スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



「トラブル回避の為に1:『パスポート』の管理はしっかりと」

 こんにちは、タイへの出発まであと二日(この記事は10日に書いています)、スーツケースのパッキングに試行錯誤しながら記事を書いております。

 最近特に「mixi」を少しずつですが活用するようになってきており(お、遅っ!!(@@;;))、「ブログの読者」とおっしゃる方々からも少しずつご意見を頂戴するようになって参りました。そんななか、ふと「私のブログの中に大事な項目が欠落している!!」と気付きました。私自身渡航の際には毎度気を使っている「トラブル回避の為の手段」です。ブログの各記事の中に書いていることもありますがそれでは足りない部分もあり、カテゴリーとしてまとめてしまったほうがいいだろうと思い立ち上げることにしました。今日は「パスポート」に関わるお話です。

12-06-11-3.jpg
海外旅行とは切っても切れない「パスポート」、しっかりとした管理を

 日本と他国との違いのなかに「IDカード」というものがあります。他国ではその受給年齢は様々ですが、大体10代の半ばには国から「IDカード」が支給されるようです。一方、日本にはこの「IDカード」が無く、学生であれば差し詰め「生徒手帳」、成人近くになると「運転免許証」「保険証」等が「身分証明書」のような役割をしています。ここからが肝心なのですが、「日本の場合はこれらを普段持ち歩く義務はない」のに対し、「外国の場合は『身分証明証を携行すること』が規則になっている」というのが殆どでしょう。少しアダルトな話題となりますが、例えばどこか「『そっち系』の遊び場」へ行ったとして、女の子を同伴でホテルへ帰ってきたりすると、その同伴の女性は「ホテル側から『セキュリティチェック』を受けるとともに『IDカード』を一時的にホテルに預ける」というのが一般的です。これは相手が「夜の蝶」であろうが「夜のクモ(冗談ですよ、冗談♪)」であろうが、「一般人」であろうが同じことです。「ホテルが『部外者』と認めた人物」はその身分を明らかにするためにこのような「IDチェック」があるのです。また、さらに「IDチェックに合わせて宿泊者に『ジョイナーフィー』という特別料金を徴収する」ところもあります。この「ジョイナーフィー」についてはまた記事を別途アップするつもりです、きっと少なからず関心のある方もみえるでしょうから。
 「タイ」でしばし問題となるのは「日本の『身分証明書を普段から持ち歩かない』という習慣」です。タイに限らず外国では「パスポート(身分証明書)の提示」を要求されることがしばしばあります。例えば「施設入場の際に身分証明として」とか「クラブやディスコに入る際」とか、はたまた「クレジットカードのサイン照合のため」とか・・パスポートを持参していないばっかりに目的が果たされないというケースもでてくることでしょう。日本と打って変わって「外国では身分証明証を携行しなければならない」と思っていて差し支えないと思います。その反面で、持って歩く以上は「紛失」「盗難」あるいは「破損」という可能性も出てきます。どうしたらいいのでしょうか。私の場合は「パスポートのコピー」を携行しています。これでとりあえず困ったことは殆どありません。

12-06-11-1.jpg
小銭入れに入れていつも携行しているパスポートのコピー

 私の方法としては、小銭入れに「パスポートのコピー」を折りたたんで入れて持ち歩いています。小銭入れを持たない人は財布やカードケースなどでもいいでしょう。一時は「タイ語のポケット辞書」のカバーに入れて持ち歩いていました。これでこれまで「クラブのセキュリティ」や「クレジットカードのサイン確認」、今回の「住居の賃貸契約」等全てクリアしました。ただ一度だけ「本物を持ってきてください」と言われたのが「『セントラルワールド』内のオフィスを訪問するとき」で、このときだけはパスポートを取りにホテルに帰りましたが、この一度きりです。向こうにいって直ぐに「銀行口座を開設する」つもりですが、その際も「まずは『コピー』でいってみよう」と企んでおります。
 「パスポートのコピー」を持つことのもう一つの利点は、「いざ紛失したときにコピーを持っていることでその後の再発行などの手続きがよりスムーズになる」ということです。例えばツアー会社や警察などに『パスポートを紛失しました』と届けるときに、相手にまず聞かれるのは「貴方の身分」についてでしょう。「肝心の『パスポート』そのものがないわけですから、『貴方自身を証明する他の書類』が必要」になってきます。この際に「パスポートのコピー」を持っていれば程なく貴方の身分が確認されるでしょう。が、逆にこれがないと大変な手間となってしまいます。「パスポートの紛失」そのものも確かに問題なのですが、本当の問題は「紛失した後」なのです。「転ばぬ先の杖」ということわざがありますが「パスポートのコピー」は差し詰め「転んだ後の杖」とでもいうべきでしょうか。持ち歩きに一部、予備でホテルのセーフティボックスにさらに一部、これだけあればとりあえずOKと思います。
 できることならトラブルはなし、でもトラブルがあっても問題が大きくなる前にしっかりフォローできるよう、「備えあれば憂い無し」、そんな体制で旅行に臨んでくださいね。皆さんの知恵の一つになれば幸いです。

<今日の一枚>
私のパスポートケース
12-06-11-2.jpg
私のパスポートケースはこのように「ストラップ付き」です。紛失しないようにカバンのファスナー等につないだ上でカバンを閉めるとよほど無くなりませんし盗難の危険性も下がるものと思います。特に出入国の際にはパスポートに用事が沢山ありますが、ベルトループや飛行機のポケット等にストラップを掛けておくようにしています。いざとなればケースからパスポートを外せばそれほどわずらわしくありません。例えば「空港には二時間も前に行く」のに、入国審査は実質ものの1~2分、搭乗やチェックインを考えても「パスポートを使う時間は所詮5~10分程」でしょう。紛失しないよう、上手に付き合うことをお勧めします。ちなみにボールペンは出入国カードや全館提出書類を記入するためにいつもセットにしています。

 密かに目標にしていた「備忘録的に毎日一ページ」もなんとかクリアできそうです。12日に出発ですので、この日はご挨拶程度にさせていただきますが・・

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「トラブル回避の為に1:『パスポート』の管理はしっかりと」】

 こんにちは、タイへの出発まであと二日(この記事は10日に書いています)、スーツケースのパッキングに試行錯誤しながら記事を書いております。 最近特に「mixi」を少しずつで

コメント:

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
155位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。