上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 本来なら乾季&冬でカラッと涼しいはずのタイ、ところが今年は異常気象で結構蒸し暑かったり、雨が降ったり・・まるで雨季を思わせるような気候です。そんななか、今日は「¥¥スーパーゴージャス¥¥」なバイク用品をご紹介♪ご覧あれ~ww

13-02-21-1.jpg
でかいフードでひときわ場所を占有している「屋根付」バイク♪@@♪

13-02-21-2.jpg
「ピンクの車体にピンクのフード」、ゴージャスですね~♪どうですか、この存在感!@@♪

13-02-21-3.jpg
ライダーはなんと「ママさん♪」、お子様連れで「ロータス」にお買い物、セレブです♪@@♪あれ?よく見ると風防上にへこみが・・ちょっとそそうをされた模様ですねww

 日本でも屋根付きバイクをたまに見かけますね、ピザ屋のデリバリーバイクとか。でもあの辺は大体が「ジャ〇ロX(とあるバイクの名前です)」系の「3輪バイク」が基本、こういった「2輪バイク」でお目にかかったことが初めてだったのでかなりの衝撃(?)を受けました。このママさんと直接話をしましたが、「ああ、これ?その辺で売ってるよ、色も選べるよ、値段はねぇ・・」と何の気兼ね無しに教えてくれました。タイではそれほど珍しくないようですね。でも、自分もこれを見たことはこれまで二回しかありませんので、遭遇する率は低そうです・・
 一バイク乗りとしては、125ccくらいあるとそれなりにパワーもあってその気になれば100km/h位は出ますから、「この風防で風圧を受けながら走るのは結構危険なんじゃぁないか」と疑ったりしますが、反面ちょっと興味もあったりします。「バイク天国」タイ、需要があればこそのユニークグッズだと思いました♪

<今日の一枚>
雨の日は・・
13-02-21-4.jpg
カッパを着用するのが多いですが、なかにはこんな二人乗りも・・ヒヤヒヤするのはこっちのほうで、「前からこの手のが走ってきたとき、たまに傘の角度が悪くて運転手の顔が見えない!!@@!!ということは、向こうもコッチが見えていない!!」ww危ないですね~wwさらに最近は「『電話しながら』『メール打ちながら』バイク運転している人」がホントに増えた!!これもメチャ危ないですねぇ~、これ系の事故、最近メチャクチャ増えています!!勘弁してほしいです。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 今日は管理人が普段からお世話になっている、スーパー「ビッグC」に関わる小ネタをひとつ。
13-02-16-1.jpg
管理人の日常の友、「ビッグCエクストラ」

 こちらでは日本の「ジャスコ」のように大型店舗をあちこちに持っている「ビッグC」、そんな「ビッグC」には「こんな買い物カゴ」があるんです。
13-02-16-2.jpg
一見だけではよくわからないかもしれませんが、黒い取っ手の部分が上手く持ち上がって・・・

13-02-16-3.jpg
こんな感じで「地面を引っ張りながら歩くことが出来る」のです。「キャスター付き♪」で移動も楽々ww

 日本にも沢山のスーパーがありますが、ついぞこんなカゴにはお目にかかったことがありません。「大型カート」か、あるいは「手さげカゴ」が一般的では無いでしょうか。「ビッグC」にも大型カートや手さげカゴはありますが、それにくわえてコレがあるという感じです。ちなみに、これを集める店員もなんと「ローラーブレード」を履いて「光ゲンジ(ふ、古っ!!)」みたく「店内を滑走しながらかごを集めてくる担当」がいるという面白さ。
 このシステムが採用されている店舗がどれくらいあるのか定かではありませんが、興味があればお近くの「ビッグC」大型店に出向いてみてはいかがでしょうか?

<今日の一枚>
ここにもきちんとありますよ・・
13-02-16-5.jpg
「ビッグC」にある小さな仏閣。写真が上手く取れませんでしたが、「ヤモリ(守宮)」もいました。仏教国ならではの趣ですね。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 最近「バイク(スクーター)」を買ったのでめっきり乗る機会が減ってしまった「バス」。お値段も安くて多くのタイ人が利用している、いわば「庶民の足」。「BTS」や「MRT」が開通した今でも、一般庶民にとって「電車」はまだまだ「高い乗り物」で、特に郊外から都心に来る多くのタイ人が「バス」を主要な移動手段として利用しています。私も価格の安さとある程度何処でもいける便利さ、さらに興味も手伝って一時期「バス」を非常に頻繁に利用しました。そんななか、今日は私が現地で経験したいくつかの「バスでのエピソード」の中から印象的なものをひとつご紹介しましょう。名づけて「バスの運転手、ね、寝る!!」です。

 ある日、私がバスに乗っていたときのこと。確か「ワット・ポー」やらどこやらへ遊びにいった帰りのこと、「スクムビット通り」をずっと抜けてくる途中に大きな較差点があって、そこに到達する少し前の信号でバスは赤信号で停止しました。やがて信号が青になりましたが、バスは一向に動こうとしません。よくみると進行方向の先のほうで渋滞が起きていて、その渋滞がバスまで届いてきていたのです。「タイ」は特に「交差点の交通渋滞」はタチが悪い、車線などお構いなしで隙間があれば頭をつっこむというのが当たり前。どうやら大型バスと一般車が右左折を絡めて頭の突っ込みあいをやったまま膠着状態になってしまった模様、どちらも動きが取れないようです・・結局その膠着状態が解決される前に信号は再び赤に・・「おいおい、勘弁してよ」と思っているこちらの気持ちもよそに膠着が暫く続きました。
 やがてお巡りさんがやってきて膠着を解き始めたのはいいのですが、膠着してから随分と時間が経過してたので、いずれの方向も非常に沢山の車が溜まっています。タイの「交通整理」というのは少し不思議で、溜まった車がある程度捌けるまでその一方向だけを延々と通行させて、対向側は延々と待たされます。そのときはこちら側の通行の順番が来るまで延々5分以上待たされました。最初の膠着状態から計算して、控えめにみても恐らく15~20分は止まったままだったと思います。
 いざ前の車が走り出して、「いよいよ我々のバスの番だ!!」と思ったところが、前が空いてもバスは一向に走り出そうとしません。「おかしいな」、と思ってふと運転席をみたら、なんと「運転手がハンドルに突っ伏して寝てしまっている」ではありませんか!;@@; お客の一人があわてて運転手を揺すり起して程なくバスは走り始めたのですが、いやぁ、ここまで待ったらその気持ち、解らないでもないなぁと思わずうなずいてしまいました。

12-08-26-1.jpg
ハンドルもでかいので寝るのも簡単?お疲れ様ですねぇ。

 実際に交通整理で随分と待たされること、結構あります。車両が全部捌けるまで一方向に時間をしっかりかけるよりも、定期的に交互入れ替えしたほうが安全面でもいいような気がするんですがねぇ、お国柄なんでしょうね、それぞれに個性があります。「バス」に乗る人、いざとなったら「諦めが肝心」、気長に構えることをお勧めします。

<今日の一枚>
タイのバスには・・
12-08-26-2.jpg
これはとある普通(エアコン無し)のいわゆる「赤バス」。床がまだ木製、こんなバスはタイではまだまだ幾らでも走っています。「南国でエアコン無し、窓全開で風を受けながら走るバスに乗る」のもタイの醍醐味の一つかもしれません。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 こんにちは、今日は「タイの『もうやっこ』精神」と題して少し小話を。「もうやっこ」とは私の故郷、尾張名古屋の方言で「みんなでなかよく使う、みんなで平等に共有する」ということを意味します。さて、果たしてその意味するところとは?下のショートストーリーをしばしお楽しみください♪

///////////////////////////////////////////////////////////

 タイに行くようになってまだ日の浅いある日のこと、私が屋台でタイラーメンを食べていたところ、隣のテーブルに座っていた人が突然と立ち上がって近づいてきたと思ったら、私のテーブルにある「ナンプラー(調味料の一種)」を持っていってしまいました!おいおい、ドロボウはよくないよ・・そしてあるときは、同じく近くに座っていた人がまたまたいきなり近づいてきて私のテーブルの上においてあった「ティッシュ」と呼ばれるトイレットペーパーなるものをガバっと1mくらい引き出してちぎって持っていってしまいました!!おいおい、自分のテーブルのを使えよ、自分のを・・ん?あれ?ないぞ?テーブルが6つもあるのにティッシュが2個しかない!あれ?ナンプラーも3本しかないよ・・ふ~ん、そういうことなんだね。納得。

///////////////////////////////////////////////////////////

とまぁこんな感じで、お国変われば習慣変わるというのを身をもって感じたのであります。日本では経験したことがなかったことなので、最初は少々戸惑いました。

 タイというのは、特に田舎を中心に集団で生活をしています。金銭的にも恵まれているとはいえない環境の中で、「一人一個ずつ」というところまではなかなか及ばないのが現状。家建物も多くの場合満足に壁もなくて、自分の部屋なんて夢のまた夢、個々のプライバシーもなかなか確立できない、多くのタイ人はそんな環境の中で育ってきます。
 ですから「モノ」においても同じ。「数少ないものを皆で分け合って共有するということに全然抵抗が無い」、というか、それが「当たり前」的なところがあります。注意してみていると実に沢山のものが上手に共有されています。あくまで主観ですが、少し例を挙げてみます。

12-08-08-1.jpg
料理に入れる「調味料」「具」、これは一番「もうやっこ」されるものかなと思います。「爪楊枝」や「ティッシュ」もそうですね。あと、「水」もそうです。

12-08-08-2.jpg
「トイレのティッシュ」。個室別に据え付けてある場合が殆どですが、「ガソリンスタンド」や「公園内」などの公共あるいはそれに近いタイプのトイレ、あるいは男女とも一室くらいの小規模のトイレの場合は個室手前にこんなタイプのティッシュがおいてあって、あらかじめ自分である程度必要分をちぎって持ち込むのが普通です。また、化粧直しや手拭きのために使う人もいます。

12-08-08-3.jpg
この屋台の場合は水もセルフ。手前のピンクのカゴからコップを自分でとって、左の大型のポットから自分で水を汲みます。飲み水をしっかりと汲む前に、少量の水であらかじめコップを軽く洗うのがミソ。

 お金が絡むとなかなか難しくなる点もありますが、基本的にタイ人は「思いやりや譲り合いの気持ち」がしっかりしていて、私はタイのそんな「もうやっこ」精神が大好きです。皆さんもタイに訪れたら是非気にしてみてください。色々面白いところが見えますよ。

<今日の一枚>
大型TVを「もうやっこ」する人たち
12-08-08-4.jpg
ここはとある大型スーパー内のCD&DVDショップ、個々に設置してある大型TVにはいつも人がたかっています。昔の日本の「街頭テレビ」ときっと同じなんだろうなと思います。ちょっとタイミングがずれて皆横を向いていますが、休日なんかになるとものすごい人の数でちょっとした「ミニシアター」状態です。床に座ってお菓子食べながら見ている人いますから(笑)。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらページ上部左のリンクバナー、クリックお願いします。
では・・

 
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は私がタイに初めて来た時にちょっと衝撃的だった、「言葉」にまつわるちょっと面白い話を一つ。「ティッシュ」のお話です。日本で「ティッシュ」というと、四角い箱に入った「ボックスティッシュ」やたまに街頭なんかで配られている「ポケットティッシュ」あたりを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「タイ」にはこれとは別の「ティッシュ」が存在するのです・・

 ある日のこと、屋台でラーメンを食べてちょっと口を拭こうかとナプキンかティッシュを貰おうとしたら「はいよ♪」と出てきたのが下の写真の一品。こ、これはまさしく!!(@@;

12-07-18-1.jpg
テーブルの上に陣取る「トイレットペーパー」

 そう、日本では俗に「トイレットペーパー」と呼ばれる代物が出て参りました!!「こ、これは『ティッシュ』や『ナプキン』とは違うと思うんだけど・・(@@;;」と思ったのですが、周囲のタイ人の皆さん、この「トイレットペーパー」なるもので口や顔、さらには鼻までかんだりして実に楽しそうに談笑しておりまする・・「は~、文化やなぁ♪」とひたすら関心でございました。
 冷静に考えてみると、この「トイレットペーパー」、実に実用的な側面を持っております。「好きな長さで細かく切れる」「水に溶けるからトイレに流したりも出来そう」「値段が安い」「ひと巻きで結構長く使える」・・そんな風にこの文化を肯定しているうちにいつしか私もドップリ・・いまや私の部屋には「ティッシュ」と呼称される「トイレットペーパー」があちこちに陣取り、無くてはならない「生活必需品」となりました。

 実際のところ、タイにも勿論「ボックスティッシュ」「ポケットティッシュ」はありますし、ある程度高級感を意識するところ(「ホテル」や「レストラン」と呼ばれるレベルのところ)では「ティッシュ」と「トイレットペーパー」はきちんと区別されています。しかし相対的に低額だし利便性もあるので庶民は「トイレットペーパーをティッシュ代わりに使っている」ということなんでしょうね。
 正直最初は抵抗感がありましたが、先入観を持たずに使っていくと、トイレットペーパーのほうが私にとっては便利♪タイ人の気持ちが分かる気がします。

<今日の一枚>
「水色のケース」に入った「トイレットペーパー」
12-07-18-2.jpg
中央背面に見えるのがそれ。こちらではケースのラインナップも充実して、結構オシャレ感?漂うものもありますよ♪

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は前回の「独り言@タイ8:『バンコクオートサロン2012』に行く②」で少し触れた文化の違いについてのお話、「『オートサロン』ネタは一回お休み」です。

 我々日本人の昔といえば恐らく「『星飛雄馬の父の一徹』がちゃぶ台ひっくり返す」宜しく、「床に正座」が基本の生活スタイルだったのではないでしょうか。タイも実は宜しく「床派」なんですね、これが。「生まれも育ちもクルンテープ(バンコク)、お金持ちで洋風スタイルで育ったタイ人」ならいざ知らず、東北やら北やらなんやらと地方の田舎出身なら恐らく「地べたがふるさと」、そして「床がテーブル」なんであります、これが。こんな風だからバンコクのあちこちで「地べた組」を沢山見かけます。地べたに座り込んで話し、地べたで座り込んで飯を食い、地べたで座り込んで酒を酌み交わす・・そして地べたで平気で寝てる人も・・おお、これぞまさしく真のタイの姿!これに対して我々日本人の現代の生活スタイルはいまや「欧米」スタイルが基本、一部床に座ることもあるでしょうが、きっと「椅子にテーブル」の生活を送っている人も多いことでしょう。タイを訪れた日本人には「アスファルトやコンクリートの上に平気で胡坐をかいて集まっているタイ人」が少し奇異に映るやも知れません。再出ですが「オートサロン」で出入り口近辺でしかも通路上!「アンタ達商売の邪魔だって!!」と思わず言いたくなるような場所に平気で座っているタイ人をみて「は~、文化やなぁ~♪」と思わず一人うなづいてしまいました。
12-07-04-1.jpg
なんでもいいけど、えらいゆったりムードだよ、おいww

 同じく「分化の違い」に笑ってしまったのが「先日の『タイ・フェスティバル』での一幕」。日タイ問わず沢山の人が集まってきましたが、「誰が『タイ人』で誰が『日本人』なのか、座り方で一目瞭然♪」、これには思わず笑ってしまいました。百聞は一見にしかず、どうぞご覧下さいませ♪
12-07-04-2.jpg
ね、一目でしょ♪

 「タイ人は胡坐を組んで床に、日本人は椅子に座る」、勿論ケースバイケースだけど、こんな雰囲気のものものがお互いの習慣のなかにあるみたい。最近オレも知らず知らず床に座るようになってきた・・「タイ人化現象」着々進行中です♪

<今日の一枚>
「タイフェスティバル名古屋2012」にて
12-07-04-3.jpg
周りに見えるはテントとそこにならぶ長机、人、人、人・・そ、そして「手前に見える二人」は!!(@@; 頭の高さから見てどう考えても「地べたに座っている」としか思えない!!な、なにもそこで座らんでも、椅子があるでしょう、椅子が・・でもこの男性、いかにも「伝統を重んじそうな顔」で憎めませんなぁ(爆)

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 前回の「渡航3:『到着・入国』の流れ補足④エアポートリンクの落とし穴」で少し触れましたとおり、今回は「国民性」に関わるちょっと面白い話。最近はよく見かけるようになったとはいうものの日本国内はまだまだ「日本人」が殆ど、日常で「外国人の存在」を意識することは少なかろうかと思います。一方「観光都市」としても名高い「バンコク」はまさに人種のるつぼ。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ・・実に多くの国の人を日常的に見かけます。また、エリアによっては「チャイナタウン」や「アラブ人街」とか「日本人街」、「白人ばっかりのエリア」「インド人ばっかりのエリア」なんてところも。私も比較的子供の頃から海外に行く機会が多くあったので、その人をぱっと見ただけで「その人はどこの国の人なのか」ある程度の想像がつきますが、これはタイ人にとっても同様のようです。そんななか、「タイ人は我々日本人をどんな感じで見分けているのか」タイ人から話を聞く機会があったので、そんななかのひとつを書いてみました。なかなか興味深かったですよ。

まずは画像をご覧下さい。基本的には「日本人」を意識して撮っています。なんとなくなにか共通点を感じませんか?
12-04-12-1.jpg
日中、街中で写真を撮るサムライ達
12-04-12-3.jpg
BTS構内を行くサムライ
12-04-12-4.jpg
夜の繁華街を歩くサムライ達
12-04-12-5.jpg
タイのオフィス街を歩くサムライ達
12-04-12-6.jpg
両替所にて換金中とおぼしきサムライ達
12-04-12-7.jpg
夜の露店で買い物中のサムライ
12-04-12-2.jpg
比較的「ジャパニーズ・スタイル」の典型に近い姿

 そう、「我々日本人男性は『カバンを持っている人』がとても多い」のです。最初は私もあまり気にしていませんでしたが、実際に注意して街中を見ていると、肩掛けのようなカバンからポーチのようなもの、さらにナップサックやリュックサック・・確かに日本人(女性はともかく、特に男性は本当に多い)はカバンを持っている率が高い。試しに一度日本人がよく集まる店で数えたら、実に「32人中28人がカバンを所持」しており、さらに「22人がメガネを着用」していました。「偶然だろう」と思って白人やアラブ人を対象に同じようなことをやってみましたが、言われてみると手ぶらや裸眼の人が多い。該当者はほぼ半数以下・・おもわず納得してしまいました。日本人相手の盗難が多いのは、案外こういうところに理由があるのかもしれない、とも思いました。特に男性に対しては個人的に「手ぶら」をお勧めします(「お金6:お金の持ち歩き方」を参照ください)。
 私のタイ人の友人達は口をそろえてこういいます。『日本人(の男)はカバンを持っているからすぐわかる』『メガネを掛けている人が多い』『短パンにスニーカーという服装が多い』・・よって私の友人間では「カバン」「メガネ」「短パンにスニーカー」あたりを『ジャパニーズ・セット』なんて呼んでいます。むむ~。

 服装や髪型に国民性が出るのは別に不思議でもなんともないとは思いますが、実際に海外に行ってそれが顕著に見えるとなかなか面白みを感じますね。皆さんはカバンを持ちますか?置き引きやスリなどには十分注意を払ってくださいね。

<今日の一枚>
これもよくみかける一枚
12-04-12-8.jpg
タイにいると「街中でガイドブック片手に探し物をしている日本人」をよく見かけます。個人的にはこれは「ぼったくり」系の人々の的に掛けられやすくなって、ちょっと危ないと思います。彼らはカバンを前側に下げているのでまだいいほうなのですが、カバンを後ろ側にぶら下げたまま地図に熱中していると知らないうちにスリにあったりして、その点でも結構危険です。気をつけましょう。
ちなみに、こういう場合はどうしたら良いかといいますと「少し奥まったところに入って壁を背にする」ことです。すると背後から誰も近づけませんし、ボッタクリ系の目にも少しつきにくくなります。参考にしてくださいね♪
ちなみに、私はもともとからおせっかいのでしゃばりなので、こういう日本人を何度か手助けしたことがあります。タンブンタンブン♪

 次回はこれまでボリューム不足を感じていた「電気」カテゴリーに補足をする意味で、「電気3:ホテルのコンセント形状と実例」と題しまして、写真を交えてさらに詳しく説明しようと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 このくらいの時期になってくると、タイ人の友人の幾人かが「もう雪は降った?」と訊いてきます。「ああ、降ったよ、今年は『ホワイトクリスマス』になったよ(実際『ホワイトクリスマス』になりました)」なんて答えようものなら、「イッチャーマクマークッ!!(すっごい羨ましい)」と答えてきます。それも無理のない話、タイはいかんせん「南国」ですから「ホワイトクリスマス」はおろか「雪」なんて夢のまた夢。ですから日本等で雪を経験したことのあるタイ人は、「facebook」のようなサイトの中で必ずと言っていいほどその時の写真を自慢げにアップロードしています。無いものねだりも手伝って、タイ人はそれくらい雪に対する関心が高いのです。
12-01-07-1.jpg
いつぞやの「エンポリアム」のクリスマス演出

 いつぞやのクリスマスの時期にタイに行き、その折に「エンポリアム」という日本人ご用達のデパートに出かけました。その時に撮ったのが上の写真です。中に入ってみるとそこでちょっとしたイベントをやっていたのですが・・
12-01-07-3.jpg
そのイベントの様子

 よく見ると男性司会者の首に「マフラー」が!!シャツは半袖、しかも室内なのに・・ちなみに隣のアシスタントの女性はノースリーブ・・思わず私は口走ってしまいました。「オシャレでんがな~♪」
12-01-07-4.jpg
なかなか日本では見られない光景

 さらに服売り場を廻ってみると、コートやらブーツやら手袋やらマフラーやら、日本でも冬にしかお目にかかれないようなアイテムがずらり並んでいるではありませんか。そんななかをTシャツに短パン、サンダルでぶらぶらしているとなんとも違和感を感じます。「こんなもん誰が買うんや?(私は関西人ではないが、思わずそうなてってしまうほどの衝撃だった)」と思いながらよくよく周囲を見渡してみると、半袖の人の隣に革ジャンとか、サンダル履きの人の隣にロングブーツとか、半そでポロシャツの前にコートとか・・なんかどえらいことになっています。
 タイ人との友達とその話をしたら、基本的には「おしゃれのため」と言っていました。そうか、タイは南国だからTシャツに短パンで年中いけるんだけど、反面おしゃれ度に欠ける。必要ないんだけど、でも日本みたいに手袋やらセーターやらマフラーやらでおしゃれしたい、気取ってみたい、ということらしいです。だから「汗かきながらマフラーしてる人」も見たことあります。なんとも滑稽な話ですねぇ。
 あと、その友人曰く「タイ人は20℃より低くなったら寒いと感じる」なんて言ってましたが、日本人が風邪ひくくらいエアコンが効いた部屋で平気なカオしてるもんねぇ・・何とも不思議なお話でした。

 でも、無いものねだりといえば私も果物が大好きで、日本に帰る際に空港で必ずタイの果物(ほとんどの場合「マンゴ」)を名残惜しく食べます。お互い様ですかね。

<今日の一枚>
12-01-07-5.jpg
昨年のクリスマスの雪

 タイに住むようになったら私もタイ人と同じく雪が恋しくなるんだろうか・・そうかもしれませんね。
 次回からは「宿泊」カテゴリーに着手、第一弾は「ホテルを探すポイント①立地」です。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 いよいよクリスマス間近、この年末年始にタイに行かれる方も大勢見えるかと思います。今回はそんな方のために、記念すべき「タイと日本、面白話」カテゴリーの第一弾、バンコクの繁華街中心部に位置する、BTSの「アソーク」駅に最近オープンした「ターミナル21」について少し紹介してみようかと思います。オープンして間もないので、まだ行かれたことのない方も結構見えるのではないでしょうか。後程触れますが、「とっても不思議な空間(笑)」なので、物見遊山にでも、何しろ一度行かれることをお勧めします。

11-12-23-1.jpg
クリスマス近くでツリーの演出がある「ターミナル21」
11-12-23-2.jpg
館内からの一枚、右隣に見えるのがBTS「アソーク」駅

 なにしろいつもこの周辺に滞在しているので、建設始めのころから知っており、さらにあるときから非常に興味を持つようになりました。というのは、建設中のころから「こんなん」が見えていたからです。
11-12-23-3.jpg
おそらく「日本酒のラベル」を模った柱に「相撲をする人形」

 中に入ってみるとさらに驚きが!!クリエイター・プロデューサーの方には申し訳ないのですが、色々と笑わせて頂きました・・・
 この「ターミナル21」は「各階に世界の都市イメージを取り入れること」がコンセプトの一つになっているようで、「パリ」「ロンドン」そして「東京」等がその都市に選出されています。確か全5フロアだったような(すみません、このへんうる覚えです)・・「センターコート」はなかなか洗練されていると個人的には思います。他のコンプレックス同様、衣類とフードレストランを中心に、非常に沢山の店舗が入っています。特にレストランにおいては、日本でよく耳にするような店も入っています。
11-12-23-4.jpg
長いエスカレーターはタイ人お得意?よく見かけます
11-12-23-5.jpg
よく見ると「イギリス国旗」や「富士山」、「京」の文字が見える

 早速「東京」のフロアに足を運んでみると、まず目に飛び込んだのがこれ。とにもかくにも漢字を中心に色々な「日本語」が雑然と並んでいます。
11-12-23-6.jpg
漢字がやたらと描かれている「東京」フロア

 さらにこれ、よく見ると「『山手線』の駅名」なんですね、各店に書かれているの。
11-12-23-7.jpg
店毎にきっちり駅名が書かれている、しかし何にしてもカラフル・・

 でも、このフロア、店に並んでいるものが基本的に「パーティードレス」の類なんですよ、これが。だから日本のイメージとは程遠くて、とても不思議な感じになっています。
11-12-23-8.jpg
何処の店でもこんな感じ、なんとも不思議な感じです

 そして注意深く色々見渡していくとでかでかと「あいさつ」が至る所に・・写真が多すぎるので割愛しますが、「『大事なお客様だ』と書かれたのれん」とか、「『しあわせ』と書かれた提灯」とかがあちこちにあります・・
11-12-23-9.jpg
こ、これが東京のイメージなんでしょうか?

 さらに「こんなん」とか・・
11-12-23-10.jpg
「鎧」、かなりでかい

 あ、あれに見えるはも、もしかして・・タイ人が大好きな・・
11-12-23-11.jpg
日本人には見慣れた後姿が悠然と佇んでいます

 やっぱり「招き猫」でした・・
11-12-23-12.jpg
この「笑う」とか「歓迎」というのは・・さすがは「微笑みの国」

 そして、ちょっと催したのでトイレを探したら、なんと「しんおおくぼ」と「よよぎ」の間にありました(笑)
11-12-23-19.jpg
照明の色もなかなか・・

 トイレに進んで行ってさらにびっくり!ここには「こんなの」が!
11-12-23-13.jpg
なんとなく理解できる「『コスプレ大国』ニッポン」

 そして極め付け、「最後まで解読できなかった『アーケード(?)』の言葉」、誰か読める人いませんか?私はついに断念しました・・
11-12-23-14.jpg
むむ~、なんと書いてあるんだろう、「日本語のはず」なんだが・・

 ちなみに、ちょっと大掛かりにやってあったのは「イギリス」の吊り橋でした。ミニカー並べてます(といっても、結構大きなミニカーです)。
11-12-23-15.jpg
あまり普通っぽい車は無い・・
11-12-23-16.jpg
これが橋のたもとです

 ざざっと紹介しましたが、こんな感じです。もともとコーヒー好きの私、スタバやらカフェワールドやらをチェックして、コーヒー飲みながらしばし耽っていました、「これが日本のイメージ?マジ?」と。結構冗談で作っているのかもしれませんが、イギリスのフロアとかは「電話ボックス」とか「ベンチ」とか、結構真面目に作られていたので、もしかすると日本についても真剣に作ったのかもしれません。そもそもタイ人は、ビザの問題や物価の違いなんかでなかなか日本に来れないから、日本のことがイメージしにくいのかもしれません。さらに、今タイでやっている「ミスタードーナツ」のCMなんか「『寿司』を模ったドーナツ」で、富士山バックにやったりしてますから、もし私がタイ人でタイに生まれたらこういうイメージになるのかもな、なんて思ったりもしました。

 なにしろタイで過ごすクリスマスは快適(今年は私は日本にいますが)、なんたって寒くないのがいい!タイに行かれる方は、この機会に一度「面白いもの、不思議なもの見たさ」にここ「ターミナル21」に足を運んで、ケーキやアイス等でクリスマス、さらには年末年始を味わうのもいいかもしれません。

11-12-23-17.jpg
夜に映えるターミナル21

 皆様にとってよいクリスマスとなりますように♪

<今日の一枚>
「ターミナル21」前のツリー
11-12-23-18.jpg
クリスマスツリーはどこの国においても季節感が出ていいもんですね♪

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。