スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



「ちょっとコラム3:タイのトイレを使うにゃコツがいる」

 帰国しての第一弾は今日の「エイプリル・フール」にちなんで「ウソのような本当の話」を・・それは「タイのトイレ」ネタです。「まえがき:『タイ・バンコク旅行ガイド』について」にも書きましたが、タイのトイレにはいくつか種類があって、使い方が日本と異なることから、いざ使うとなると戸惑うこともあるかもしれません。そこで、ここでその使い方をお伝えします。

 今時の日本式に「ウォシュレット」タイプを採用しているところもありますが、高級ホテルなどの高価な施設や「ターミナル21」のような最新ビルディングに限られます。日本人がよく訪れるバンコクの百貨店や普通クラスのホテルなどで一番多く見かけるタイプは下の写真のようなものでしょう。一見普通に見えますが、「横についている銀色のホース」が気になりませんか?タイに行って間もない頃はこれをいったいどう使うのか、結構悩んでいました。もしかして、とは思っていたのですが・・
12-04-01-1.jpg
タイでよく見掛けるスタンダードなタイプ

 この左に見える銀色のホースと水道の先につけるような蛇口、これは「手動式ウォシュレット」なのです。どう使うかといいますと・・
12-04-01-2.jpg
蛇口を握ってトップの部分に指を掛けて・・
12-04-01-3.jpg
ぐっと押すと水が出る、というしくみ

 感覚的にはガソリンスタンドの給油機(セルフで入れてる人には理解してもらいやすいかも)に似ていて、押す力加減で水の強さが変わる、というものです。あまりに強く押すと勢いあまって周囲が濡れてしまい後が面倒になるのでご注意を。
 具体的には、①便座に座る。 ②用を足す。 ③蛇口をつかんで股の下(失礼・・)に向きに注意しながら入れ込む。 ④軽く押してみて位置加減を調整する。 ⑤狙いが定まったら水流の強さを加減しながら洗う、サバイサバーイ♪ ⑥お尻を拭いておしまい♪ という感じですか。最初コツが要りますが、慣れるとこれはこれで「住めば都」で御座いまする。

 地方や少し古めのところでは「手動水洗トイレ」もあります。用を足した後にあらかじめ用意されている容器で、便器の横にある水汲み場から自分で水を汲んで自分で流す、というもの。場所によっては「水汲み場に水道がついていて、自分で水を出して適量を貯める」ところもあります。タイは水廻りが悪いところが沢山あるので蛇口を沢山ひねっても水がちょぼちょぼとしか出てこない、なんてことも。ですから『ウ〇コをするつもり(汚い部分なのでこの書き方で失礼・・)』の場合、入ったら直ぐにあらかじめ水を汲み始めないと、肝心の流す段になって水が全然足りない、なんてことがあるのでご注意を。ちなみにこのタイプの便座の座り方は旧日本式と同様に「しゃがむ」わけですが、この時の向きに注意してください。顔を壁側に向けて座りがちですがそれは間違い、西洋式にお尻を壁側に向けます。もうすこし突っ込んで言うと、「『水を流す穴にお尻が近くなる向き』でしゃがむ」、が正解。このタイプに遭遇したらまずは水洗の穴の位置をチェックしましょう。
12-04-01-4.jpg
どことなく「昔の日本スタイル」を髣髴とさせるこの形

 ちなみに、最後に取っておきの「汚げな話」をひとつ。タイは下水の整備が行き届いてないうえ、乾季や雨季等の関係で、国として必要な水のストック量のコントロールも難しく、水周りの問題が頻発します。このような環境に影響してか、トイレでも詰まりを防ぐために使用したトイレットペーパーは流さずゴミ箱に捨てる、という習慣があります。ですから、トイレをよく見ると近くにゴミ箱があるはず。これは女性の汚物入れとしてだけでなく、「使ったトイレットペーパーを捨てるため」なのです。「汚なーい!!」と思うかもしれませんが、その分お尻を念入りにキレイに洗うのがタイ人。シャワーをはじめ、歯磨きや洗顔、洗髪の習慣も非常にすばらしい。特に歯の手入れは念入りで、アジアでは歯並び矯正具がファッション化しています。

<今日の一枚>
よく見てください。「男性用」と「女性用」、どっちがどっちでしょう?(画像クリックで別窓で拡大します)
12-04-01-5.jpg
日本ですときっと「男性用」=「青」、「女性用」=「赤」というイメージが強いのではないかと思いますが、タイではこのように色が逆であったり、色分けせず「タイ」チックな絵だけで分けてあったりと様々です。私もどちらか迷ったり、入り間違えたことが数回あります。国が変われば色々と変わるものですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加していますので、お気に召したら下部のリンク、クリックお願いします。
 
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking タイ・ブログランキング



コメント:

わかるぅ

私もタイにいったときどっち向きに座るの?このホースは?って思いました( ̄∇ ̄*)ゞ
でもみんな優しくて温かい感じが大好きです!きっと住めば都ですね!
私もタイに住みたいんですがどこから初めていいのか…よかったら教えて下さい(^^)

Re: わかるぅ

>おじょうさん
ようこそ、コメント有難う御座います(^ ^)

> 私もタイにいったときどっち向きに座るの?このホースは?って思いました( ̄∇ ̄*)ゞ
恥ずかしながら、私は一年以上もの間、ずっと向きを間違えておりました・・(恥)

> でもみんな優しくて温かい感じが大好きです!きっと住めば都ですね!
そうですね、超快適です。特に私、寒いのが苦手で・・南国で程よく冷えた果物とか・・
い、いかん!またよだれが・・(恥2)

> 私もタイに住みたいんですがどこから初めていいのか…よかったら教えて下さい(^^)
ん~、人それぞれでしょうが、大事なことは「動機とイメージ」ではないかと思います。
動機とはタイでこういう仕事がしたい」とか「タイでこんな暮らしがしたい」とかいったような
「理由」のようなものでしょうか。多くの人が動機を持つ「きっかけ」があって、
「プロローグ」にも書きましたが、私の場合は「友人の存在とタイへの誘い」でした。
こういった動機やきっかけから、頭の中で色々なイメージがどんどんと膨らんで、
そして「これを実現するために何が足りないか、何が必要か」がなんとなく見えてきます。
あとは足りないものや欲しいものを少しづつ準備していく、私の場合はそうやってここまできました。
一方、友人の中には「行けばなんとかなるだろう」と特に何も深く考えずに来た人もいます。

慎重派なら「千里の道も一歩から」、でも歩き始めたら立ち止まらないように。
行動派なら「考えるよりも動くが勝ち」、後から大変ですが、でももう来ちゃいましたから。
そして誰にとっても「人生何とかなる」、あまり難しく考えないように。
こんな感じですかね♪いつでも何でも聞いてくださいな。

シュール

   

カテゴリ別アーカイブ
読みタイカテゴリーへ直ぐ行きタイ!項目選んでクリック一発!直行です♪
管理人厳選!タイ語を勉強しよう!
最新記事
RSSリンクの表示
 
タイで活躍する人々!!
空手&総合格闘技道場!
秋山道場長率いる「心技道場」
心技道場へ
とても頼れるコンサルタント!
バンコクのウチャラポーンさん!
バンコクコンサルティングへ
ビザや会社設立のことなら!
「アジアビアツアー」へ!
アジアビザツアーへ
バンコクで美味い沖縄料理に酒
♪管理人も絶賛!「金城」
金城へ
素敵な情報満載、女性必見!
現役CA「namwaan」さんの「タイBANGKOKベースのCAにっき」
YouStyleへ
リンク歓迎♪声掛けてね♪
タイ人奥様と睦まじい「みその」
さんの「タイで田舎ぐらし」
田舎暮らしへ
ラジオパーソナリティ兼夜の自営業
「ペルペルペルーサ」さんの「大好き・旅気分!!」
大好き・旅気分!!へ 旅情報満載!「Kitagawa」さんの「KITAGAWAWonderStruck」 WonderStruckへ
バンコクの日々を写真で紹介、
「coco」さんの「バンコク写真記」
バンコク写真記へ
タイでお会いした総合格闘家!
「ネリカルの父」さんの「力戦奮闘!親父の日記」
力戦奮闘!親父の日記へ
管理人の座右には・・
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
108位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
読みタイ月へ直ぐ行きタイ!その月選んでクリック一発!直行です♪
グッズを探そう!!
プロフィール

sure16

Author:sure16
 「タイマッサージ習得」のために初めて訪問した「タイ」の地で、12年前に交流のあった旧友と劇的に再会、彼の「タイに住んでみないか?」という一言をきっかけにタイへの移住を真剣に考え始める。以後年に3~4回のペースで訪タイ、初の訪タイから実に6年の歳月を経て2012年6月よりタイへと生活拠点を移すことが確定。
 旧友との再会を果たすまでは考えもしなかった「タイでの生活」、しかし今ではタイ語を話しタイ飯を食い、身も心もタイ人化しつつある管理人(笑
 人生の羅針盤をも変えた「『微笑みの国』タイ」、そのあふれる魅力を管理人の独断と偏見を大いに交えて!ざっくばらんに伝えていきます。

「ブロとも」申請受付中♪

この人とブロともになる

  
クリックしてエサあげてね♪
遊んでちょ~♪ウチにも魚おるで~♪

クリックでエサをあげられます

最新トラックバック
「ヤフオク」でタイ!
最新コメント
これでタイでもバッチリ♪
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。