スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



「タイに住みタイ!6:タイでの銀行口座の開設」

 住まいの段取りがついたら次に必要になってくるのは「お金」ですね。ジャングルの奥地であればいざ知らず、タイでは「貨幣」が必要です。それに伴ってあると便利、いや、無いと困る「銀行口座」、今日はその「銀行口座の作り方」について説明しましょう。

 タイにも沢山の銀行がありますが、メジャーなところは大きく3つで「バンコク銀行※日本語ページです」「サイアム・コマーシャル・バンク」「カシコン銀行※日本語ページです」ですね。これら以外にも「アユタヤ銀行」や「UOB銀行」「クルンタイ銀行」等、大小あわせて非常に沢山の銀行があります。

 私が今回口座を作ったのは「サイアム・コマーシャル・バンク」です。画像をいれながら説明していきます(といっても何も難しいことはありませんが・・)。

12-09-29-1.jpg
 これが「サイアム・コマーシャル・バンク」、ここは「BTSナナ駅」を出て「スクムビットソイ11」を少し入ったところにある支店です。なぜ「サイアム・コマーシャル・バンク」を選んだかというと実に単純!!「紫色が好きだから」です(アホな理由ですみません・・)!もっとも、「一番歴史のある銀行」でもあるようですが・・支店の多さも魅力でした。

12-09-29-2.jpg
 今回口座を作るにあたって用意したものはたったこれだけ。「パスポート」と「コンドミニアムの賃貸契約書」です。以前から各銀行にある程度問い合わせしておいたので何が必要なのかを把握していましたから、実際の流れはとてもスムーズでした。事前に用意するものは「身分証明(外国人の場合はパスポート)」「住所を確認できるもの(私の場合はコンドミニアムの契約書を使いました)」、そして「タイの電話番号」です。ちなみに電話番号はプリペイドのものでも構いません。ちなみに、「パスポート」については「パスポートのコピー」で対応しました、私の場合。それでも作れちゃいました♪

12-09-29-3.jpg
 銀行内はこんな感じです。「撮影禁止」と後からわかったのですが、一枚撮ってしまったのでせっかくですからアップします。向かって左のスタンドサービスが「預け」「引き出し」「振込み」の業務が基本、右側のデスクサービスが「口座開設」「定期預金」的な感じで、その辺は日本となんとなく似ているといえば似ています。しかしこの辺の業務がきっちりと分化されているというわけでもはなく、右側のデスクサービスが空いた場合、左側のスタンドサービスに対応してくれることもあります。

 行内で業務案内する人がいるので(いなければ適当な行員に告げればいいのですが)、口座を開設したい旨を伝えます。普通口座は「セービング・アカウント(英語)」、もしくは「バンチー・オムサップ(タイ語)」です。上記の必要書類を提出すると適当にコピーをとられて、そのコピーに自筆でのサインを要求されますからサインをします。この場合は「パスポート内のサインと同様のサイン」、つまり氏名が漢字であれば同じく漢字のサインをするのが普通です。一方、一部(通帳の名義用等)にはアルファベットのサインも必要になりますので気をつけましょう。さらにキャッシュカードの要・不要を訊かれるので、必要に応じてその旨を伝えてください。キャッシュカードがないとタイでは特に不便ですので是非作りましょう。日本と同じく4ケタの暗証番号が必要になります。概ねどこの銀行でもキャッシュカード発行手数料200バーツ程が必要かと思います。また、口座開設のためには最初ある程度の預け金が必要です。「幾ら以上」という決まりは特になかったかと思います。

12-09-29-5.jpg
 概ね15分程で全ておしまい。一部の銀行では「キャッシュカード作成に数日必要で後日住所宛に送付、もしくは再び取りに来る」という段取りをとるようですが、今回の私の場合はその場で出てきました。こういった迅速なのはありがたいですね♪

 ところでこの「口座開設」について、「バンコク銀行」だけはかなり厳しくて「ワークパーミット&ビジネスビザ」や「在住証明」なんかが必要になってくるようです。ですから「バンコク銀行の口座開設は非常にハードルが高い」といわれています。一方、他行については「滞在しているホテルの住所を在住証明にして通帳を発行してくれるところもある」ようです。ですから「特に銀行さえ選ばなければ口座開設は難しくない」というのが私の主観。どこで開設するかはご自身の状況や都合に合わせて選べばいいと思いますが、出来ればメジャーどころの銀行が何かと楽でしょう、ATMの数も変わってきます。口座開設を考えている人、決して難しくありませんよ、是非参考してください。

<今日の一枚>
どの銀行でも目にする「お水」
12-09-29-4.jpg
タイにはもともと「お茶」や「コーヒー」を飲むという習慣はなかったようで、それは文明に伴ってのこと、昔から基本は「お水」だったようです。その名残でしょうが、どこの銀行でもお客さんのために「お水」が用意されています。ちなみにタイ語で「親切=ナムチャイ」でこれを訳すと「水の心」ですから、そういった精神的な側面もあるのでしょうね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



コメント:

No title

こんにちは。
いつもためになる情報をありがとうございます。
とりあえず、ツーリストビザは何とか取得できたので、次は口座開設を目論んでました。
ナイスなタイミングで・・・助かりますm(_ _)m

しかし、銀行口座って意外と簡単に作れるんですね。
WPとか、もっと面倒なのかと思いました。
ナナはタイ語学校でよく行くので、試しに作ってみようかなぁ。
タイ語と英語が流暢に話せなくても大丈夫ですかね?

Re: >goomaruさん

> いつもコメント有難うございます。
> いえいえ、活用頂いて何よりです。
>
> 私の知るかぎり、銀行口座開設はあっけないものです。
> バンコク銀行だけです、難しいことをいってくるのは。
> 実際は支店毎に温度差もあるようですが、それでも
> 年に1~2回くらいしか遊びに来ない人まで
> 「銀行口座を作ったことがある」というくらいですから
> 思いのほか簡単、というのが本当でしょう。
>
> もし言葉に自信がなければ肝心・重要な単語、例えば
> 「バンチー」や「セービング・アカウント」等を事前に
> タイ語や英語でメモしておき、それを見せればいいでしょう。
> キャッシュカードについても「はじめから行員に作るか
> どうか尋ねられる」と知っていれば心の準備も出来るはず。
> 実際、ほんとあっけないですよ。
>
> 難しく考えずパッと行ってしまった方がいいと思います。
> がんばってください。

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。