるとタイへ戻るまでにカード発行を間に合わせるのは難しい」ということでしたが、どうせ発行するのだからということで話を進めました。受け取りは次の帰国時のお楽しみにしようと思っています(全然楽しくない?)。
 ちなみに、「ANA」も「JAL」もここ何年かのうちに「マイレージのシステムや配分割合」を変えるようですね。もう「ANA」は発表していますし、「JALも・・」という話を耳にしました。カードの使い方も考えることになるかもしれません・・


 さらに、「システム手帳の予定表」も日本で購入しました。「タイ」では「タイのカレンダー」は幾らでも手に入りますが、「日本のカレンダー」も持ち合わせているほうが何かと便利。特に「日本の祝祭日の表記」はあると助かることが多いです。

12-11-10-3.jpg
私の場合は「週間スケジュール」が一番使いやすいです♪

 私は「PCっ子」なのでスケジュール管理は基本的に「予定管理アプリケーション」を活用していますが、同時に「システム手帳」も使います。データがとんだときのバックアップになりますし、「ノート内の予定が埋まって、それをこなしていくのは醍醐味の一つ」、それが昔からの個人的な習慣です。

 本当はまだまだありますが、あとは仕事に関わるものであったり、タイにいる友人達へのお土産だったりしますから公表は差し控えようと思います。楽しみが減っちゃうしね~♪

 帰国予定は12日、明日(日付的にはもう今日ですね)は友人のクラシックバレエを見に行く約束があります。残りわずかですが、しっかり残りの予定と約束を果たそうと思います。

<今日の一枚>
番外編:タイで手配!!
12-11-10-4.jpg
今回帰国の際、定期的にタイに遊びに来る友人に「何かほしいものはないか?」と訊くと「タバコを買ってきて欲しい」といわれたので、空港で購入してきました。何を隠そう私は以前「某タバコメーカーのキャンペーンの東海三県及び静岡、北陸地区のチームリーダー」で、収入の大半をここから得ていた時期があります。ですからタバコに関しても人一倍詳しかったのですが、その仕事から離れて実に10年以上、そして自身もタバコを止めて既にほぼ7年、今では値段も知りません。最近知ったのですが、今日本でタバコは一箱400円以上もするんですね!!僕の時代には一箱220円~250円、高いものでも300円といったところでした。キャンペーンをやっていくうちに値上げはありました(値下げもありました)が、それにしても急激な値上がり、これにはビックリしました。友人が「買ってきて欲しい」というのもごもっとも。喫煙者にとっては切実な時代ですね・・ですからせめて可愛いお姉さんの袋をあわせて渡しました・・おしまい♪
12-11-10-5.jpg

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 さて、なんだかんだとここまで3回にわたって続けてきた「日本で手配!」シリーズ?ですが、まだまだ続いております。今回は少しマニアックな話題。恐らくブログタイトルだけでは詳細が解りにくいのですが、「エアポンプ」です。

12-11-09-1.jpg
これが今回手配したポンプ、「ニッソー」製♪

ちなみに、ここでいう「エアポンプ」というのは「観賞魚用のエアポンプ」のこと、でも「普通のコンセント式エアポンプ」とはちょっと異なった「乾電池駆動式エアポンプ」なのです。なぜこんなものが必要なのかというと「停電対策」。「タイ」に住むようになれば、あるいはちょくちょく遊びに来ている人は経験されているかもしれませんが「バンコクは停電天国(変な表現だな・・)」、実に頻繁に停電があります。特にウチのコンドミニアムは設備のメンテかなにがしかで本当にしょっちゅうある。普段は数秒、数分のことですが、まれに数時間にわたることも・・当ブログ読者のなかには「管理人が金魚を飼っている」ことをご存知の方もみえるでしょうが、先日非常に長い停電があった際にウチの金魚さん達、「鼻上げ(空気を取り入れるために水面でパクパクやるアレです、主に酸素不足のときに見られるしぐさ)」をしたので、これはいかんと。これはいわば「溺れている」ようなもの、最悪「ご臨終」になるケースも・・ということでポータブルのポンプを手配した、というわけです。

12-11-09-6.jpg
少し前の写真ですが、元気な金魚さん達♪「エサをよこせ♪」とウルサイくらいが元気な証拠!

 さらに、今回このポンプを手配するに当たっては効率をを考えました。タイに来るようになってから管理人は「乾電池」党。もともとは「カメラ電源(撮影中にバッテリー切れを起こすことほど不便で残念なことはないので、現在も頑固に「単三使用モデル」を使っています)」に端を発したのですが、いざこうなると「電動歯ブラシ」「電子辞書」・・すべて電池使用モデルに。今回のポンプは本来「単一×2」というものでしたが、「単三→単一変換アダプター」を駆使して対応しました。しかしてその結果は・・

12-11-09-2.jpg
今回購入したポンプと変換アダプター、果たして上手く機能するんでしょうか?

12-11-09-3.jpg
とりあえず変換アダプターに単三エネループを二本ずつ入れて・・

12-11-09-4.jpg
きっちりセット♪ばっちり動きました♪よかった♪

12-11-09-5.jpg
いつもお世話になっている「エネループ」、「プロ」も含めて12本持っています

 おかげさまで問題なく駆動、かなりの長時間稼動させることができるようになりました。これで金魚も救われます。ちなみに私が使っているのは「エネループ」、もう数年にわたっていますがまだまだ使えています。もちろん「タイ」でも売っているので手配が簡単、私の「サバーイ♪ライフ」の大事なお供です。
 ところで、ホテルで停電が会った場合、最悪は「セーフティボックス」も機能しない可能性(おおきなホテルは予備電源を持っているのが普通ですが・・)もあります。その辺を少し頭に入れておくと旅行者の方はいいかもしれません。そんな電源事情からか、「タイ」では「いまだにレジをつかわず金庫で金銭管理をしているお店」が沢山あります。「郷に入らば郷に従え」ですね。

 いよいよタイへ戻る日が近づいてきましたが、まだまだネタがありますので、頑張ってアップしようと思います。

<今日の一枚>
観賞魚用えさやり機
12-11-09-7.jpg
「オートフィーダー」と呼ばれるこの機械、タイマー内臓で、時間が来ると勝手に規定された量のエサを与えるというスグレモノ。今回は知人にエサやりを頼みましたが、今回はこれも持って帰ります。ちなみにこれも乾電池駆動。まぁ金魚の場合は10日~2週間ほどのエサ切りはむしろ健康増進に繋がる場合もありますが・・しっかりと水草なんかを入れておけばよほど飢え死にすることはありません。わたしも「断食」経験者、健康増進にはいいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 帰国後から続けているこの「日本で手配!」ですが、まだネタは尽きません、続けていきましょう。今日は「カメラの修理」です。

 お盆の帰省時にデジタルカメラを購入しました。今まで使っていたモデルの電池のフタが怪しくなっていてご臨終間近という感じ、ということでずっと買い替えを検討していたのです。購入するモデルを決めた後は「同じ機種がタイでも売っているかどうか、価格は幾らぐらいか」を確認するために、タイにいる友人に連絡を取って値段を調べて貰いました。すると!!タイでも販売されているのですがなんと日本で買ったほうが価格が安い!!どうやらモデルチェンジのために在庫の一掃を図っていたようでした。なので日本で購入したわけですが、「問題」はここから。新品のままタイに持って行き、使い始めたところがどうも調子が悪い、どうやら「不良品」にあたってしまったようです・・
 こんなこともあろうかと念のため「保証書」も一緒に持って来ました、「タイで取り扱いがあるのだから恐らくタイでも修理が利くのではないだろうか」と・・しかし甘かった!!問い合わせたところ「日本で買った製品に関しては日本でしか保障は受けられません」という回答・・「これは抜かった!」と反省しましたが「後の祭り」。色々と勘案して今回の帰省の間に日本に持ち帰って修理に出した、という流れとなりました。

12-11-05-1.jpg
修理を終えて返ってきたカメラ

 ところで、今回のカメラですがこれもお得意、「Amazon」での購入、修理の流れについても全て「Amazon」経由で行いました。ちょっと感心したのはその「サポート体制」。「交換・返金」も含めて非常に沢山の選択肢がありました。今回の私のカメラは上記の通り「モデルチェンジのために既に在庫が売れてしまって交換用のものが用意出来ない」ということで「返金」もしくは「修理」という選択肢となったわけですが、いずれを選択したにせよしっかり納得が出来る対応だったと思います。なお、そのやり取りは全て「チャット」で行えました(「amazon」のウェブページ内にそういったカスタマーサービスがある)。このチャット、「24時間体制」だそうです。

 今回のこの一連の出来事は非常に有益だったと思います。メーカーにもよるのでしょうが、「日本で買ったものは基本的に日本で対応する」としたほうが良さそうですね。今後はこういったことを念頭に入れるとともに、「買った電化製品はすぐに動作確認する」ということを習慣にしようと思いました。皆さんもお気をつけ下さい♪
 この「家電」あたりについてもまた「タイに住みタイ!」でもう少し突っ込んだことをアップしようと思います。

<今日の一枚>
「Amazon」の気が利くところ
12-11-05-2.jpg
通常、通販では商品と一緒に「納品書」が送られてくるものと思います。私はあまり気にせずさっさと処分していました。でも、確かに保証を受けようとした場合は「お買い上げ証明書」が必要、これがないと保証を受けられないことも・・今回、修理をすると決断するに当たってその納品紛失の話をオペレーターに伝えたところ、速やかに「再発行」してくれました。この辺、気が利いてると思いました。「Amazon」さんに感謝です♪

さて、私は今日から大阪へ行きます。二泊程の予定で「タイ」をキーワードに新しく繋がった方々とお会いする予定です。「新しい一歩」がさらに新しい色々な道へと繋がっていきます。本当に面白いものですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、前回に引き続き今回も「日本で手配したもの」というテーマのもと、一つご紹介をしようと思います。今日はその第二弾、「ACアダプター」です。

 日本とタイでは電圧が違います(日本は100Vでタイは220V、よければ「電気1:タイの電気に関する基本情報」「電気3:ホテルのコンセント形状と実例」あたりをご覧下さい)。そんなことはこのように当ブログ内でも書くくらい全然当たり前に解っているつもりの管理人ですが、引越し後にやらかしてしまいました、「コンセントのさし間違いww」、何をボーっとしていたのか、220Vのところに100V製品を・・おかげで「ACアダプターがご臨終」に、勿論その製品もウンともスンとも動きません @@;;・・最初は220V対応で同出力のACアダプターを探しましたが、こればかりは「相手(つなぐ製品のこと)」が決まっているのでソケット形状を含めなかなかあうものがない、できれば改造もしたくない・・結局タイで購入するのは断念、今回帰国時にそのアダプターを持ち帰り、ネットショップにて同品を検索、無事ゲットできました♪

12-11-03-1.jpg
左が新品、右が壊れたほうのACアダプター

 どんなものでも極力「何の支障・問題もなくタイで使える」ものにすることに越したことはありませんが、どうしてもそういったものが見つからない場合は致し方ないでしょう。ただし、自分のミスを含めこのようなリスクはあります。そして「壊れた場合は日本の製品に関わるものは基本日本で手配する、それが一番確実」だと思います。
 しかし今のネットでの製品購入は本当に便利ですね、こういったパーツの類のようなものでも実に簡単に見つかる。価格も1000円、おかげで助かりました♪

<今日の一枚>
私が自室で使っているトランス(変圧器)
12-11-03-2.jpg
これは100V出力を持つタイプのものです。機械の精度がよくなってくるとサイズが大きくなってくると同時に価格も高くなってきます。昔安いトランスをつかって痛い目にあいました。また「タイに住みタイ!」で詳しく書きます。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、お盆に続き二度目の帰省、前回は比較的遊び目的が基本だったのですが、今回は今後私がタイにてはじめようとしている仕事に関わる用件も多く、前回の帰省とはその内容が随分と違っています。そんななか、「これはブログのネタにしても意味があるかも」ということが幾つかあるので、この帰省期間中にボツボツとここで小出しにしていこうと思います。とりあえずは「日本で手配したもの・こと」ということに焦点を当てて紹介していきましょう。今日は「本」です。

 ある日のこと、バンコクのとある書店で見つけたのが下の画像の本。タイ語の勉強になかなか役立ちそうなので欲しくなりましたが、その時点で既に日本への一時帰国の予定があったこと、さらに、急いで入用というわけではなかったので、結局今回の帰国後に購入しました。

12-11-01-1.jpg
タイ語に精通している「馬場陽子」さん著作。興味で買ってみた♪

 タイでは本屋さんはまだまだとっても盛況。「紀伊国屋」なんかの大型店舗も含めて非常に沢山の本屋さんがあります。日本人向けに日本の書籍を沢山置いているお店もありますが、問題はその価格。関税を反映してのことでしょう、「販売価格が非常に高い」のです。日本と比較しても差額がバカになりません。なので私の友人でタイ在住の人のなかには、帰国の際に本を持ってきてくれるようお願いしてくる人も・・気持ちはとてもよくわかります。

12-11-01-2.jpg
タイで買った「日本人向け日本語表記のタイ国内発行」の本。漢字記載なのに「バーツ」表記しかないのがいいね♪

 本に限ったことではないですが、私の場合、買い物は「アマゾン」や「ヤフオク」等を主軸とした「ネットショップの利用」が多いです。さらに「購入者レビュー」なんかも充実していると製品購入の一つの指針として非常に役立ちます。普段は「実際に目で見て手で触って買う」、いわゆる「アナログ基調」なのですが、なんといっても「買い物に割く時間が一番短く済む」ところが最高に気に行っていて、このような一時帰国時には極力上手に活用するようにしています。また、本は必要度に合わせて「中古本から探す」場合もあります。ベストセラーだったりすると中古市場にも数が出回っている場合が多く、コンディションのいいものが結構安価で手に入ります。この場合はネットのほうが探しやすいです。

 最近は「電子書籍」も活発に出てきていますが、非常に便利な反面「ディスクのご臨終」とともにデータが飛んだりしたときのリスクやバックアップの手間・面倒を考えるといまひとつ手が出ません。また、私は元々「本に色々と書き込むタイプ」なので、その辺を考えると「実本」がいいのです。さらにいえば・・「まだタブレット端末を持っていなーいっ!!!」・・これも大きな理由かもしれません・・
 でも、一番大事なのは、「実本は古くなるから長く持てば持つほどに愛着が深まる」というところでしょうか。15~20年以上の付き合いの本は結構あります、そしてもうかれこれ30年以上持ち続けている本も・・今回のタイへの引越しに当たって、大事なものは全てタイに送りました。今はその殆どが私のタイの自室の棚に一様に並んでいます。私にとってはかけがえのない本ばかり、一緒に仲良く歳をとっていこうと思っています♪

<今日の一枚>
大好きな本のうちの一冊
12-11-01-3.jpg
 1988年刊行の「狼達への伝言」、落合信彦氏の著作です。当時学生だった私、この頃も相変わらず跳ねっ返りで「自分なりに果たしてどう生きていけばいいのか」を模索している頃でした。このときは「落合信彦」という人のことはなにも知りませんでしたが、本のタイトルが気になってなんとなく手を延ばして中身に目を落としたら・・@@!そのまますぐお買い上げ、その日のうちに読み終えてしまいました(長い本ではありませんし、あっという間でした)。この本は世間一般に言うところの「良書」とは明らかに違うと思います。ただ、自分のことを飾らずに生きている著者に共感し、また、その生き方に驚嘆し感動しました。この人がそうであるように私も自分を飾ることが出来ないのです、そして、私の父もまたそのような人物です。
 「スティーブン・R・コヴィー」「デール・カーネギー」「キングスレイ・ウォード」「孔子」「道元」・・このように「尊敬できる人」は沢山いますし、彼らの本も読みましたが、「落合信彦」は「好きな人」であり「好きな漢」です。なんとなく自由のにおいのする人物、そんなところが気に入っているんでしょうね。

 この本は本当に何度も読んで何度もペンを入れて中がメチャクチャになってしまいました。なので割と最近ネットでコンディションがいいのを探してもう一冊買い足しました。これが「そのもう一冊」、一方の「メチャクチャな一冊」のほうはタイの本棚に鎮座しています。「色々なことを教えてくれた本なのでキレイなものを一部持っておこう」と思ってのこと、私にとってこんな本は二度と出てこないだろうなぁ、そう思っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 しばしブログの更新が滞っておりましたが、この間引越しに関わる様々なことを処理してきました。さらに、今後こちらで展開しようとしている仕事についても並行して段取りを進めております。そんな「色々ありの予定」でしたので、引越しが完了してある程度生活が落ち着いてくる日を少しゆとりを持って、「6月30日」を目処においておりました。そして「本日がその『6月30日』」、まぁ「引越し完了」と言っても差し支えない状態になりました。

 私の住んでいるところは市街地中心部から程近い割にタイの下町風情を感じることが出来る場所で、これまでの「観光客が圧倒的多数のエリア」から「観光客をほんの少ししか見掛けないエリア」といえるところです。「知っていたつもりの『タイ』」も、いざ住んでみるとまだまだ知らないところが沢山!!さらに興味深く、さらに住みやすく、そしてさらに親しみやすさを感じるようになりました。

 「タイに移住しよう」と決断してから、ここまで全てがほぼ手探り。「住まい探し」にはじまり「こちらに来てからの仕事」についての思案、さらには「日本での身の回りの整理」に「必要物の発送」、こちらに来てからは「住まいの本契約」「生活必需品の割り出し・購入、それにともなう部屋の整理整頓」「銀行口座の開設」「日本からの発送物の受取」「ネット回線の開設」etc.・・忙しくも楽しい日々でした。

 生活の面だけにおいても「免許の取得、引き続きバイク購入」や一部必要な「家具の買出し」がまだ残っていますが、取り急ぎの用でもないので、ぼちぼちと片付けていきます。待望の「ネット環境」も整いましたし(これにも色々あった)、これまでの引越しの道のりも含め、ボツボツと更新していこうと思います。

 タイでの生活、果たしてどうなるのか、乞うご期待♪

<今日の一枚>
ある日、自室から
12-06-30-1.jpg

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 いよいよ出発の日となりました。本来であれば「あ~、いよいよだなぁ」等と少し「浸れば」いいところなんですが、やっとスーツケースの整理が終わったところで、向こうに着けば着いたで直ぐに「住まいの本契約」であったり、それに伴う「日用品の買出し」や「銀行口座開設」、「免許取得」など色々と課題が山積していまして、それに「向こうに住む友人・知人との時間」や、オファーのあった「新しいマイミクさんとのお約束」が入っているので、じっくりと余韻に浸れるのはそれから、ということになりそうです。お世話になったホテルスタッフへの名残もあって、定宿としているホテルを一週間ほど押さえてあるので、幸い「旅行気分」もまだ少し味わうことができそうですが・・

 思えばこのブログを始めた頃は「今日、この日」がまだ「おぼろげ」でした。しかし今それが現実のものとなり、「どんなに遅い歩みでも、一歩踏み出せば確実に一歩近づき、おぼろげであったものがだんだん明確になってくる」、それを改めて実感しています。私がこれから「タイ」でやろうとしていることは多寡が知れていることですが、大事なことは規模の大きさではなく「自分らしく生き、自分らしく振舞う」ことだと思っています。私は不器用で、結局そんな生き方しかこれまでしてこれませんでした。しかしながら、それこそが「本望」ですし、いい意味で「これからも成長したい」という思いを携えて「タイ」へ行ってもこのまま「自分らしい歩み」を続けるつもりです。

 これまでは私自身も「旅行者」でしたがこれからは「居住者」、しかし引き続き「旅行者が楽しく安全に『タイ』を満喫して貰えることに貢献できるブログ」となるよう、相変わらずの自分目線で何がしかの情報を提供していこうと思います。また、管理人の今後の動向についても公にしても問題無いことはブログにアップしていくつもり(別に「ヤバイ」ことをするわけではありませんよ)なので、興味のある方はどうぞその点もご覧下さい。人にワクワクして貰うためには、まず自分がワクワクできるようなものを作らなければと、現在プランを煮詰めているところです。

 私が自分の体験から意識するようになった「波」「縁」

「決して調子には乗らず、しかし波には上手に乗れ」
「人生全てが何かの縁」


 このブログを通じて知り合った方も「何かのご縁」。この先もしご縁があれば「『タイ』の地」でいつの日かお会いしましょう。その日がやって来るのを楽しみにしております。

 それでは、行って参ります。

12-06-12-1.jpg

追伸:数日やむなく更新を断念するかもしれません。あしからず。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 残された日数もあとわずか。今日は「私物を郵便局から船便にて発送」しました。

 12-06-10-1.jpg
梱包した私物と発送伝票

 「『日本』と比較して物価の安い『タイ』、向こうで手に入るものはある程度向こうで手に入れればいい」のですが、なんでもかんでも全て、というわけにもいきません。また、特に「日本の『本』や『お茶』『お菓子』等はタイでは非常に高額」です。送料と必要性を突き合わせながら色々と検討して、私物の一部を発送することにしました。
 発送手段を色々チェックしましたが、日本からタイへ物を送るには「国際郵便」が一番手ごろだったのでそれをチョイス、下の画像が伝票です。向かって上が「EMS(国際スピード便)」用伝票、下が「一般の発送伝票」「航空便」「SAIL便(割安航空便)」「船便」の3方法に対応します。詳細に興味のある人は「日本郵便」の「国際郵便」ページをご覧下さい。

12-06-10-2.jpg
「EMS伝票」と「普通伝票」いずれも「物品用」

 詳しい発送方法はまた別記事としてあげますが「発送元」「受取元」「内容詳細」「内容重重量」「相当価格」を明記、いずれも「英語」「フランス語」もしくは「送付先の母国語」で記入です。発送方法を選択(上記3種のうちどれにするか)するのと、「相手が受け取らなかった場合の処理方法(廃棄か返送)」を選んで、あとは「発送者のサイン」。必要であれば「保険」も掛けられます。「国際小包」は荷物の重量やサイズにも規定があり、荷受国によって色々と違いがありますのでご注意を。「タイ」の場合は発送方法に関わらず「重量30Kg、サイズは長さ1.5m迄、さらに長さと横周の合計3m迄」となります。送料は当方「愛知から発送」の場合、リミットの30kgでEMSだと26200円!高い!船便だと11300円(これも決して「安い」とは思いませんが・・)。もっとも、30kgだとかなり重いので、結構な分量が送れます。ただ、「1個に梱包する」のが大変だと思いますが・・。私は受け取ってからの持ち運びも考えて梱包あたりせいぜい11~12kg、船便保険付きで梱包あたり7000~8000円というところです。
 タイまでは船便で約一ヶ月が目安になります。しかし実際には随分と早く着くケースもあるようで、その辺は状況によるのでしょう。
 
 「もしも」の場合も考えて、「最悪の場合は紛失してもあきらめのつくもの」を選んだことは間違いありません。補填の意味で保険も掛けました。「大事なものは持参する」に限ります。「海外では何事も自己責任」、これが私のモットーですから。さてさて、この荷物が手元に届くのには何日かかるでしょうねぇ、待てど暮らせど届かなかったりして・・@@;

<今日の一枚>
陰の立役者
12-06-10-3.jpg
ご存知「プチプチ」等の愛称で知られる「エアキャップ」と幅広の「プラスチックテープ」。実に重宝します。特に「エアキャップ」は梱包だけでなく、幅広く対応します。先日「タイ」で一緒だった友人も「スーツケース内の荷物の緩衝材」として非常に上手に使っていました。あると便利ですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日はちょっと変なタイトルですが、内容はその名の通りで、「カブトムシとのお別れ」です。

12-06-08-1.jpg
カブトムシの入ったケース。これから出発、母校へと向かいます。

 昨年のお盆に両親が「カブトムシ」を4~5匹貰ってきました。もともとペット飼育の趣味のある管理人、たしか東京の甥が「昆虫採集に行ったにも関わらず一匹も取れなかった」という話を思い出し、「どうなるか分からんけどとりあえずチャレンジしてみるか」と飼育を始めました。もともと「カブトムシはたった一年の命」。飼育を始めてまもなく全て死んでしまいました。しかし「もしかしたら卵があるかも」とそのまま取っておいたら秋に「9匹の幼虫」を発見、頑張って手入れした甲斐もあって9匹とも見事に越冬しました。

12-06-08-2.jpg
幼虫と初めてのご対面、初齢(虫が嫌いな人、ごめんなさい・・)
12-06-08-3.jpg
越冬明けの幼虫達、終齢ともなると皆デカイ・・

 甥が欲しがったらあげようと張り切っていたのですが、残念ながら「彼は今『電車』に夢中で『カブトムシ』には目もくれません」、トホホ・・一方、カブトムシはもうサナギを通り越してすでに成虫の形をしています。

12-06-08-4.jpg
見難いかもしれませんが、サナギを通り越しメスとわかる状態。

 タイ行きが決まってからどうしようかとずっと思案していたのですが、結局最初から頭の片隅にあった「母校の小学校に謹呈する」ことに決意しました。電話して事情を話したところ非常に喜んで貰えたので、早速日時の約束をして持って行くことに。校長、教頭、一般教諭まで挨拶に来てくれて、こちらが恐縮。生まれて初めて「いいこと」で校長室に入りました(笑)。変わらぬ学校の佇まいにほっとしながら、自分の子供時代を思い出しました。

12-06-08-5.jpg
正面に学校の門が。何年ぶりなんだ、一体。

12-06-08-6.jpg
30年以上が経過しても、校舎の佇まいはほぼそのままでした。
 
12-06-08-7.jpg
体育の授業中、オレにもこんなときがあったのか・・

 「生物を飼育する以上は最期まで看取るのが飼育者の責任」、そういう思いがあって今回の決断には自分自身に少し「後ろめたさ」があったのですが、学校側は「学校で頑張って増やして、その後はまた生徒に配るなりします」という意気込みであったため、本当にありがたく、また嬉しく思いました。ペット飼育が趣味の管理人、もともとから「今時の子供達は『生き物に触れ合う機会』が少ないので、なにかそういうことに繋がる機会を提供できるといいなぁ」と思っていて、「この『カブトムシ』をとりあえず自分で飼って、ある程度増えたら『児童館』や『小学校』みたいな『昔自分がお世話になったところ』にご恩返しのつもりで謹呈しよう」と思っていたので、少しでもそれに近いことが実現できたことに満足しただけでなく、今回学校に足を運んだことでしばし「子供返り」ができました。実に懐かしかったなぁ。たまには足を運んでみるものですね。
 元々は「タダ」でもらってきたものはいえ、「命は命」。今回こんないい思いができたのは「きっと『カブトムシ』が世話をしたその恩返しをしてくれたのだ」、勝手にそう思っています。
 『カブトムシ』さん、さようなら。皆に可愛がって貰って下さいね。

<今日の一枚>
我が家には実は他にもまだいるのだ・・「テラピア」というのが・・
今日は例外的に本文を先に。実は私はこれ以外にアクアリウムが趣味で、魚を飼っています。「スッポンモドキ」を飼ったり、「メダカ」や「金魚」を飼ったり・・今水槽が4基あって、一基が「グッピー」と他3基は「テラピア」です。この「テラピア」が「クセモノ」で・・あとは画像をどうぞ・・ちなみに「水槽は90cm」です。
12-06-08-8.jpg
これが「ナイルテラピア」。写真の「日付」に注目
12-06-08-9.jpg
ウソでも何でもありません。たった二ヶ月でこのサイズに・・
12-06-08-10.jpg
そして一年強の現在。(@@;)!!ほぼ45cm、缶と比較してください・・

 管理人は釣りが趣味で、タイでも「釣堀」によく行く(興味のある方は「旅行記・現地から2:釣堀に行きました」をご覧下さい、またあらためて「遊び」カテで詳しくアップしますが・・)のですが、そのときに釣ったのが縁で、日本でも釣り場を探して結局20匹くらい持ち帰ってきました。何しろよく食う!そしてあっという間に大きくなる!!驚きの連続でした。たまらず飼育の途中で次々に釣り場に「里帰り」させて、今は3匹です。父母曰く、いまや「ご近所のアイドル」らしく手放せません。父が面倒を見るといっていますが、どうなることやら・・
 ちなみにこの「ナイルテラピア」、「当時の『タイ王国』の食料(たんぱく質)不足を補うために『日本の天皇』から贈られたという代物」だそうです。タイでは「プラー・ニン」と呼ばれており、「この『ニン』はその魚を贈呈した当時の天皇の名前(明仁)にちなんだ」という話もあるようですが、実際にタイ人に聞いてみると「タイ語で『ナイル=ニン』ということで、アチラ的には『ナイルの魚』という解釈」になっている節もあり、真相は定かではありません。「テラピア」といえばいまや「『タイ』に限らず『アジア』の代表的な食用魚」、ところがタイへ持ち込まれたのは最初50匹だけだったとか。実際に飼ってみてわかりましたが、ものすごい生命力と繁殖力。あっという間に国を席巻したこと、納得です。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
137位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。