しばしのご無沙汰でございました。管理人、不覚にも疲れから風邪を引きまして、ここ数日厳しい状況でした。ということでまだ病み上がりですので、軽い記事にさせていただこうと思います。

 今日のテーマは表題ズバリの「ペプシ・コーラ」です。日本では「コーラ」といえば「コカ・コーラ」(昔そんなキャッチもあったような・・)が圧倒的なシェアを誇っていますが、タイでは「ペプシ・コーラ」のほうが人気といえるんではないかと個人的には思っています。自分の好みとしても炭酸の強さ加減なのかはたまた甘さ加減なのか、「ペプシ・コーラ」に軍配が上がります。
 ウチのコンドの一階に「ファミリーマート」がありますが、売り場はいつもこんな感じ・・

13-01-30-1.jpg
「ペプシコーラ」500mlの部分のみが大きく凹んでいる

 左から4番目、「コカ・コーラ」の左横が大きく凹んでいますね。これが「ペプシ・コーラ」のフェイスです。自分もよく飲むのでここに買いに来るのですが、いつもこんな感じで「ペプシ」は品薄、売り切れもしょっちゅう。さらに下段の1Lボトルにもご注目!よく見ると「コカ・コーラ」2フェイスに対して「ペプシ・コーラ」3フェイス。売れ行きを物語っています。
 最近管理人も「タイ人化」が進んだのか、よく「ペプシ」を飲むように・・ですからウチの冷蔵庫にもほら!

13-01-30-2.jpg
管理人宅の冷蔵庫に並ぶ500mlボトル

 全てのタイ人が言うわけでは勿論ありませんが、「500mlのほうが1Lよりも美味しい!」という意見は多いです。ちなみに管理人もこれには同感、「1L」だと一発ではなかなか飲みきらない、キープしている間に炭酸が抜けていわゆる「気の抜けた」状態に・・ですから売り場でも「500mlのほうが1Lよりも圧倒的に足が早い」ように感じます。ちなみに「500ml:18バーツ」「1L:24バーツ」ですから、「1L」のほうが圧倒的にお買い得なのに売れるのは「500ml」、タイ人のこだわりを感じますね♪(ホンマかいな・・)

 日本で一時「ペプシマン」が流行った頃に結構飲んだ覚えがあるくらいで、もともと「骨を溶かす」とかなんとかでタイに来る前は正直「コーラからは遠い存在」だった管理人、それがなぜかタイに来てからは結構頻繁に飲むようになりました。この気候の暑さに炭酸がよくマッチするんでしょうね!

13-01-30-4.jpg
管理人の引越してすぐの頃、部屋の整理をしながら飲んだ「ペプシ」、うまかったぁ♪


 最近はコンビニの発達とともにディスペンサーもふえ、それに伴い「コカ・コーラ」のディスペンサーがとても増えてきているように感じますが、それでも全体的にはやっぱり「ペプシ・コーラ」、「屋台とかで氷入りの袋に入れ替えてもらって飲むペプシ」には独特の美味さがあります。タイに来たら皆さんも是非飲んでみてください!暑いさなかで飲む「ペプシ」、とっても美味いですよ!!あ、「コカ・コーラ」が好きな人は勿論「コカ・コーラ」だって手に入ります♪あくまで管理人の趣味とお知り置きくださいませ、他意はございませんのであしからず。

<今日の一枚>
再出ですが・・
13-01-30-3.jpg
引越し最中、コンドミニアムの部屋の片づけをしながら飲んだ「ペプシ」です。暑いのとのどが渇いたのとですぐ飲みたかったのですが「コップがない!!氷があるからどうしても氷を入れてのみたい!!」、色々部屋の中をあさった挙句見つけたのは「冷蔵庫のドリンクサーバーの給水ボトル」でした。冷蔵庫から外してコップ代わりに。いい思い出です♪

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



スポンサーサイト
 
先日とある人からメッセージをもらった
「自分も何かしたいけど現実の壁に阻まれてとても厳しい、
着実に夢に一歩ずつ近づいているシュールさんが羨ましい」
多くは書かないが、そんな内容のものだった
こういってはなんだが、その気持ちはとてもよくわかる
だって、自分にだってまるっきり同じ部分があるから

自分にも羨ましいなぁと思う人がいる
私と彼はとてもいい友人関係で色々な話が出来る人だ
彼は自分よりも十歳以上も若いのに
自分よりも英語もタイ語も堪能、
既にバンコクでバリバリと仕事をこなしており
なかなかの厚待遇にありながらも
より大きな目標に向かって日々努力を重ねている
人間的にも驕ったようなところが全然なくて
自分的には彼に対してただただ感心するばかりである
彼が私に対してどう思っているかは知らないが
私は彼と較べて多くの点で大変劣っていると思う
彼が外国人と上手にやり取りしているところをみると、
彼がバリバリと前向きに仕事をこなしているところをみると、
嫉妬や羨望の気持ちをとても強く覚える

その一方で彼にはとても感謝もしている
彼と一緒にいることで自分のことを叱咤激励するからだ
彼が色々なことを私よりも上手くできるのは
ひとえに「彼は私よりも頑張った」ということである
それも、私よりも全然若いのにこんなに大きな差が出来るほど
だから彼と会う度に「自分ももっと頑張らなくては」と余計に強く思う
自分は傲慢になりがちな性格だから、彼という人物がいなければ
自分自身の頑張り度は恐らくもっともっと低かったに違いない
私は彼がこんな自分と友人でいてくれることにも感謝している

他人のことを羨ましいと思うこと自体は悪いこととは思わない
自分がこうありたいという姿を写し出していると思うからだ
自分に何が欠けているか、どういった努力が必要か、どんな願望があるのか
「嫉妬」や「羨望」はそんな大事なことを教えてくれるひとつの機会だと思う
相手に負けじと思って頑張ったつもりが必ずや自分のものになるだろう
例え動機の主体が相手にあったとしても、頑張るのは「自分自身」だからだ

己が頑張ればそれに感化された相手がまた頑張る、
そしてその相手に感化されて自分がまたまた頑張る・・・
いわゆる「切磋琢磨」というやつだが、自分の場合は
何も特定の相手に限るのではなく、多くの人に感化できればと思う
あくまで私的な考えだが「先輩はどこかカッコよくあるべし」というのがあって、
そんな自分も気がつけば40も半ばを過ぎて
自分目線からみて「後輩」にあたる人も増えてきてしまった
こうなった以上は自分もそれに外れぬように
「せめて自分なりに納得のいく、カッコいい生き方をしよう」
「『俺はこれだけのことはやったんだ』といえる人間になろう」、
最近はそんな気持ちも自分が頑張るうえでの一つの動機になっている

「人に羨ましがられてこそ本物、それを作り上げるのは生き様」
自分はそんなことを彼から学んだような気がする
私が彼を「ひとつの目標」に掲げたように
今度は自分が誰かにとって「一つの目標」になったとしたら
「いい先輩になれた」とちょっと納得できるかもしれないな
彼のように自分よりすごい人は幾らでもいるだろうが、
自分も自分なりにしっかりと成長していくつもりだ


13-01-26-1.jpg
普段から持ち歩いている辞書。本来は見出しがないのだが、自前で見出しをつけて使いやすくしてある。この方法も彼に教えてもらった。彼の辞書のほうが私のものよりも恐らく3倍くらいは汚れている。努力はどこからか読み取れるものなんだよなぁ。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、前回の記事でも少し触れましたが、今回の帰国時には「ちょっとしたアクシデント」がありました。なんと「コンドミニアムで飼っている金魚の水槽にヒビが入っていた」のです!!

13-01-25-1.jpg
水槽にバッチリとヒビが入っています!!

 幸いにも大きくヒビが入っている割には水漏れはほんの僅か、かなりの水量が確保されていたので大事には至りませんでしたが、それよりも気になったのは「どうやって?」ということでした。この帰省の間は勿論私のコンドミニアムの部屋には誰もいません(のはず)でした。ですから「なんでやねん?誰からも触れられていないのになんで勝手に割れるワケ!?」となるわけです。「貞子(ふ、古いですね・・今回も「ゴメン隊参上」となるかも・・)の仕業か?はたまたドロボウが?」等とアホなことを考えてみました(ウソ)が、こう見えて管理人、なかなかアクアリスト暦が長く実に色々な出来事に遭遇してきました。そして過去に一度、同じように「何もしていないガラス水槽にある日突然ヒビが入った」ということがあったのです。かなり小さなヒビでもかすかな振動なんかで次第に拡がっていく、そんな性質があるようですね。車のフロントガラスなんかもそうですね、合わせ強化ガラスですが、飛び石なんかでヒビが入ると次第にそのヒビが大きくなる、そんな経験をお持ちの方も見えるのでは無いでしょうか。今回は留守にあわせてガラス蓋の上部に「給餌機」を設置、一日二回給餌をするようにタイマー設定していたので、その辺の影響もあったのでしょう。恐らく小さなヒビがあらかじめ入っていて、そこに給餌機の定期的な振動が作用した、そんな風に考えています(そこまで深く考える問題でもないといえばそうなのですが・・)。
 まぁ四の五の考えてもしょうがないし、帰宅して荷物を紐解きつつ、新しい水槽を調達してきました。フタは今までのが使えるので水槽のみ400バーツで購入、ちなみにサイズは60cmですがフタ付きだと確か600バーツだったか800バーツだったかと思います。この辺は製品のレベルにもよります。

13-01-25-2.jpg
ペットショップはバイクでコンドからわずか3分くらい、メチャ近いです♪

 程なく入れ替え終了、念のため設置には気を遣って出来るだけのアクシデント防止には努めました。

13-01-25-3.jpg
入れ替え終了、ついでに半換水。これくらいのことは朝飯前です♪

 やれやれ、一件落着かと思いきや!!さらなるアクシデントが!!金魚の体色が!!(@@;)とりあえずは画像をご覧あれ!!

13-01-25-4.jpg
帰省前
13-01-25-5.jpg
帰省後

 「帰省前」の写真の向かって一番右の「らんちゅう」、背が黒くて横は黄金色という美しい体色だったのに「帰省後」の画像では背や尾の黒が抜けてしまって殆ど薄オレンジ色に!!・・(@@;)・・シブイ色が気に入っていたのに(驚&泣)・・・さらに、画像では解りづらいのですが、「帰省前」の左端の「黒出目金」も全体的に黒かった(だから「黒出目金」なんですが・・)のに、「帰省後」ではえら横から体側、さらにヒレまで色が抜けてしまい、いまや「まだら出目金」としか呼べない代物に・・日光の照射が体色にある程度影響するとは覚悟していましたが、水草の光合成に気を遣ってカーテンを開けっ放しで帰省したら、これほどまでに変色するとは大きな誤算でした。

 まあ何はともあれ自分も無事に返り、水槽にはヒビが入ったものの水漏れもほぼ無く、金魚も色が変わったものの皆元気なのでよしとしていますが、なんとも面白いハプニングでした。丁度口の上の部分だけに黒が残った「らんちゅう」、まるで「ちょびヒゲオヤジ」のようですが、ますます愛着が湧きましたよ♪

 今回の記事が皆さんの笑いの足しになれば幸いです♪

<今日の一枚>
ウワサの給餌機
13-01-25-6.jpg
帰省前に設置していった「給餌機」、時計内蔵で時間が来ると自動で給餌します。最大一日5回まで給餌を設定できるスグレモノ、こういった旅行時にあると大変重宝します♪

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 ご無沙汰でしたが久しぶりにここのネタをアップします。今日は個人的にちょっとびっくりした「署名には青のボールペン?」です。

 日本でいわゆる公式文書にサインする際に使われる色というと「ブルーブラック(化学変化を起こすもの)」なんて決まりがあるようですが、我々日本人が日本において日常的に署名に用いるインクは「黒」が圧倒的に多いかと思います。ところが、これはタイにて私が会社を立ち上げるに当たって様々な手続きや契約書にサインするにあたって知ったことなんですが、タイではどうやら「署名は青」のほうが公式なんですね。ですから様々な局面で「青のボールペンでサインしている光景」を目にします。「コンドミニアムの契約書」「領収書」「見積書」・・・今まで「署名は黒」の概念が強かったので、ちょっと違和感を感じるのと同時に非常に驚きました。特に今後タイでそういった局面に当たる可能性のある人は知っておくといいかもしれません。

追伸:
一部ブログ読者の方の誤解を招いたようですので表題ともに内容を一部訂正いたしました。失礼致しました。

<今日の一枚>
だからタイではこんなのが売っているのだ♪
13-01-10-1.jpg
「青のボールペンの詰め合わせ♪」、各メーカーありますよ♪値段忘れたけど、メッチャ安かった、インク駄々漏れだけど・・だからちょっと後悔ww

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 管理人がタイに住むようになって感じたことは「写真をちょくちょく使う」ということでした。「ビザの取得」とか「コンドミニアムのプール&フィットネス使用許可証」とか・・何に使ったか忘れてしまった部分も沢山あるんですけど、とにかく二枚か三枚日本から持ち込んで、さらにこっちで8枚追加して、でも今もう二枚しかないですから、結構顔写真を使ったんだなぁと自分でも少し驚くほどです。使用頻度は人によるのかもしれませんが、とりあえずここではその証明写真の準備の仕方をお伝えしましょう。

 日本には結構便利な「証明写真機」とかがスーパーや駅なんかに設置してあったりしますが、タイの場合はまだまだ「写真屋さん」が健在。そこで撮って貰うのが普通です。

13-01-08-1.jpg
バンコクにはこんな感じの写真屋さんがそこらじゅうにありますよ。「コダック」「コニカ」が殆どと思います。

13-01-08-2.jpg
中は至って普通のカメラ店らしく「デジカメ」とか置いてありますが、さらに「コピーサービス」とかもあります。

13-01-08-3.jpg
よく見るとまだ「フィルム」を売っているんですよね!!そういえばこの間「フィルム式カメラ」直しに来ている人、見かけました。

13-01-08-4.jpg
こんな感じでサイズや枚数を選ぶことが出来ます。

 基本的にはサイズと枚数を決めたら後は店主にお願いするだけ。基本的には店主がデジカメで撮って、その場で必要な枚数を焼いてくれます。店にもよりますが、所要は早ければ10分足らず、長いと20分以上かかることも。枚数が多いほうが割安なんで、髪型とか特に変えないような人なら結構枚数取っておいてもいいと思います。

 空港や入国管理事務所等、いざ必要なところには結構即席のような、あるいはそれに近い写真屋がいますが、値段が割高な上に場合によっては人が多くて待ち時間もかなりかかる、何てこともあります。そんなときは「備えあれば憂いなし」、管理人のお勧めです。

<今日の一枚>
やっぱりこのお方が・・
13-01-08-5.jpg
写真屋に限らずですが、特に写真屋は国王をはじめとする王族の写真の展示が多いです。流石は「タイ王国」

 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 今日は前回のクリスマスに引き続き「年越し」についてのお話です。管理人にとっての初めてのバンコクでの年末年始は「お寺」で過ごしました。その模様についてお伝えします。

13-01-05-1.jpg
大晦日の23時前に着きましたが、お堂の廻りには既に沢山の人がいます。お堂の中には沢山の僧がいて読経が聞こえてきます。とりあえず管理人も自分の場所を陣取りました。

13-01-05-2.jpg
ずっと、というわけではないですが、基本的には皆さん出来る限り合掌しています。お経もやむことなく続いています。

13-01-05-3.jpg
一時間以上続いてもまだ止まぬお経に犬もぐったり?それとも癒されているのかな?

13-01-05-4.jpg
そのうち日付変更線を越して、しばらくするとお経が止み、お坊さんから新年を迎えたことのアナウンスがあります。そしてうち一人が外に出てきて、清めの水を掛けて廻ります。

13-01-05-5.jpg
水を掛けられる段になると皆深くこうべを垂れて合掌しています。

13-01-05-6.jpg
それに続きお坊さんから「タンブン(=徳を積むこと、このようにお寺に来てお祈りを捧げることもその一つといえるしょう)」の証として「お守り(プラ・クルアン)」をもらえます。そして各々家路へとついていきます。

13-01-05-7.jpg
お堂の中にも沢山の人がいて、仏像に祈りを捧げたりしています。

13-01-05-8.jpg
さらにお坊さんに話を聞いて貰ったりする人も。

13-01-05-9.jpg
帰り際、新年を祝う花火が鳴り響いていました。

13-01-05-11.jpg
管理人が頂いた「お守り」。大事にします。

 前回の「クリスマスの記事」のときのように「セントラルワールドあたり」で年越しのカウントダウンというのもあれば「クラブディスコで」「ホテルで」「ビアバーで」・・まぁ色々なスタイルがあるでしょう。また、「王宮前広場」もかなり大きな催事になっているようです。管理人の場合は年齢も年齢、しかも誕生日が元日なのでなんとなくすこし落ち着きたい心持ちになる毎年のこの日、お寺での読経がピッタリだと感じました。

 「初詣で」というと、日本の場合は比較的「神社=神道」的なイメージかと思います。しかしタイは「仏教=お寺」、感覚が違います。管理人独特の感覚なのかもしれませんが、「神」には「すがる」かもしれませんが、「仏」には「祈る」という感じではないでしょうか。タイに来てますます明確になりましたが、教義は色々あるものの「仏道は己の幸せを己自身で探し突き詰める道、仏にすがってなにかを得ようというものではない」というのが基本だと思います。管理人もそのスタンスが好きで、それを念頭に毎日祈りを捧げています。

 タイのお寺で過ごす「ゆく年くる年」、なかなかおつなものだと思います。もし機会があれば、喧騒を離れてお寺でじっくりとゆったりと時間を過ごす、是非体験してみてください。

<今日の一枚>
そのときの一枚
13-01-05-10.jpg
今年最初の自画です。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 さて、今日は少しタイミングが外れていますが、「バンコクでのクリスマス」のお話です。

 日本では「クリスマスは年末年始とセット、いよいよ年末がやってきた」というような感覚があるかもしれません。さらに「天皇誕生日」も近いので曜日の組み合わせによっては昨年のように連休になることも・・人によっては大型連休に組み入れてしまうのかもしれませんね。
 タイでも「クリスマスは一つの行事」として捉えられているようですが、日本ほど派手さは感じません。大型のツリーや演出はあっても「街中のコンビニの前あたりにサンタの衣装を着た売り子がケーキを売る」何てことは無いようです。むしろ一般人のほうがサンタチックなコスプレをして、特設ビアバーでビールをぐいぐいやりながら各々が楽しんでいる、そんな感じです。基本的には比較的若い世代がメインで楽しむイベントでしょう、その辺は日本とも近しいと思います。今年は「セントラルワールド」にてクリスマスを過ごしました、その雰囲気をお楽しみください。

13-01-03-01.jpg
セントラルワールド前、クリスマスらしい演出が見えます。

13-01-03-02.jpg
人の数もすごい!!

13-01-03-03.jpg
コスプレしながら楽器演奏する人たちも。

13-01-03-04.jpg
様々なイベントが行われています。

13-01-03-05.jpg
ツリーの横には「ハッピーニューイヤー」の電飾も。この辺はタイならでは?

13-01-03-06.jpg
コスプレチックな可愛いコ、ついつい目がいってしまいます・・

13-01-03-07.jpg
コスプレチックなカップルの姿も。

13-01-03-08.jpg
こんなサンタまで!!

13-01-03-09.jpg
「親バカ」は日本もタイも同じです。

13-01-03-10.jpg
ここは「シンハビール」のビアホール。中にはステージがあってコンサートが。

13-01-03-11.jpg
こっちは「タイガービール」。雰囲気的にはどこもこんな感じ。「チャーンビール」あたりもありました。

13-01-03-12.jpg
本格的なコスプレ、結構いますよ。ここまでやる子は可愛くてスタイルのいい子が多いです。

13-01-03-13.jpg
タイ人は写真大好きです。みんな本当に各々楽しんでいます。

13-01-03-14.jpg
みんな帽子かぶってるし・・笑

13-01-03-15.jpg
一見「女性」に見えますが「男性」の皆さんです。赤白でキメてます。

13-01-03-16.jpg
こんな感じのクリスマス、楽しませていただきました♪

 「自分主体で楽しむ」ということに掛けてはタイ人は非常に上手、各々がおおらかに楽しむ姿を見ているとこちらも楽しくなってきます。「隣が気になる日本人」、ある意味で見習うところがあるかもしれません。南国のクリスマス、なかなか楽しいですよ!!
 ところでこの「クリスマスの演出」、年が明けた今日、一月3日になってもまだ飾られています。タイ人に聞いたところ、「クリスマスからさらに10日間くらいは展示されている」とのこと。日本の場合はその雰囲気のギャップから「クリスマスが終わったらすぐ全て正月演出に切り替え!!」というところがありますが、タイにはそんな発想は無いようです。むしろ「クリスマスがハッピーニューイヤーの演出を兼ねている」という雰囲気です。タイには4月に「ソンクラン」という「タイ暦の正月」があって、そちらのほうがウエイトが高いというのが影響しているのかもしれませんね。この辺にもお国の違いを感じて面白いですよ。外国の人に言わせると「日本人は時計に支配されている」といいますが、その日が過ぎれば演出をガラッとかえるあたり、いかにも「日本的」ですね、笑。

<今日の一枚>
日付にご注目!!
13-01-03-17.jpg
これは「アソーク」の「ロビンソン」と「ターミナル21」のツリー。こんな感じでまだまだクリスマスツリー、しっかり飾られていますよ!タイの豪華なクリスマス演出、お正月に遊びに来てもまだまだ楽しめます。

 最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したらこの下のリンク、クリックお願いします。
 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



 
 自分の誕生日は正真正銘の元日だ
 だから子供の頃は大好きな雑煮の後で大好きなケーキを食う、
 そんなちょっと嬉しい日だった
 ただ、「お年玉」で誕生日をごまかされたりして
 ちょっと損な思いをしていたことも覚えている

 大人になるにしたがって段々と色々考えるようになった
 「今年は〇〇をやろう」とか「〇〇をマスターしよう」とか
 「一年の計は元旦にあり」
 なんていうから、自分の誕生日くらいゆっくり過ごしたいと思って
 12月30日とか大晦日とか、そんな元日の前々から色々と思いを馳せて
 自分の気持ちをまとめていたものだ

 でもそんな風に色々まとめてあげても一年間それを守れたためしがない
 日々の生活に流されていつの間にか舵を失い目標とは違うところへ、
 そして気がついたらまたその年の大晦日を迎えている
 全然褒められるところがない、でもしかたない、結局自分が悪い
 他の人はどうだかしらないが、自分の場合はこれまでずっとそうだった

 そんな自分が今年生まれて初めて誕生日を実家以外で過ごした
 「ここで生活の基盤を立ち上げよう」と思ってやってきたここ、タイだ
 面白いことに例年のように気持ちをまとめる必要がない
 「心の中にある目標は既に定まっている」ということがわかったからだ
 タイに移住しようと決めたその日から目標はもう決まっている
 そして迷うことなく毎日そこに向かって進んできた
 いまさら何かを大きく変えようなんて思っていない

 「元旦」が誕生日の自分、思い切り勝手に言わせて貰う
 「一年の計」は「元旦」になんかありゃしない
 「一年の計」は「頑張った一日を365日積み上げた先」にある
 それ以外に「一年の計」なんて手に入れられっこない

 「元日」は「今年一年、しっかりと頑張ろう」と、その覚悟を決める日だ
 「何を頑張ればいいかわからない」って?
 ならそれを決めることが先決だろう、「目標を決めること」を目標にすればいい
 そしてその目標が決まったのなら、その日を「自分の元日」にすればいい
 「自分の人生専用の元旦」があったっていいじゃないか
 自分の人生、カレンダーに踊らされるなんて滑稽だろう
 「人生=時間」ならその時間を仕切るのも自分自身
 「元日」までついでに自分流に仕切ってしまえばいい
 誰も文句は言わないさ


7.jpg
8.jpg
この年末年始は、お寺で読経を聞きながら年越しをした。一時間以上にわたる読経と合掌で不思議と心が静まり、静かに自分と向き合える。それが終わると僧の一人が清めの水を参拝者にかけていく。そして最後にはお守りをもらえる。自分にとってはふさわしい年越しだった。

 

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
143位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム