スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



「タイマッサージ6:マッサージの上手な受け方」

 「タイ語の勉強をしながら」「引越し準備をしながら」「渡航してからの段取りを考えながら」とまあ色々なことを並行して行うなか、ブログも何とか更新を続けております。ご覧に来てくださっている皆様、有難う御座います。

 さて、今日は「マッサージ」ネタの引き続きで「マッサージの上手な受け方」というテーマでお話を進めたいと思います。「は?マッサージに受け方なんてあるの?」と思われる方もみえるかもしれませんが、ここでいう「マッサージの受け方」とは「マッサージ行為そのもの」に限らず「マッサージを受けるにあたって、快適に過ごすための準備全般」という意味と捕らえてください。たとえ同じマッサージであっても、「ちょっとの知恵」がより快適度を増すために大いに役立つことがあります。具体的な流れを追いながらのほうが状況を把握しやすいでしょうから、とりあえずお話を進めていきましょう。ポイントになる部分は番号をふっていきます。

 まずマッサージを受ける際の自分の服装をチェックしましょう。通常「タイマッサージ」や「オイルマッサージ」を受ける場合は、あらかじめ店側が着替えを用意していくれていたり無着衣だったりするのでさほど問題はありませんが、気に掛けたいのは「『フットマッサージ』を受けるとき」です。「フットマッサージ」の場合は「(ほぼ100%近く)オイル・クリームを使用」しますし、「膝上」や「内腿」といった「膝上のところ」にまでマッサージが及びます。着衣によっては「オイル汚れ」を心配したり、少しきつめの着衣であれば十分なリラックスムードが味わえないこともありますね。そんなときは「①着替えを借りましょう」。どの店も替えのタイパンツや短パン等を持っているはずです。このほうがリラックスできるので、私はいつでも着替えを借りるようにしています。

 服装が落ち着いたら次は環境です。「タイ」はご存知「南国」、そして「タイ人の『エアコン好き♪』」ときたら、「何でこんなに寒くするの?」というくらいガンガンに冷やされているところがTPOを問わず無数にあります。そしてマッサージ店もその例外に漏れず・・特に基礎体温・基礎代謝の低い人等は「気持ちよくマッサージを受けるどころか、寒さで身体がかじかんで痛いばっかりだし、オマケにカゼまでひいてしまった」なんてことも実際によくある話、これではせっかくの時間が台無しですね。こんなときは対応は大きく四つ。まずは「②場所移動」です。遠慮せずマッサージ師や店員に「寒いから場所を移りたい」と申し出ましょう。満員などで場所が変えられない場合は「③エアコンの送風口の向きを変えてもらう」という手もあります。寒いところはえてして「エアコンの風が直接あたるところ」が多いもの。何処の店でも比較的普通に対応してくれます。また、空調を一括で行っている店は難しいケースもありますが「④エアコンの調整温度をあげてもらう」こともありです。お客さんが少なかったり、複数のエアコンを稼働している場合は応じてくれることがあります。そして最後に「⑤毛布を借りる」というのがあります。これも普通何処の店も同じで、すんなり貸してくれます。「アオ(もしくは「コー」)・パーホン(ム)(※最後の(ム)ですが、「ム」と言うつもりで最後の「ン」を発音します。「ホンマ?」の「ン」という感じです)」と言ってみましょう。

 これでとりあえずの準備は万端、実際にマッサージをうけることとなりますが、ここからはさらに二つ。よくありがちな「強すぎて痛い」「弱すぎて物足りない」という二点。「⑥痛いときは『バオバオ』(※『弱く』の意です)」「⑦物足りないときは『レン(グ)レン(グ)(※『強く』の意。最後の(グ)は発音するつもりで実際は発音しないこと。『音楽(おんがく)』の『ん』に近い音)」と言ってみましょう。「タイマッサージ2:『上手なマッサージ屋』を選ぶには」でも書きましたが、タイマッサージ師にも「ピン」から「キリ」まで、結局は「マッサージ師のセンス」によるところが大きく、「マッサージセンスの守備範囲が狭いマッサージ師」にあたるとどうしても「そのマッサージ師にとって丁度圧しやすい圧力(お客さん本位ではなくマッサージ師本位の力加減)」に終始しがちです。また、マッサージ師のなかにはどちらかというと「治療」のつもりで「凝り固まった筋肉に思い切り圧をかけてくる」人もいます。こちらはリラックスのために程よい強さを求めているのに、これではたまったものではありません。「マッサージは痛いものだ」と決めてかかって最初から我慢するばかりが能ではありません。マッサージ師も別に悪気があってやっているわけではありませんし、こちらから要望を言えばそれに応えようとする人が殆どです。遠慮せず⑥⑦をしっかりと伝えましょう。

 そして最後のコツ、それは「マッサージを受ける自分自身の呼吸」です。「フットマッサージ」ではあまり活用しないものですが、「タイマッサージ」「オイルマッサージ」ではこの「呼吸」が思いのほか大事になってきます。「⑧入力時(マッサージで圧されるとき)には息を吐き、抜力時(押されていた状態から開放されるとき)には息を吸う」ことです。特に背中や腰をマッサージされているときは、「マッサージを受けている自分自身のリラックス」に大きく貢献するでしょう。できるだけゆっくり、ゆったりと行うことです(マッサージ師がヘタな場合、こうは行かないこともありますが・・)。特に「タイマッサージ」は少し変わった姿勢をとらされることも多く、とりわけ初めての人は変に身体に力が入ってなかなかリラックスできない人も多いようです。マッサージ中はとにかく「脱力&リラックス」を心がけてください。ダラダラで姿勢が悪くてもマッサージ師が勝手に修正します。自分は「まな板の上の『マグロ』状態」でOK!です。

 マッサージとは本来「とても気持ちのいいもの」で、「タイマッサージ1:マッサージ屋に行こう♪」でも書きましたが、管理人個人的には、施術を受ける立場としても施す立場としても「気持ちよくなければ意味が無い」と思っています。実際に「治療目的」である程度きついのを覚悟してマッサージを受けたとしても、上手なマッサージ師が施術した場合は「痛いなかにも気持ちよさが必ず共存している」ものです。その比率がどうであっても必ずこの両者は共存(いわゆる「痛キモ」ですね)して、そして「マッサージ終了後はすっきりとした気持ちよさが後を引く」、そんなマッサージが「いいマッサージ」と管理人は考えます。
12-05-31-4.jpg
頻出写真で失礼、お客さんは皆気持ち良さそうですね♪

 さらに、マッサージ師にとって「チップ」はとても重要な生活費の足し(「日本とタイその1:『チップ』に支えられているタイ人」参照のこと)、できたら沢山チップが欲しい、だからいい仕事をしようと考えているマッサージ師も数多くいます。そんなマッサージ師の気持ちを知らないまま、色々注文したいのを最後まで我慢して「このマッサージ師はヘタだった」とチップもあげずに帰ってしまう、これではどちらにとっても非常に残念な話。極まれにどうしようもないマッサージ師(全然融通の利かない、というか、こちらの意向をまるっきり無視する人)に遭遇することもあるかもしれません。実際に私も数多いマッサージ暦のなかで二人ほどそういう人に当たったことがありますが、その人達は多分「『日本人』そのものが嫌い」だったり、あるいは「たまたま虫の居所が悪い時」だったんだと思います。そういう場合はチップに反映するなり、マッサージ師を代えて貰うなり、というのも致し方ないかと思います。
12-05-31-3.jpg
仲良くなればなるほどマッサージ師は頑張ってくれる、頻出写真スマソ

 「『マッサージ』とは『マッサージ師』と『お客』の共同作業」、ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、例えば家族、あるいは友人同士などで肩等をもみ合った場合、「もっと強く」とか「もう少し上もお願い」とかなりませんか?揉んでいる方もせっかく揉んであげているんだから相手から「気持ちよかった、ありがとう」と喜ばれたいものですよね。これはお店であっても同じこと。双方にとって「よいマッサージ」するためにも注文はきちんと伝えて、マッサージ師がそれに応えて頑張ったらチップもそれなりにあげて欲しいなと思います。
 管理人は「一マッサージ師」としても「一お客さん」としても、「双方のサバイサバーイ♪」を心より望む次第です。今日の記事が皆さんの「サバイサバーイ♪マッサージライフ」につながりますように♪

<今日の一枚(正確には「二枚」>
このマッサージを受けている二人は・・
12-05-31-2.jpg
12-05-31-1.jpg
「管理人の両親」です。二人とも気持ち良さそうに寝ていました。私がタイにいるときに、日程を合わせて遊びに来ました。もういい御歳ですが、しっかりマッサージを受けてしっかりタイで遊んでいきました。「とても楽しかった♪」と言ってくれていたので、どうやらタイ旅行、しっかり満喫してくれたようです。

 次回は今回の記事に少しちなんで「タイ旅行心得3:『黙っていては分かって貰えない』と思え」です。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「タイマッサージ6:マッサージの上手な受け方」】

 「タイ語の勉強をしながら」「引越し準備をしながら」「渡航してからの段取りを考えながら」とまあ色々なことを並行して行うなか、ブログも何とか更新を続けております。ご覧に来...

コメント:

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
116位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。