スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



「飲食7:タイラーメンを食べよう!③美味しく食べる秘訣!」

 さて、ここ暫く「タイラーメン」の話をしてきましたが、いよいよ大詰め。これでお好みの種類のものを首尾よく注文できたとして、「さあ、食べるぞ!!」となるとお思いでしょう、がしかし!!ちょっと待ったっ!!!これでは「まだ不十分」なのです。何のためにテーブルの上に各種調味料が載っているとお思いか?そう、これからが肝心要、「味付け」です。これをせずに食べてもそれなりに美味しいのですが、これをすると断然美味い♪是非チャレンジしてください!そして今日も「バーチャル」なのさ♪皆さん自分のことのつもりで読み進んでくださいね♪

12-10-04-9.jpg
これが「タイラーメン屋」ならほぼ何処でも目にする「調味料セット♪」バリエーションは多少ありますが、殆どこんな感じです♪

12-10-04-1.jpg
さて、今日食べていただくのは「クィティアオ・ガイ(鳥)・ナムサイ・センレック・ピセー(大盛り)」です♪とりあえず「砂糖」!!「え?マジ?」と聞こえてきそうですがマジもマジ、大マジです!!ちなみにタイは「白砂糖」ではなく「グラニュー糖」が殆どです。

12-10-04-2.jpg
次は「ソム(お酢)」。唐辛子を浸してあるのが殆ど。でも味は基本的に酸っぱいです。私はもともとちょっと酸っぱいのが好きなので一般タイ人より多め。暑いときには特に「美味いなぁ~♪」と思います。

12-10-04-3.jpg
次は「プリック・ポン(粉唐辛子)」。時間がたつほど辛くなるので量に注意してね。

12-10-04-4.jpg
これは「プリック・パオ(炒め唐辛子)」。「粉唐辛子」を油につけて軽く炒めたもの。こちらのほうが辛さが少し抑えられた感じ(まろやかな感じ)になります。粉唐辛子だけを入れる人、炒め唐辛子だけを入れる人、両方とも入れる人、そして何も入れない人・・そのときの気分や好みでバラバラ。私は最近「炒め唐辛子」優先。片方しか置いていない店もあります。

12-10-04-5.jpg
「しっとり」していることから、まとまってすくえることが多いので分量に注意!下手すると入れすぎてしまうことに・・@@;

12-10-04-6.jpg
そして「ナンプラー」です。「醤油」的な感じで使えばOK。塩・醤油的な辛さが増して味が強くなります。

12-10-04-7.jpg
「全部入れ終えたらしっかりかき混ぜる」ことが最大のミソ!!近くのタイ人見ていてください、きっと皆上手にかき混ぜますよ♪

12-10-04-8.jpg
さあ、これで準備が整いました!!あとは「いただきま~す♪」、美味しく食べてね♪

 私がタイに行き始めた当初は「ハーフの友人(気になる人は「プロローグ」参照のこと、コヤツはタイ飯があまり好きでない、タイ国籍なのに!)」や「日本人」と食事をする機会が多かったこと、さらにあまり屋台で食事をしていなかったので(厳密にはタイ飯屋なら何処にでも置いてあるのだが・・)この調味料は全然「視界の外(アウト・オブ・眼中・・し、死語?化石語?)」でした。ところがその後暫くしてわかったのですが、タイ人曰く、「特にタイラーメンは何処でもあえて基本の味付けしかしていないので、あとは自分の好みで味を調整して食べるのが本来の食べ方」なんだそうです。ですからそれを知らぬままに、調味料を何もいれずに食べると「実に薄い、なんとも物足りない味」で終わってしまう店もあります。私の場合は、特に最近「アイツはタイ人だ」と呼ばれるくらいウルトラフツーに「庶民な生活」をしていて、この調味料を使いこなすまでに至っております(私の味付けはタイ人にも「美味しい♪」と合格点をもらえることが増えてきました)。実際のところ、恥ずかしながらこれらの調味料を使い始めたのは初の訪タイから3年くらい経って、その辺のタイ人と一緒に屋台で飯を食うようになってからのことです。それまでは使い方はおろか意味すら考えたこともありませんでした。しかし入れるととにかく美味しいのです。その後は日本から来た人に機会を見ては食べて貰っていますが、皆一応に「美味しい!」と驚いて殆どの人が自分のものにもその場で入れはじめますから、やっぱり我々日本人にとっても美味しいんですね。
 とりあえず「適量」ですが、砂糖とお酢はラーメン一杯に対して小スプーン一杯程度、ナンプラーは同じく小スプーン半杯くらいからスタートして、適宜調整してみてください。唐辛子は時間がたてば立つほど効いてきますので、入れすぎに注意!です。慣れてくると段々とコツがつかめてくるでしょう、「今日はなかなかうまくいった」「思ったほど美味しくならなかった、次こそは!」なんて思いながらタイラーメンを食べ歩くのもとても楽しいと思います。
 「郷に入らば郷に従え」、せっかくのタイラーメン、しっかり美味しく頂いてください。次回はタイラーメンの最後、前回のブログで紹介した「タイラーメンの食べ方の作法(美味しく食べるコツ)」をお伝えします。順序が前後しましたこと、お詫び申し上げます。次を読めばアナタもいよいよ「タイラーメンの達人」かも・・笑

<今日の一枚>
屋台以外だと・・
12-10-04-10.jpg
これはまあまあ普通のレストラン。ここでタイラーメンを食べると屋台の2~3倍くらい、100バーツくらいですが、そうなると調味料の器もちょっといいものに。結局中身は同じなんですけどね。高いお店でもタイラーメンはありますし、これらの調味料は勿論タイラーメン以外にも使います。使い方が分かって来ると益々料理も美味しく頂けますよ♪

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



コメント:

クウィティァオの調味料...

タイ人...
「どこそこのが美味しい...」と言いながら、どこへ行っても、とうがらしドバァで、真っ赤なスープにしてます。
何を基準に美味しいのかが不明(笑)。

でも、我が家のタイ女を観察していて判ったこと。
砂糖とトウガラシは同量。お酢は適度に...つまり、お酢で味を調節している...
ナンプラーは入れません。

>みそのさん

いつもコメント有難うございます。
思わず吹き出しました、確かにそういう部分、ありますね。
ただ、よく見てみるとタイ人の真っ赤なスープにも格差が。(@@)
その人が食べているのをちょっと味見させて貰ってグルメ度?をチェックします。

思わず納得したのですが、「唐辛子の辛さが底なしなのは旨み成分のせい」とのこと、
唐辛子には「辛味成分」以外に「旨み成分」が沢山入っているので、どんどんと
量が増えていってしまうそうです。

確かに、タイ人も子供のうちから辛いもの食べているわけじゃぁ無いですもんね。
段々と慣れていって、段々と量も増えていって真っ赤になっていく、
なかなか面白いなぁと思います。自分のも増えていっていますが・・

No title

私見ですが、9割以上のタイ人は、味覚音痴です。

いや、味の素に害された日本人でさえ、
タイ人比べたら、遥かに味覚が冴えています。

ブータンの料理が辛い料理しかない・・・の理由に
タイも近いのかもしれませんね。

ソムタムなども、タイ人に聞くと、
今はプリック10本、若いときは、15本なんて言います。

私は、1本でも多いです。


>yoshio さん

コメント有難うございます。
確かに一理ありますね。私もたまに日本食を食べに行きますが、
名誉のために名前は伏せますが、それはそれは恐ろしく
まずい店があって(しかも高い!!)、あまりの味に
テーブルをひっくり返しそうになりました。
タイ人シェフでした・・ありえん味だ・・

辛いものを食べるのは地方が多いと聞いたことがあります。
米の生産地であるタイ、他の食材が乏しく、おなかを満たすために
わざと辛いおかずを作ってその消しこみのために沢山ご飯を
食べさせた、とか。

私もタイの地方にいったことがありますが、子供は辛いのを
食べませんし(すしのサビ抜きのような感じですね)、
バンコク近隣に住んでいる裕福なところの人たちも
私の知り合いでは辛いものをあまり食べません。
環境によるところもあるのかもしれませんね。

私も辛いものが好きになってきましたが、タイ人の比ではありません。
たまに恐ろしい赤さのものを食べている人を見ると味覚と胃を
疑ってしまいます。人の身体とはすごいものですね。

コメント有難うございました。




No title

コーラすらまずく作ってしまうタイ人って相当な味音痴だと思う。

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
108位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。