上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 こんにちは、今日は久々に「タイに住みタイ!」ネタを上げてみようと思います。先日個人的にあったトピックス、どのカテゴリにしようかと考えたんですが、とりあえずここですね。一体何のネタかというと「エアコン」です。

 タイは南国、日本と違ってエアコンは年中稼働しています。ですから汚れもひどいし損耗も凄いですが、何年も使用するためにメンテナンスは欠かせません。そんなことからエアコンに関わる会社もゴマンと存在しています。
自分が住んでいるコンドミニアムにもエアコンがついていて、基本的には一年中毎日稼働しています。
 こんな国の状況で一番発生するエアコンのトラブルといえば「水漏れ」。気化熱等で出てきた水、本来は室外に排出されるべきものですが、長く使っているうちに排水パイプがつまったりしてエアコン本体から水漏れが・・さらに、タイはエアコン設置も「マイペンライ設置」。「水なんて漏るべくして漏る」くらいずさんな設置状態も当たり前くらいに存在しています。在住者に限らず旅行者でさえ遭遇するであろうこの「水漏れ」事態、収拾の仕方はというと・・

13-07-31-1.jpg
エアコン清掃中♪

 そう、さしあたり一般的なのが「メンテナンス業者による清掃・調整」なんです。これがまたなかなか本格的、結構色々持ち込んでかなりしっかり清掃してくれます。清掃後はメチャクチャ冷えるようになります!

 しかし先日度重なる水漏れ、直しても直しても一ヶ月やそこらで再び漏ってくる・・業者いわく「パイプまでやんないとダメですよ」ということだったんですが、ウチの大家さん、最初は「清掃だけで大丈夫!」と首を縦に振りませんでした。が、しかし三回連続で漏ったときにはさすがにあきらめたのか、「パイプ、やりましょう・・」となったんです。

 さて、パイプまでやりかけると凄いことになります。エアコンのカバーを引っぺがした上に、最終的にはエアコン外して分解して清掃し始めました!!さらにパイプも外されてこちらも吸引機や薬品使って清掃!普段の清掃が30分くらいなのに対して今回は1時間半くらいかかったでしょうか、いやいや、お疲れ様でした♪

13-07-31-2.jpg
エアコンのカバーを外したと思ったら・・

13-07-31-3.jpg
あら、エアコンがどっか行っちゃいました・・

 この作業後はエアコンの音自体まで静かになって実に快適♪「冷えすぎちゃって困るの~♪」と歌いたくなるくらい機能を回復しました♪

 さて、余談ですがこの清掃業者、実に数多くあって腕前もピンキリ。いまウチがお願いしているところは非常に腕がよくて安い♪この辺を探すのもタイの醍醐味ですねぇ♪なお、ウチのコンドの場合はエアコンもひっくるめて賃貸なので、この辺のメンテナンス費用は「大家が払う」が基本です。ですからこういったトラブルの場合は事前に大家に連絡をしてどう対応するかを決めるのが一般的。皆さん、タイにきて住み始めたら、賃貸物件の場合は自分で勝手に色々手を入れてはダメですよ!!ちなみに、もしこのエアコン、「自分で買って取り付けた」というのなら煮て食おうと焼いて食おうとアナタの勝手、ということです。「いざ」というときの参考にしてください。


 フェイスブックにて「自分の日常」および自店「細道の奥」の近況は細かくアップしています。是非ご覧下さい&「いいね!」お願いします。また、友人申請も受付中、メッセージ下さい。
FB「細道の奥」 https://www.facebook.com/Hosomichi.No.Oku.jp
管理人FBページhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100003902870156&fref=ts

また、「細道の奥」については「当ブログ内『細道の奥』カテゴリー」にてもすこしずつアップしています。
http://sure16.blog.fc2.com/blog-category-41.html

BTSトンロー駅三番出口すぐ横、1Fにロータスエクスプレス24Hが入っているビルの2F~屋上が「細道の奥」です。営業時間は月曜日~木曜日がカフェ部門「利休&離宮」9:00~22:00、マッサージ部門「さば~い庵」10:00~23:00(最終受付22:00)、金土日はカフェ9:00~22:30、マッサージ10:00~24:00(最終受付22:30)です。水曜定休となります。電話番号は02-391-8898、お気軽にお電話ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 管理人がタイに住むようになって感じたことは「写真をちょくちょく使う」ということでした。「ビザの取得」とか「コンドミニアムのプール&フィットネス使用許可証」とか・・何に使ったか忘れてしまった部分も沢山あるんですけど、とにかく二枚か三枚日本から持ち込んで、さらにこっちで8枚追加して、でも今もう二枚しかないですから、結構顔写真を使ったんだなぁと自分でも少し驚くほどです。使用頻度は人によるのかもしれませんが、とりあえずここではその証明写真の準備の仕方をお伝えしましょう。

 日本には結構便利な「証明写真機」とかがスーパーや駅なんかに設置してあったりしますが、タイの場合はまだまだ「写真屋さん」が健在。そこで撮って貰うのが普通です。

13-01-08-1.jpg
バンコクにはこんな感じの写真屋さんがそこらじゅうにありますよ。「コダック」「コニカ」が殆どと思います。

13-01-08-2.jpg
中は至って普通のカメラ店らしく「デジカメ」とか置いてありますが、さらに「コピーサービス」とかもあります。

13-01-08-3.jpg
よく見るとまだ「フィルム」を売っているんですよね!!そういえばこの間「フィルム式カメラ」直しに来ている人、見かけました。

13-01-08-4.jpg
こんな感じでサイズや枚数を選ぶことが出来ます。

 基本的にはサイズと枚数を決めたら後は店主にお願いするだけ。基本的には店主がデジカメで撮って、その場で必要な枚数を焼いてくれます。店にもよりますが、所要は早ければ10分足らず、長いと20分以上かかることも。枚数が多いほうが割安なんで、髪型とか特に変えないような人なら結構枚数取っておいてもいいと思います。

 空港や入国管理事務所等、いざ必要なところには結構即席のような、あるいはそれに近い写真屋がいますが、値段が割高な上に場合によっては人が多くて待ち時間もかなりかかる、何てこともあります。そんなときは「備えあれば憂いなし」、管理人のお勧めです。

<今日の一枚>
やっぱりこのお方が・・
13-01-08-5.jpg
写真屋に限らずですが、特に写真屋は国王をはじめとする王族の写真の展示が多いです。流石は「タイ王国」

 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は「タイでの住居向けのインターネット環境の構築」について少しお話をしたいと思います。いまや「常識」といっても過言ではなくなった「インターネット」、世界を身近にした画期的な仕組みですね。40代も半ばの管理人は「インターネットがなかった頃の世の中」を知っていますので、この短期間によくぞまぁここまで発達したものだとその進化の速さに驚くばかりであります。かくいう私とて、このブログもインターネット環境なくしては書くことが出来ない世界、お世話になりまくっているわけですね、ありがたやありがたや♪

 タイでのインターネットサービスを提供する会社の代表的なものは「TOT」「True」の二社といえるでしょう。積極的に顧客獲得活動をしているのは「True」だと思います。管理人も「True]に申し込みました、ウチのコンドミニアムでもプロモーション活動で来るので。自分から申し込みに行く場合は大型ショッピングセンターやデパートなんかにいえばほぼアンテナショップがありますから、そこで申し込みが出来ます。

12-12-20-1.jpg
管理人が使っているモデム

 申し込み方法はいたって簡単、住所や電話番号から回線種別を特定、自分の住居にあった回線からプランを選びます。現在タイでは回線は「ADSL」もしくは「光」が基本、住まいによって使える種類がほぼ決まってくるはずなので、あとは回線速度と価格と相談しながら自分にあったプランを決めればいいと思います。回線速度は「ADSL」「光」とも4、5種類だったと思います。料金は基本的に月額で、速度が速ければ早いほど価格は高くなります。申し込みの際にモデムを借りるか自分のものを使うか尋ねられると思いますので、適宜答えましょう。
 ちなみに管理人の住まいは「ADSL」です。拠点からの距離も読めないので実効速度もわからないし、とりあえず最安の「下り10M、上り512k」というプランで「月599バーツ」に申し込みましたが、とりあえず不自由なく使えています。日本の実家は「光」最速なので速さは比較にもなりませんが、高画質のストリーミングなんかに用がなければこれで充分かと感じています。「モデムはリースで確か100バーツ」だったと思います。安っ!!「ワイヤレスLAN機能」も持っています(今時当たり前といえば当たり前ですが・・)。
 なお、USBのwi-fiや3Gモデム系はお勧めしません。恐らくタイの建物の構造のせいでしょう、コンドミニアムのような鉄筋コンクリートの室内では外を飛んでいる電波を捕まえにくいんでしょうね、メッチャ遅いです。ちなみに、室内は電話も通話環境がとっても悪いです。どのコンドに住んでいる人と話していてもよく切れるので、どこも似通った感じなのかもしれませんね、電波環境。

 現代人には恐らくほぼ必ず必要なネット環境、タイに住む人には必須といえるでしょう。基本的には日本と同じ、理屈が解れば海外でも同じです。必要な人は臆せず申し込みましょう!!

<今日の一枚>
管理人のPC環境
12-12-20-2.jpg
こんな感じで構成しています。最近スキャナー&プリンタも買ったんで今のところ不自由無しです。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 いよいよタイへ戻る日が近づいてきました。ここまで続けた「日本で手配!」、あと少しあるのでここで残りのものを少し紹介しましょう。

 結構時間がかかったのは「クレジットカードの選定し直しと発行手続き」、結局下の画像のようになりました。向かって左が「旧体制」、右が「新体制」です。また「渡航」カテゴリーに「独断と偏見のカード選び」くらいのタイトルで詳細は書きますが、何しろ一番大きかったのが「タイ国際航空がVISA提携カードを発行した」というのが大きいです。これで全体のバランスが大きく変わってきました。「ロイヤルオーキッドカード(「タイ国際航空」のカード名称):JCB→VISA」、「ANAカード:VISA→JCB」、そして「JALカード:VISA→Master」へとそれぞれ移行しました。「JALカード」は発行が間に合わなかったので今のところ申請用紙を入れていた封筒に化けています。

12-11-10-1.jpg
これでとりあえず自分的には万全のつもり♪

 「ロイヤルオーキッド」は実に2~3日の超特急でOK、「ANAカード」もほぼ一週間のスピード発行(但し双方とも「オンライン契約&オンライン引き落とし口座申請手続き」が必要)でした。対し「JALカード」は発行に時間がかかるというのが常、一枚目を作る時も多少時間がかかりました。但し「JALカードの場合は電話でスピード発行を依頼することが可能」、その場合は恐らく2週間強でなんとかなるものと思います(通常では発行までに4週間程必要とのこと)。

12-11-10-2.jpg
電話でスピード発行を申し込むと「EXP」のスタンプが入ります

 私の場合は電話でスピード発行を依頼したのが帰国二週間前で「申し込み書類送付の日数を含めるとタイへ戻るまでにカード発行を間に合わせるのは難しい」ということでしたが、どうせ発行するのだからということで話を進めました。受け取りは次の帰国時のお楽しみにしようと思っています(全然楽しくない?)。
 ちなみに、「ANA」も「JAL」もここ何年かのうちに「マイレージのシステムや配分割合」を変えるようですね。もう「ANA」は発表していますし、「JALも・・」という話を耳にしました。カードの使い方も考えることになるかもしれません・・


 さらに、「システム手帳の予定表」も日本で購入しました。「タイ」では「タイのカレンダー」は幾らでも手に入りますが、「日本のカレンダー」も持ち合わせているほうが何かと便利。特に「日本の祝祭日の表記」はあると助かることが多いです。

12-11-10-3.jpg
私の場合は「週間スケジュール」が一番使いやすいです♪

 私は「PCっ子」なのでスケジュール管理は基本的に「予定管理アプリケーション」を活用していますが、同時に「システム手帳」も使います。データがとんだときのバックアップになりますし、「ノート内の予定が埋まって、それをこなしていくのは醍醐味の一つ」、それが昔からの個人的な習慣です。

 本当はまだまだありますが、あとは仕事に関わるものであったり、タイにいる友人達へのお土産だったりしますから公表は差し控えようと思います。楽しみが減っちゃうしね~♪

 帰国予定は12日、明日(日付的にはもう今日ですね)は友人のクラシックバレエを見に行く約束があります。残りわずかですが、しっかり残りの予定と約束を果たそうと思います。

<今日の一枚>
番外編:タイで手配!!
12-11-10-4.jpg
今回帰国の際、定期的にタイに遊びに来る友人に「何かほしいものはないか?」と訊くと「タバコを買ってきて欲しい」といわれたので、空港で購入してきました。何を隠そう私は以前「某タバコメーカーのキャンペーンの東海三県及び静岡、北陸地区のチームリーダー」で、収入の大半をここから得ていた時期があります。ですからタバコに関しても人一倍詳しかったのですが、その仕事から離れて実に10年以上、そして自身もタバコを止めて既にほぼ7年、今では値段も知りません。最近知ったのですが、今日本でタバコは一箱400円以上もするんですね!!僕の時代には一箱220円~250円、高いものでも300円といったところでした。キャンペーンをやっていくうちに値上げはありました(値下げもありました)が、それにしても急激な値上がり、これにはビックリしました。友人が「買ってきて欲しい」というのもごもっとも。喫煙者にとっては切実な時代ですね・・ですからせめて可愛いお姉さんの袋をあわせて渡しました・・おしまい♪
12-11-10-5.jpg

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、なんだかんだとここまで3回にわたって続けてきた「日本で手配!」シリーズ?ですが、まだまだ続いております。今回は少しマニアックな話題。恐らくブログタイトルだけでは詳細が解りにくいのですが、「エアポンプ」です。

12-11-09-1.jpg
これが今回手配したポンプ、「ニッソー」製♪

ちなみに、ここでいう「エアポンプ」というのは「観賞魚用のエアポンプ」のこと、でも「普通のコンセント式エアポンプ」とはちょっと異なった「乾電池駆動式エアポンプ」なのです。なぜこんなものが必要なのかというと「停電対策」。「タイ」に住むようになれば、あるいはちょくちょく遊びに来ている人は経験されているかもしれませんが「バンコクは停電天国(変な表現だな・・)」、実に頻繁に停電があります。特にウチのコンドミニアムは設備のメンテかなにがしかで本当にしょっちゅうある。普段は数秒、数分のことですが、まれに数時間にわたることも・・当ブログ読者のなかには「管理人が金魚を飼っている」ことをご存知の方もみえるでしょうが、先日非常に長い停電があった際にウチの金魚さん達、「鼻上げ(空気を取り入れるために水面でパクパクやるアレです、主に酸素不足のときに見られるしぐさ)」をしたので、これはいかんと。これはいわば「溺れている」ようなもの、最悪「ご臨終」になるケースも・・ということでポータブルのポンプを手配した、というわけです。

12-11-09-6.jpg
少し前の写真ですが、元気な金魚さん達♪「エサをよこせ♪」とウルサイくらいが元気な証拠!

 さらに、今回このポンプを手配するに当たっては効率をを考えました。タイに来るようになってから管理人は「乾電池」党。もともとは「カメラ電源(撮影中にバッテリー切れを起こすことほど不便で残念なことはないので、現在も頑固に「単三使用モデル」を使っています)」に端を発したのですが、いざこうなると「電動歯ブラシ」「電子辞書」・・すべて電池使用モデルに。今回のポンプは本来「単一×2」というものでしたが、「単三→単一変換アダプター」を駆使して対応しました。しかしてその結果は・・

12-11-09-2.jpg
今回購入したポンプと変換アダプター、果たして上手く機能するんでしょうか?

12-11-09-3.jpg
とりあえず変換アダプターに単三エネループを二本ずつ入れて・・

12-11-09-4.jpg
きっちりセット♪ばっちり動きました♪よかった♪

12-11-09-5.jpg
いつもお世話になっている「エネループ」、「プロ」も含めて12本持っています

 おかげさまで問題なく駆動、かなりの長時間稼動させることができるようになりました。これで金魚も救われます。ちなみに私が使っているのは「エネループ」、もう数年にわたっていますがまだまだ使えています。もちろん「タイ」でも売っているので手配が簡単、私の「サバーイ♪ライフ」の大事なお供です。
 ところで、ホテルで停電が会った場合、最悪は「セーフティボックス」も機能しない可能性(おおきなホテルは予備電源を持っているのが普通ですが・・)もあります。その辺を少し頭に入れておくと旅行者の方はいいかもしれません。そんな電源事情からか、「タイ」では「いまだにレジをつかわず金庫で金銭管理をしているお店」が沢山あります。「郷に入らば郷に従え」ですね。

 いよいよタイへ戻る日が近づいてきましたが、まだまだネタがありますので、頑張ってアップしようと思います。

<今日の一枚>
観賞魚用えさやり機
12-11-09-7.jpg
「オートフィーダー」と呼ばれるこの機械、タイマー内臓で、時間が来ると勝手に規定された量のエサを与えるというスグレモノ。今回は知人にエサやりを頼みましたが、今回はこれも持って帰ります。ちなみにこれも乾電池駆動。まぁ金魚の場合は10日~2週間ほどのエサ切りはむしろ健康増進に繋がる場合もありますが・・しっかりと水草なんかを入れておけばよほど飢え死にすることはありません。わたしも「断食」経験者、健康増進にはいいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 帰国後から続けているこの「日本で手配!」ですが、まだネタは尽きません、続けていきましょう。今日は「カメラの修理」です。

 お盆の帰省時にデジタルカメラを購入しました。今まで使っていたモデルの電池のフタが怪しくなっていてご臨終間近という感じ、ということでずっと買い替えを検討していたのです。購入するモデルを決めた後は「同じ機種がタイでも売っているかどうか、価格は幾らぐらいか」を確認するために、タイにいる友人に連絡を取って値段を調べて貰いました。すると!!タイでも販売されているのですがなんと日本で買ったほうが価格が安い!!どうやらモデルチェンジのために在庫の一掃を図っていたようでした。なので日本で購入したわけですが、「問題」はここから。新品のままタイに持って行き、使い始めたところがどうも調子が悪い、どうやら「不良品」にあたってしまったようです・・
 こんなこともあろうかと念のため「保証書」も一緒に持って来ました、「タイで取り扱いがあるのだから恐らくタイでも修理が利くのではないだろうか」と・・しかし甘かった!!問い合わせたところ「日本で買った製品に関しては日本でしか保障は受けられません」という回答・・「これは抜かった!」と反省しましたが「後の祭り」。色々と勘案して今回の帰省の間に日本に持ち帰って修理に出した、という流れとなりました。

12-11-05-1.jpg
修理を終えて返ってきたカメラ

 ところで、今回のカメラですがこれもお得意、「Amazon」での購入、修理の流れについても全て「Amazon」経由で行いました。ちょっと感心したのはその「サポート体制」。「交換・返金」も含めて非常に沢山の選択肢がありました。今回の私のカメラは上記の通り「モデルチェンジのために既に在庫が売れてしまって交換用のものが用意出来ない」ということで「返金」もしくは「修理」という選択肢となったわけですが、いずれを選択したにせよしっかり納得が出来る対応だったと思います。なお、そのやり取りは全て「チャット」で行えました(「amazon」のウェブページ内にそういったカスタマーサービスがある)。このチャット、「24時間体制」だそうです。

 今回のこの一連の出来事は非常に有益だったと思います。メーカーにもよるのでしょうが、「日本で買ったものは基本的に日本で対応する」としたほうが良さそうですね。今後はこういったことを念頭に入れるとともに、「買った電化製品はすぐに動作確認する」ということを習慣にしようと思いました。皆さんもお気をつけ下さい♪
 この「家電」あたりについてもまた「タイに住みタイ!」でもう少し突っ込んだことをアップしようと思います。

<今日の一枚>
「Amazon」の気が利くところ
12-11-05-2.jpg
通常、通販では商品と一緒に「納品書」が送られてくるものと思います。私はあまり気にせずさっさと処分していました。でも、確かに保証を受けようとした場合は「お買い上げ証明書」が必要、これがないと保証を受けられないことも・・今回、修理をすると決断するに当たってその納品紛失の話をオペレーターに伝えたところ、速やかに「再発行」してくれました。この辺、気が利いてると思いました。「Amazon」さんに感謝です♪

さて、私は今日から大阪へ行きます。二泊程の予定で「タイ」をキーワードに新しく繋がった方々とお会いする予定です。「新しい一歩」がさらに新しい色々な道へと繋がっていきます。本当に面白いものですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、前回に引き続き今回も「日本で手配したもの」というテーマのもと、一つご紹介をしようと思います。今日はその第二弾、「ACアダプター」です。

 日本とタイでは電圧が違います(日本は100Vでタイは220V、よければ「電気1:タイの電気に関する基本情報」「電気3:ホテルのコンセント形状と実例」あたりをご覧下さい)。そんなことはこのように当ブログ内でも書くくらい全然当たり前に解っているつもりの管理人ですが、引越し後にやらかしてしまいました、「コンセントのさし間違いww」、何をボーっとしていたのか、220Vのところに100V製品を・・おかげで「ACアダプターがご臨終」に、勿論その製品もウンともスンとも動きません @@;;・・最初は220V対応で同出力のACアダプターを探しましたが、こればかりは「相手(つなぐ製品のこと)」が決まっているのでソケット形状を含めなかなかあうものがない、できれば改造もしたくない・・結局タイで購入するのは断念、今回帰国時にそのアダプターを持ち帰り、ネットショップにて同品を検索、無事ゲットできました♪

12-11-03-1.jpg
左が新品、右が壊れたほうのACアダプター

 どんなものでも極力「何の支障・問題もなくタイで使える」ものにすることに越したことはありませんが、どうしてもそういったものが見つからない場合は致し方ないでしょう。ただし、自分のミスを含めこのようなリスクはあります。そして「壊れた場合は日本の製品に関わるものは基本日本で手配する、それが一番確実」だと思います。
 しかし今のネットでの製品購入は本当に便利ですね、こういったパーツの類のようなものでも実に簡単に見つかる。価格も1000円、おかげで助かりました♪

<今日の一枚>
私が自室で使っているトランス(変圧器)
12-11-03-2.jpg
これは100V出力を持つタイプのものです。機械の精度がよくなってくるとサイズが大きくなってくると同時に価格も高くなってきます。昔安いトランスをつかって痛い目にあいました。また「タイに住みタイ!」で詳しく書きます。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、お盆に続き二度目の帰省、前回は比較的遊び目的が基本だったのですが、今回は今後私がタイにてはじめようとしている仕事に関わる用件も多く、前回の帰省とはその内容が随分と違っています。そんななか、「これはブログのネタにしても意味があるかも」ということが幾つかあるので、この帰省期間中にボツボツとここで小出しにしていこうと思います。とりあえずは「日本で手配したもの・こと」ということに焦点を当てて紹介していきましょう。今日は「本」です。

 ある日のこと、バンコクのとある書店で見つけたのが下の画像の本。タイ語の勉強になかなか役立ちそうなので欲しくなりましたが、その時点で既に日本への一時帰国の予定があったこと、さらに、急いで入用というわけではなかったので、結局今回の帰国後に購入しました。

12-11-01-1.jpg
タイ語に精通している「馬場陽子」さん著作。興味で買ってみた♪

 タイでは本屋さんはまだまだとっても盛況。「紀伊国屋」なんかの大型店舗も含めて非常に沢山の本屋さんがあります。日本人向けに日本の書籍を沢山置いているお店もありますが、問題はその価格。関税を反映してのことでしょう、「販売価格が非常に高い」のです。日本と比較しても差額がバカになりません。なので私の友人でタイ在住の人のなかには、帰国の際に本を持ってきてくれるようお願いしてくる人も・・気持ちはとてもよくわかります。

12-11-01-2.jpg
タイで買った「日本人向け日本語表記のタイ国内発行」の本。漢字記載なのに「バーツ」表記しかないのがいいね♪

 本に限ったことではないですが、私の場合、買い物は「アマゾン」や「ヤフオク」等を主軸とした「ネットショップの利用」が多いです。さらに「購入者レビュー」なんかも充実していると製品購入の一つの指針として非常に役立ちます。普段は「実際に目で見て手で触って買う」、いわゆる「アナログ基調」なのですが、なんといっても「買い物に割く時間が一番短く済む」ところが最高に気に行っていて、このような一時帰国時には極力上手に活用するようにしています。また、本は必要度に合わせて「中古本から探す」場合もあります。ベストセラーだったりすると中古市場にも数が出回っている場合が多く、コンディションのいいものが結構安価で手に入ります。この場合はネットのほうが探しやすいです。

 最近は「電子書籍」も活発に出てきていますが、非常に便利な反面「ディスクのご臨終」とともにデータが飛んだりしたときのリスクやバックアップの手間・面倒を考えるといまひとつ手が出ません。また、私は元々「本に色々と書き込むタイプ」なので、その辺を考えると「実本」がいいのです。さらにいえば・・「まだタブレット端末を持っていなーいっ!!!」・・これも大きな理由かもしれません・・
 でも、一番大事なのは、「実本は古くなるから長く持てば持つほどに愛着が深まる」というところでしょうか。15~20年以上の付き合いの本は結構あります、そしてもうかれこれ30年以上持ち続けている本も・・今回のタイへの引越しに当たって、大事なものは全てタイに送りました。今はその殆どが私のタイの自室の棚に一様に並んでいます。私にとってはかけがえのない本ばかり、一緒に仲良く歳をとっていこうと思っています♪

<今日の一枚>
大好きな本のうちの一冊
12-11-01-3.jpg
 1988年刊行の「狼達への伝言」、落合信彦氏の著作です。当時学生だった私、この頃も相変わらず跳ねっ返りで「自分なりに果たしてどう生きていけばいいのか」を模索している頃でした。このときは「落合信彦」という人のことはなにも知りませんでしたが、本のタイトルが気になってなんとなく手を延ばして中身に目を落としたら・・@@!そのまますぐお買い上げ、その日のうちに読み終えてしまいました(長い本ではありませんし、あっという間でした)。この本は世間一般に言うところの「良書」とは明らかに違うと思います。ただ、自分のことを飾らずに生きている著者に共感し、また、その生き方に驚嘆し感動しました。この人がそうであるように私も自分を飾ることが出来ないのです、そして、私の父もまたそのような人物です。
 「スティーブン・R・コヴィー」「デール・カーネギー」「キングスレイ・ウォード」「孔子」「道元」・・このように「尊敬できる人」は沢山いますし、彼らの本も読みましたが、「落合信彦」は「好きな人」であり「好きな漢」です。なんとなく自由のにおいのする人物、そんなところが気に入っているんでしょうね。

 この本は本当に何度も読んで何度もペンを入れて中がメチャクチャになってしまいました。なので割と最近ネットでコンディションがいいのを探してもう一冊買い足しました。これが「そのもう一冊」、一方の「メチャクチャな一冊」のほうはタイの本棚に鎮座しています。「色々なことを教えてくれた本なのでキレイなものを一部持っておこう」と思ってのこと、私にとってこんな本は二度と出てこないだろうなぁ、そう思っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 住まいの段取りがついたら次に必要になってくるのは「お金」ですね。ジャングルの奥地であればいざ知らず、タイでは「貨幣」が必要です。それに伴ってあると便利、いや、無いと困る「銀行口座」、今日はその「銀行口座の作り方」について説明しましょう。

 タイにも沢山の銀行がありますが、メジャーなところは大きく3つで「バンコク銀行※日本語ページです」「サイアム・コマーシャル・バンク」「カシコン銀行※日本語ページです」ですね。これら以外にも「アユタヤ銀行」や「UOB銀行」「クルンタイ銀行」等、大小あわせて非常に沢山の銀行があります。

 私が今回口座を作ったのは「サイアム・コマーシャル・バンク」です。画像をいれながら説明していきます(といっても何も難しいことはありませんが・・)。

12-09-29-1.jpg
 これが「サイアム・コマーシャル・バンク」、ここは「BTSナナ駅」を出て「スクムビットソイ11」を少し入ったところにある支店です。なぜ「サイアム・コマーシャル・バンク」を選んだかというと実に単純!!「紫色が好きだから」です(アホな理由ですみません・・)!もっとも、「一番歴史のある銀行」でもあるようですが・・支店の多さも魅力でした。

12-09-29-2.jpg
 今回口座を作るにあたって用意したものはたったこれだけ。「パスポート」と「コンドミニアムの賃貸契約書」です。以前から各銀行にある程度問い合わせしておいたので何が必要なのかを把握していましたから、実際の流れはとてもスムーズでした。事前に用意するものは「身分証明(外国人の場合はパスポート)」「住所を確認できるもの(私の場合はコンドミニアムの契約書を使いました)」、そして「タイの電話番号」です。ちなみに電話番号はプリペイドのものでも構いません。ちなみに、「パスポート」については「パスポートのコピー」で対応しました、私の場合。それでも作れちゃいました♪

12-09-29-3.jpg
 銀行内はこんな感じです。「撮影禁止」と後からわかったのですが、一枚撮ってしまったのでせっかくですからアップします。向かって左のスタンドサービスが「預け」「引き出し」「振込み」の業務が基本、右側のデスクサービスが「口座開設」「定期預金」的な感じで、その辺は日本となんとなく似ているといえば似ています。しかしこの辺の業務がきっちりと分化されているというわけでもはなく、右側のデスクサービスが空いた場合、左側のスタンドサービスに対応してくれることもあります。

 行内で業務案内する人がいるので(いなければ適当な行員に告げればいいのですが)、口座を開設したい旨を伝えます。普通口座は「セービング・アカウント(英語)」、もしくは「バンチー・オムサップ(タイ語)」です。上記の必要書類を提出すると適当にコピーをとられて、そのコピーに自筆でのサインを要求されますからサインをします。この場合は「パスポート内のサインと同様のサイン」、つまり氏名が漢字であれば同じく漢字のサインをするのが普通です。一方、一部(通帳の名義用等)にはアルファベットのサインも必要になりますので気をつけましょう。さらにキャッシュカードの要・不要を訊かれるので、必要に応じてその旨を伝えてください。キャッシュカードがないとタイでは特に不便ですので是非作りましょう。日本と同じく4ケタの暗証番号が必要になります。概ねどこの銀行でもキャッシュカード発行手数料200バーツ程が必要かと思います。また、口座開設のためには最初ある程度の預け金が必要です。「幾ら以上」という決まりは特になかったかと思います。

12-09-29-5.jpg
 概ね15分程で全ておしまい。一部の銀行では「キャッシュカード作成に数日必要で後日住所宛に送付、もしくは再び取りに来る」という段取りをとるようですが、今回の私の場合はその場で出てきました。こういった迅速なのはありがたいですね♪

 ところでこの「口座開設」について、「バンコク銀行」だけはかなり厳しくて「ワークパーミット&ビジネスビザ」や「在住証明」なんかが必要になってくるようです。ですから「バンコク銀行の口座開設は非常にハードルが高い」といわれています。一方、他行については「滞在しているホテルの住所を在住証明にして通帳を発行してくれるところもある」ようです。ですから「特に銀行さえ選ばなければ口座開設は難しくない」というのが私の主観。どこで開設するかはご自身の状況や都合に合わせて選べばいいと思いますが、出来ればメジャーどころの銀行が何かと楽でしょう、ATMの数も変わってきます。口座開設を考えている人、決して難しくありませんよ、是非参考してください。

<今日の一枚>
どの銀行でも目にする「お水」
12-09-29-4.jpg
タイにはもともと「お茶」や「コーヒー」を飲むという習慣はなかったようで、それは文明に伴ってのこと、昔から基本は「お水」だったようです。その名残でしょうが、どこの銀行でもお客さんのために「お水」が用意されています。ちなみにタイ語で「親切=ナムチャイ」でこれを訳すと「水の心」ですから、そういった精神的な側面もあるのでしょうね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
126位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。