上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 この「管理人『sure』の部屋」は、このブログの直接的な趣旨とはあまり関係のない、あくまで管理人個人のことになぞらえたカテゴリーです。
 「独り言」は、管理人が個人的に思ったことをあくまで私的に書いているものです。管理人個人が「タイに住むようになってこういう部分が変わった」とか、「日本のこういうところは・・」あるいは「タイのこういうところは・・」等といったようなあくまで個人の感覚に基づいた比較論、さらには「こんな出来事があった」というような日記的なもの、そんな取り止めのない、まさに「独り言」を書き綴っています。
 「sureな生き方」は、物事に対する姿勢や受け止め方、さらに人生に対するスタンスといったような、これまでの経験から形成された管理人独自の人生観や生き方のようなものをまとめています。こういった考え方があって「タイへの移住」を決断できた、あるいは「タイへの移住を決めたことによって人生への取り組み方がこう変わった」といったような項目もありますので、同じようにタイへの移住、また、それに限らず人生に転機を自ら望むような人にとっては、あるいは参考になる部分があるかもしれません。基本的には自分で思ったことを思ったがままに書き綴っているだけですが、自分流に書きながらも「書く以上はある程度はメッセージ性を含ませたい」ということは意識しています。思いのほか多くの反響があって自分でも驚いていますが、どんな形であれ、ご覧になる皆さんにとっていい方向に作用することは素直に願っています。

 こんなカテゴリーですから読まれる方にとっても好き嫌いが分かれるところでしょう。読む読まないも勿論皆さん次第です。

12-12-28-2.jpg
最近見たある日の木漏れ日、タイには本当に沢山の自然が息づいている

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 最近街中では「マンゴスチン」を沢山見かけます。タイの代表的な果物というと「マンゴ」「ドリアン」あたりを思い浮かべる人も沢山入ることと思いますがこの「マンゴスチン」、実は「果物の女王」という異名を取るほど美味で、みずみずしくて甘酸っぱい味覚から日本人のファンも非常に沢山います。屋台や軒先でも売っているところをよく見かけますから、タイに来たときには是非ご賞味ください。今日はその簡単な食べ方を伝授しましょう♪管理人お得意のバーチャル方式でお伝えします。

12-12-26-1.jpg
買ってきた「マンゴスチン」、美味しそうです♪

12-12-26-2.jpg
とりあえずひとつをつかんで・・

12-12-26-3.jpg
両親指を使って、丁度実の中央辺りを、実に対して垂直方向に押しつぶしていきます。写真を撮っているので方親指しか使っていないように見えますが、両親指を使ったほうが断然確実です。

12-12-26-4.jpg
タイヤでも転がすように実をくるくると廻しながら中央部分を少し強めにグッグッと押していくと、やがて殻が割れてきます。あと少し!

12-12-26-5.jpg
ここまできたら、フタをはがすように殻を取り除いてください。

12-12-26-6.jpg
中の実がきれいに見えてきました。この白い部分が食べられるところです♪

12-12-26-7.jpg
フタをはがしてもまだ殻が大きく残っているので、あとは適当にはがしてください。

12-12-26-8.jpg
はい、お疲れ様でした♪このままパクついてもOK!美味しいですよ♪

 この白い実を食べるとなかから種が出てきます。この白い実の部分が小さければ中の種も比較的に小さく、そのまま食べても大丈夫です。一方、白いところが大きいと中の種も大きめ、そしてすこし苦味を感じるかもしれません。食べても問題ありませんが、好みにあわせて種は食べても捨ててもいいでしょう。

 「マンゴスチン」を買うときは、普通「kg単位」で購入します。「半kg」「1kg」なんて感じですかね。実にも大小ありますので一概に言えませんが、たしかこの一番最初の写真の量くらいで「半kg」だと思います。シーズンにもよりますが、バンコク市内で「1kgあたり30~50バーツくらい」で売っていますから、安価で沢山食べることが出来ます。選ぶときは自分で選んで袋に入れて重さを量ってもらって適宜購入するのですが、美味しいものを選ぶコツとして、「親指で軽く押してみて、程よくやわらかいものが美味しい」です、今までの経験上。逆に硬いのは上手く熟さなかったものが多いです。参考にしてください。
 是非この「果物の女王、マンゴスチン」、タイに来たら一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

<今日の一枚>
こんな贅沢な食べ方もあるのだ♪
12-12-26-9.jpg
とりあえず剥くだけ剥いててんこ盛り♪あとは頂きまーす♪ってだけ!なんか「カニ」でもやりそうですよね、先に剥いておいてあとからざっくりいただく、っていうの。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 タイに行ったらあると圧倒的に便利なのが「携帯電話」。最近は「スマートフォン」の発達でインターネット環境を介して通話やチャット等をする人が増えていますが、とりあえずここではまず「一般的な旅行者が、タイ国内での一時的な通信手段として携帯電話を利用する」という設定を基本にお話をしたいと思います。

 タイにおける携帯電話の入手方法としては「借りる」「購入する」という大きな二つが考えられます。それぞれ説明しましょう。
 まず「借りる」ですが、一番手っ取り早いのは空港の到着ロビーです。うかつにもいい画像がありませんが、入国審査→カバン受取→税関を抜けて外に出るとすぐ、携帯のレンタルサービスをしている店がいくつか見つかるでしょう。

12-12-24-3.jpg
税関を抜けて表に出たあたり。この辺にレンタルショップが幾つかあります。

 私は携帯電話を空港でレンタルしたことがありませんので価格は定かではありません・・タイへ行き始めた頃は知り合いのお店で一日100バーツだったかな?位で借りていました。たしか四回目の訪タイから滞在日数が長くなったこともあって端末を買って、以来ずっと自分のを使っています。

 次に「購入する」ですが、2012年現在のタイの携帯電話は丁度昔の日本と同じような状況で、電波が二種類ある状態です。「GSM」「3G]というのがそれで、日本の昔でいう「アナログ回線」「デジタル回線」という感覚で押さえればいいと思います。携帯端末も「GSM対応のみ」というのと「GSM&3G双方対応(デュアルモード)」という二種類があって、「GSM対応のみであれば1000バーツ台前半くらい」から、「デュアルモード対応であれば2000バーツ台後半くらい」から新品が購入できます。電話番号については「SIMカード」を購入することで手に入れることが出来ます。よって、「携帯端末+SIMカード」、そして「回線をアクティベート(操作は簡単です)すればすぐに使用可能」です。

12-12-24-2.jpg
管理人が買った3台目の携帯とSIMカード、3G対応で日本でもタイにいるのと同じ感覚で使えます

 「3G対応」端末を購入すると、基本的には日本に持って帰っても「日本の3G電波」を拾ってタイにいるのと同様に使えます。タイにいる友人に通話やSMS等で連絡を取ることも出来ますから(勿論「ローミングサービス」に関わる料金は発生しますが)、自分のニーズにあわせて適宜選びましょう。通信系の話、まだまだ続きます・・

<今日の一枚>
自分がタイで初めて買った携帯
12-12-24-1.jpg
これは確か端末が1200バーツ(GSMのみ)くらいで、SIMカードはプロモーション品を買ったはず。この携帯、ふと置き忘れたうちに盗まれてしまいました・・今時こんな携帯ないよなぁ、モニター白黒ですよ!!あえて今欲しいかも・・

  最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンククリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 
その昔、ウインドサーフィンをやっていた時の話
特に初心のうちはよく「風そのもの」に翻弄されてしまう
上手い人が強風でどんどんと出廷していくなか、自分は

この風に乗ってビシビシ水面を走ってみたい
この風に乗れるかどうか自分の腕を試したい

という好奇心や冒険心とはうらはらに

強い風に吹き飛ばされてしまうのではないか
疲れ切って帰って来れなくなってしまうのではないか

そんな恐怖に駆られて身動きが取れなくなる
そしてモタモタしているうちに風は止んでしまう
振り返ればその風が「その日一番の風」だったと気付く
「あのとき勇気を出して乗り出せばよかった」と後悔しながら家路につく
何故、あのとき自分のなかに湧き上がる好奇心に身を任せなかったのか
何故、あのとき勇気を振り絞って恐怖や不安を払いのけなかったのか
もしあの風に乗っていればとても楽しかったかもしれない
もしあの風に乗っていれば今頃はもっと上手になっていたかもしれない
でも結局残ったのは「何もしなかった自分」だけ
どう理屈をこねようがチャンスは去っていってしまったのだ

そんな自分が「タイで生きる」という風に乗り出した
恐怖や不安も心の中に満タンにあったけど
理屈や言い訳で自分を封じ込めることはすっぱりやめて
勇気を出して自分の気持ちに素直に乗っかってみた
いざ乗ってみると、確かに不安や恐怖も満タンなんだけど
嬉しさのほうが「超」満タン、なぜか面白くてたまらない
おかげで人生全てが楽しくなってきてしまった

以前なら「チャンス」という言葉を聞いて思い浮かべるのは
なにか「幸運」というようなイメージのものだった
でもどうやらそれは考え違いだということに気が付いた
「幸運」には「ラッキー」という別の言葉がちゃんとある
「チャンス」とは幸運でもなんでもない「ただの機会」
波や風のように向こうから押し寄せてくる「ただの偶然」、
先のほうは拓けてみえるかもしれないが、同時にリスクも伴うもの、
勇気を持って乗りださなければ恐らく何の意味もない「ただの出来事」
今はそう思っている

タイに来てから「チャンス」の本当の意味が初めて解った気がする


12-12-22-1.jpg
これはウインドサーフィンのセイル。この黒くみえるバー(正式には「ブーム」と呼ばれる)のところをつかんでセイリングするんだけど、ふと上を見上げるとこんな気持ちのいい空が見えることがある。やってみない限りわからない楽しみの一つ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 まだタイに来るようになって間もない頃のこと、日本で見かける製品にはなんとなく親近感や安心感が沸いてちょくちょく買ったものです。そんななかでも思い出深いものを挙げてみましょう。日本人なら殆ど誰もが一度はお目にかかったことがあるようなものだと思いますが・・

12-12-21-1.jpg

 そう、これは「グリコ ポッキー」です。片側から見るとごく普通の「ポッキー」に見えるのですが、反対の面を見てみると・・

12-12-21-2.jpg

 まるっきり読めませんでした・・@@;よく似た書体を使っているのでタイ語に変わっていても一瞬日本語として読もうとしてしまいます。

 タイは親日国といわれていて、日本の製品も沢山見かけます。普段見慣れたものをタイ語表記で見てみるのも、不思議な感じがして結構楽しいですよ。こういった慣れ親しんだものは日本へのお土産にもいいかもしれませんね。

 根本的なブログの方針になんら変更はありませんが、これからはこういった短い文章の日も出てくるかもしれません。日常的な話題も「コラム」に織り込んで、出来るだけ更新頻度をあげていこうと思います。今後とも宜しくお願いします。

<今日の一枚>
これも皆さんご存知でしょうね、恐らく
12-12-21-3.jpg
「マクドナルド」です。タイ文字で書くとこうなるんですね。タイ人も「マック好き」が沢山いますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は「タイでの住居向けのインターネット環境の構築」について少しお話をしたいと思います。いまや「常識」といっても過言ではなくなった「インターネット」、世界を身近にした画期的な仕組みですね。40代も半ばの管理人は「インターネットがなかった頃の世の中」を知っていますので、この短期間によくぞまぁここまで発達したものだとその進化の速さに驚くばかりであります。かくいう私とて、このブログもインターネット環境なくしては書くことが出来ない世界、お世話になりまくっているわけですね、ありがたやありがたや♪

 タイでのインターネットサービスを提供する会社の代表的なものは「TOT」「True」の二社といえるでしょう。積極的に顧客獲得活動をしているのは「True」だと思います。管理人も「True]に申し込みました、ウチのコンドミニアムでもプロモーション活動で来るので。自分から申し込みに行く場合は大型ショッピングセンターやデパートなんかにいえばほぼアンテナショップがありますから、そこで申し込みが出来ます。

12-12-20-1.jpg
管理人が使っているモデム

 申し込み方法はいたって簡単、住所や電話番号から回線種別を特定、自分の住居にあった回線からプランを選びます。現在タイでは回線は「ADSL」もしくは「光」が基本、住まいによって使える種類がほぼ決まってくるはずなので、あとは回線速度と価格と相談しながら自分にあったプランを決めればいいと思います。回線速度は「ADSL」「光」とも4、5種類だったと思います。料金は基本的に月額で、速度が速ければ早いほど価格は高くなります。申し込みの際にモデムを借りるか自分のものを使うか尋ねられると思いますので、適宜答えましょう。
 ちなみに管理人の住まいは「ADSL」です。拠点からの距離も読めないので実効速度もわからないし、とりあえず最安の「下り10M、上り512k」というプランで「月599バーツ」に申し込みましたが、とりあえず不自由なく使えています。日本の実家は「光」最速なので速さは比較にもなりませんが、高画質のストリーミングなんかに用がなければこれで充分かと感じています。「モデムはリースで確か100バーツ」だったと思います。安っ!!「ワイヤレスLAN機能」も持っています(今時当たり前といえば当たり前ですが・・)。
 なお、USBのwi-fiや3Gモデム系はお勧めしません。恐らくタイの建物の構造のせいでしょう、コンドミニアムのような鉄筋コンクリートの室内では外を飛んでいる電波を捕まえにくいんでしょうね、メッチャ遅いです。ちなみに、室内は電話も通話環境がとっても悪いです。どのコンドに住んでいる人と話していてもよく切れるので、どこも似通った感じなのかもしれませんね、電波環境。

 現代人には恐らくほぼ必ず必要なネット環境、タイに住む人には必須といえるでしょう。基本的には日本と同じ、理屈が解れば海外でも同じです。必要な人は臆せず申し込みましょう!!

<今日の一枚>
管理人のPC環境
12-12-20-2.jpg
こんな感じで構成しています。最近スキャナー&プリンタも買ったんで今のところ不自由無しです。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 バンコクに来て一番最初に欲しくなるものは?「地図」と答える人も多いのではないでしょうか。何処に行くにもやっぱり一部は持っていたいですね。なんとか上手く手に入れる方法はないものでしょうか?そこで管理人が活用しているのが「地図付きのフリーペーパー」「フリークーポン」、今日はその入手方法をご紹介しましょう。

 バンコクには非常に沢山のフリーペーパーやクーポンがあり、入手もとても簡単です。言語にこだわらなければ(英語のフリーペーパーも沢山ある)まず手っ取り早いのが「ホテルのフロントやツアーデスク」です。ホテルのレベルにもよりますがツアーで利用されるレベルのホテルなら何がしか手に入るでしょう。
 さらに日本人向けのものが欲しいのなら、日本人が多くいる「プロンポン」「トンロー」あたりに行くとあちこちでそういった類のものを見かけます。BTSの駅構内や日本人経営の飲食店、さらにスーパーマーケットあたりには沢山の種類のものが置いてあります。
 個人的にお勧めしたいのは「東京堂書店」、フリーペーパーの数が実に充実しています。さらに「フジスーパー」、ここにもタブロイドを含め沢山のフリーペーパーがあります。

12-12-18-1.jpg
バンコクで手に入るフリーペーパーのほんの一例、殆どのものに地図が付いています

 また、BTSの駅もなかなかいいものが置いてあります。特に「フリークーポン」「BTS路線マップ」等は充実、この辺の地図も結構使えます。

12-12-18-2.jpg
道路地図や電車路線図も持っていたいひとつ

 一番効率的なのは「スワンナプーム空港についたらとりあえず入手する」というのではないでしょうか。一階のタクシー乗り場前にこんなスタンドがありますから、そこから気に入ったものを持ってくるといいでしょう。ツアー参加だったらガイドに一言掛けて(「トイレに行く」でもなんでもいいので)、カバンを預けて取りに行ってしまえばいいと思います。そんな時間のかかることでもないでしょうからね。

12-12-18-3.jpg
スワンナプーム空港に設置されているスタンド

 「地図」「フリーペーパー」「フリークーポン」「電車路線図」、こういったものがひとつあるだけで移動がかなりスムーズになります。お金もかかりませんし、是非活用してみてください。

<今日の一枚>
バンコクで始めて購入した地図
12-12-18-4.jpg
バイクに乗るようになったら、道路交通がある程度書いてある地図が必要になりました。一方通行などが書いてあるので、こちらでバイクや車に乗る人はあったほうがいいと思いますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 
 自分は人のことをとやかくいうことが嫌いだ
 自分が他人にとやかくいわれることが嫌いだからなのか
 他人にとやかくいってもしょうがないと思っているからなのか
 理由はともかくとして、そういうタイプではない
 そんな性格のおかげか、あまり人そのものを嫌いにはならない
 「この人はこういう持ち味の人」
 「この人はこういう生き方をする人」
 そんな感じで人のことを捕らえていて
 いちいち「好き」「嫌い」という天秤にかけたりしない
 しかし「100%そうだ」という話でもない
 やっぱり「合う」「合わない」はあると思っているし
 稀に「この人はどうしても苦手だ」という人がいる
 それは「過剰な評論家と無礼者」だ

 自分にとって「過剰な評論家」とは
 「人生において関心が自分以外に向いてしまっている人」
 「自分以外の要素で自分の人生を極端に振り回される人」
 そういう人とはどんなに長い間話をしていても
 「その人がどんな人なのか」どうも伝わってこない
 人や周囲のことばかり気になっていて
 肝心な「自分自身」のことはよくわかっていないのかもしれない
 「あの人にああいわれて頭にきた!」
 「上司にこんな理不尽な要求をされてイヤになった」
 で、どうするのかと尋ねても別にどうもしない
 その不愉快を引きずったまま一日を過ごして
 また翌日に同じことをいっている
 どこかで自分らしさをキープしているのならいいのだが
 「人生全てが文句」のような人も見かける
 マイナスをマイナスのまま放っておけない自分
 よく我慢できるなと本当に頭が下がる
 
 自分にとって「無礼者」とは
 「人に迷惑をかけたり人の邪魔をしたりする人」
 自分だって子供の頃はそれなりにやんちゃだった
 ただ一つだけ自分のなかに「ルール」があった
 「直接的に人の邪魔や迷惑になるようなことはしない」
 学校の規則なんかは平気で破ったけどきちんと罰も受けた
 授業は聞かなかったが真面目に勉強している人の邪魔もしなかった
 もちろん個人の勝手な浅はかな解釈で
 思わぬところに迷惑はかかっていたと思う
 でも「自分勝手でも人の邪魔だけはすまい」とは常に心がけていたつもりだ

 自分にとって肝心なことは「主体性を持って生きる」ということ
 自分にとって大事なことは「自分がどう生きるか」である
 他人にとやかくいわれたところで結局自分が納得しなければ
 自分の方向性をかえられないのが自分の持ち味
 そんな風だから「その人らしく生きている人」に対して
 「そんな生き方よくないよ」なんて横槍を入れるつもりもない
 生き方は人それぞれ、色々あっていいと思う

 昔自分がまだ会社勤めだった頃
 「部長がさあ・・」
 「会社でさあ・・」
 そんな「評論家」的な人達を度々見かけた
 あくまで個人的な見解だが
 残念ながらそんな人達の気持ちをよそに
 「無礼者」の部長は今日もやってくるだろうし
 「無礼者」の会社は今日も同じこと要求してくるだろう

 何をどう受け止めてもどう対処しても自分の人生は自分のもの

 「問題と答えは全て自分の中にある」

 それが自分なりの人生に対する考え方だ


12-12-07-1.jpg
今の生き方になるまでに一番大きな影響を受けた「7つの習慣」
12-12-07-2.jpg
ついで影響を受けた「道は開ける」「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」

 三冊とも何度呼んだか覚えていないくらい読んでところどころにペンが入っている。「ビジネスマンの~」は成人の誕生日に親父が贈ってくれた本。これを機会に漠然としていた生き方を本格的に考え始めたような気がする。そこから現在やっと「自分らしい生き方、方向性」を持つようになるまで実に25年もかかったわけだが、元はといえばこの本があったからこそ。これは親父の気持ちと一緒に墓場まで持って行くつもりだ。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

 
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 このところ仕事の段取りが立て込んでおり、ブログの更新がペースダウンしておりますことをお詫びいたします。出来るだけペースを維持しながら更新を維持するように努めますので今後とも宜しくお願いします。

 さて、本日12月5日は「タイ王国の国王誕生日」、「王国」の文字通り、国のトップの誕生日とあってすごい盛り上がりを見せました。
12-12-05-1.jpg
誕生日に先駆けてウチのコンドミニアムに飾られる「プミポン国王」の写真

 現「プミポン・アドゥンヤラデート国王」は西暦2012年(タイ暦2555年)の今年で恩歳85歳を迎えられますが、ここ数年は年齢と体調不良で病院暮らしが続いておりました。今年は2006年以降久しぶりの一般参賀ということで、療養入院先である「シリラート病院」から謁見会場となった「アナンダ・サマーコム宮殿」まで、ものすごい数の人が押しかけて会場はまさに「黄色」一色!何故黄色なのかということについてはまた別の機会で触れるとして、その模様をちょっとお伝えしようと思います。管理人は残念ながら会場に足を運ぶことは出来ませんでしたが(前日から既に多くの人で埋め尽くされており、行っても果たして謁見できたかどうかは不明です、実際)、TVにてその光景を目にしました。雰囲気が伝われば幸いです。

12-12-05-2.jpg
「シリラート病院」を出て「アナンダ・サマーコム宮殿」へと向かう「プミポン国王」を乗せた車。

12-12-05-3.jpg
沿道にはものすごい数の人が陣取っています。

12-12-05-4.jpg
謁見会場の「アナンダ・サマーコム宮殿」には寸分の隙間もないほどの人が!@@;

12-12-05-6.jpg
本当にすごい人!人!そして人!一体何人の人がいるのでしょう?@@;

12-12-05-7.jpg
そして国王を乗せた車が入ってきました。

12-12-05-8.jpg
感極まって泣き出す人もちらほら・・

12-12-05-9.jpg
政府関係者も国王との謁見をずっと待っています。

12-12-05-10.jpg
程なくして国王が姿を現しました。

12-12-05-11.jpg
国の要人が祝辞を伝えます。

12-12-05-12.jpg
「ワチラーロンコーン王子」に・・

12-12-05-13.jpg
「インラック首相」、さらに政府要人、軍関係者・・多くの人がお祝いの言葉を送りました。

12-12-05-14.jpg
これに対して国王が答辞を述べます。

12-12-05-16.jpg
当日は本当に暑く正装ではかなりキツイ様子、体調不良で運ばれる人も・・

12-12-05-15.jpg
最期に王族一同が整列、その後幕引き。

12-12-05-17.jpg
会場から病院までの道程、皆が「長寿おめでとうございます」の合唱。

12-12-05-19.jpg
祈りを捧げる尼僧。

12-12-05-18.jpg
このような雰囲気の中、式典は終わりました。

 この「プーミポン・アドゥンラヤデート国王」、ものすごいカリスマ性だと思います。戴冠したのが弱冠22歳!!その後、聡明、思いやりと優しさ、そして行動力を併せ持った国王として実に多くの人に愛されてきました。「85歳になった今でもこれだけ多くの他人に支持されるというのは単に『国王』という肩書きだけではムリ、彼だからこそここまで愛されるのだ」と感じているタイ人も多いようです。式典そのものは恐らく30分程のことだったと思いますが、たったそれだけのために前日から本当に多くの人が会場に詰め掛けました。国王が帰途につき、病院内に入っていくところでは本当に多くの人が泣いている、それが本当に印象的でした。
 日本で「行列が出来ました」といえばせいぜい「話題の新製品がいよいよ解禁!!」というのくらいで、特に国や政治に関わる人で、ここまで人を動かし、そして感動を与える人、いないような気がします。外国人である私すら感動した今日の式典、こんな人物を有する「タイ王国」が少し羨ましくなってしまいました。と同時に、「人生の舞台にいい国を選ぶことができてよかった」とつくづく感じる今日この頃です。

<今日の一枚>
これぞ「微笑みの国」
12-12-05-20.jpg
とても印象的だったもう一つ、それは「国王の誕生日を祝っている人全てが幸せそうな顔をしている」ということでした。皆本当にいい笑顔。こういうところが「タイの魅力のひとつ」でもあるんでしょうね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
124位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。